Eri

月別アーカイブ / 2018年09月

カルシウムを泥棒する悪いやつ
それは…
XQPijIkhik.jpg
気をつけて! 
白い砂糖はビタミン、ミネラルをたっぷり使って中和させようとするんですって
特にカルシウムとビタミンB群
だからこんなことがおこるよ
Rj9epv3NB6.jpg
私も結構食べてたからよくわかる
口内炎や口角炎がしょっちゅうできてた

そして砂糖には「習慣性」と「増加欲求性」
がある!
確かに毎日続けて食べたくなるし
もっともっと欲しくなる‼️  
YBA5r9suSw.jpg
隠れた砂糖がたっぷり!
知らずに食べてたなぁ


人間とサルとモルモットは
ビタミンCを身体の中で作れません
(ということは他の動物は作れるんです)
c9IDBoYmJq.jpg
そしてビタミンCは使われることが多いので
何か効果を期待する時は、グラム単位で必要になるそう

推奨量を超えて、体中に十分行き渡った時
たくさんの働きをしてくれて
たくさんの病気の予防にもなることが
わかっています!
なんと一石四〇鳥的‼️

⚪︎抗酸化作用がある
⚪︎ビタミンEを再生し、ビタミンEと相乗的に抗酸化作用を示す
⚪︎コラーゲンの生成と維持に必要
⚪︎薬物代謝系にかかわっている
⚪︎糖の代謝に関係
⚪︎鉄の吸収を高める
⚪︎カルシウムの吸収と代謝に関係
⚪︎骨代謝や骨芽細胞にかかわる
⚪︎抗ヒスタミン作用がある
⚪︎免疫能を増強します
⚪︎抗炎症作用に関係する
⚪︎鎮痛作用をもつ
⚪︎ウイルスを不活化する
⚪︎ニトロソアミンの生成を抑える
⚪︎ガン原生を不活化
⚪︎抗腫瘍作用をもつ 
などこれは働きの一部です

ビタミンCは働きがたくさんあるのにもかかわらず、壊れやすくて使われることが多い栄養素
ストレス
タバコ
飲酒
紫外線
激しい運動
水や熱に弱い などなど残念です

一回にとるより小分けにしてとる方が効率的!
なかなか難しい時は
栄養補助食品で補うことも必要ですね
m820qJXJO7.jpg
私は20年以上これを食べています💖
ローズヒップと穀物由来ののビタミンCと
お魚の骨のカルシウムが含まれています

熱にも強いので、料理にもお茶にもいれられます
1包あたりびたみんCが550mgとれるんです!
うまく使ってくださいね

先日TBS系「名医のTHE太鼓判」という番組が放映されてから
舞茸
が売り場から姿を消しているとか🍄 🍄
NTRfRLbiyz.jpg

「密着!血糖値24時!」
~食欲の秋  ごはんの美味しい季節
だからこそきちんと血糖値をコントロール
しよう~
で取り上げられたそう

うちの主人もいつになく反応してました(笑)
舞茸好きだからか…😋

舞茸に含まれる水溶性食物繊維の
βグルカン
食事前にとると後からとったブドウ糖が吸収されにくくなる
だから血糖値を上げにくくしてくれる
今話題の血糖値スパイクを予防できると

その他にもインスリンを活性化させ
ブドウ糖の合成やコレステロールの吸収を
抑える働きもあるそう

前にも書きましたが
若さと健康を保つためには
血糖値をコントロールが🗝鍵です!

他の食材と一緒より、食事前に舞茸を食べる方が効果があるそう

なかなかそれだけ食べるってねー
βグルカン…あったあった!
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4053.HEIC

ミキG6に入ってるオート麦
こちらに含まれてました!
そして食物繊維は一種類よりも
いろんな種類を一緒にとる事の方が
合体パワーが発揮されるんでした🤩

これからの季節は舞茸だけでなくキノコ類
美味しいですよね🍄 
と味噌汁やスープ、炊き込みご飯、
焼きキノコなどなどいろんな形で美味しく
食べてくださいね

それもいただきながら
食事前にはぜひ血糖値コントロールのために
ミキG6を飲む週間をつけてみてください







↑このページのトップへ