月別アーカイブ / 2016年05月

先日情報解禁になりました
miwaさん坂口健太郎さん主演の映画
「君と100回目の恋」に出演させていただきます。



ちょいと東京を離れて
撮影真っ只中です。



悩みつつも和やかなムードの中
楽しみながら撮影しております。



そして、
泊まり込みでの撮影なので
今はこの作品とだけ向き合えるし
撮影がない日はゆっくり休めるし
読みたい本を読めるし
観たい映画を観にいけるし
自分の時間もしっかり過ごすことができて
なんだ心地よい。



今年の前半はだいぶ慌ただしく
そして濃密な日々を過ごしていたから
たまにはこんなひとときがあって嬉しい。



この街の空気を感じながら
素敵な作品になるように
相良里奈として頑張ります!!


{7FD85A5C-A833-40FE-8F14-1C7402089B70}




「君と100回目の恋」
週刊ヤングジャンプで連載始まりました!!
毎週木曜日が楽しみで仕方ない*\(^o^)/*
皆さんも是非チェックしてみてくださいね!





そして
ずっと楽しみだった
ストロベリーディライトフラペチーノ
やっと飲めた~~*\(^o^)/*



{F722E6D4-06A4-4785-8685-60D511BD2AB4}



こっちに来て
美味しいもの食べ過ぎてるから
増量しないように気をつけます。笑


東京を離れて初めての地で
作品創りに励んでおります。



ありがたいことに
忙しい日々を過ごしていますが
合間に1日でも休みがあったら
したいこと、行きたい場所
食べたいものに向かって動いてます。




今年もね
ディズニーランドのイースター行けました!




このミニーちゃんがかわいすぎてヽ(;▽;)ノ


{5FFAD091-A508-4418-93BC-6B4DEB1EF3ED}



写真撮るのに夢中になりすぎて
パレードしっかり見れなかった、、、
けど、いっぱい写真撮れたからそれで良い!笑



そして
3年連続イースター行って
エッグハントしてる!!



今年からマスターコースができて
これが本当に本当に難しくて
同じところぐるぐるぐるぐるしてた。笑



無事に全部見つけて
メダルゲットしましたよ*\(^o^)/*




行った日が誕生日付近だったので
一緒にいったお友達2人が
シンデレラ城の前でサプライズで
誕生日お祝いしてくれました^ ^




{FDA2FCCA-4028-48DD-9275-24D485DEFAC1}




みんなでお揃いのミニーパーカー。
あたしは紫です^ ^



出会って5年くらいの友達と
出会って3年くらいの友達。
自分の友達同士がこうして仲良くなってくれるのって
すごくステキで嬉しいことだなって^ ^


 

あたしが頑張れてる理由の1つです!






しばらくは
今いる場所で1つの作品に集中。
ここの空気を感じながら
楽しみながら撮影頑張ります!!!


5月7日に大阪の梅田芸術劇場にて
ミュージカル「グランドホテル」
REDチーム千秋楽を終えました。



何から書いたらいいのか
まだ全然整理できてないのですが、、、



このミュージカルへの出演が決まったとき
夢が叶った嬉しさはもちろんのこと
正直、怖さの方が大きかったです。
この私が踏み入れていい世界なのか。
でも、ずっと夢だったから
せっかく舞い込んできたチャンスを
他の誰かに渡したくないって想いが強くて
フレムシェンという役と向き合うことに決めました。




お稽古が始まって1~2週間は
ただひたすら皆さんについていくのに必死で
むしろ、ついていくというよりは
しがみついている感じだったのではないかなと。



まず歌稽古をして
そして振り付けをして
そこから芝居稽古をして
今回はGREENとREDの2チームがあり
その限られた稽古の中で
自分の身体に叩き込ませさらにそこから
ブラッシュアップしていかなきゃなりません。



正直、大変でした。
でも演出家のトムや音楽監督のマイケル
そして、振付け師のリーさんからは
大変なことをやりなさい
大変な思いをしてやるからこそ伝わる
楽にできることなんて決してない
そう言われました。



今までやってきた仕事への取り組み方と
同じ姿勢で取り組んだら絶対にダメだと思い
体力つけるためにいつも以上にトレーニングしたり
怪我をしないようにストレッチをより丁寧にしたり
ちょっと神経質なくらい喉のケアに気をつけたり
グランドホテルのために、自分自身のために
できることはたくさんしてきました。



キャストの皆さんの歌に圧倒されたり
休憩時間にもダンスを練習したり
自分たちでも少しステージングをしたり
大変ながらもお稽古はとても楽しかったです。



途中、
ドラマの撮影も入り組んできて
限界を感じそうなときもありました。
でも、すべては自分がやりたくてやっていること。
だから、なにがなんでもやるんだ、やってやるんだ。
やるしかないんだ!!と自分に言い聞かせて乗り切れました。



そう、一度、やると決めたことは
やるしかないんです。
途中で投げ出すことなんて決してしない。
今の自分が出せるベストを尽くす。



そして。
作品を創るのはやっぱり楽しいです。
たった1つのセリフでも
言い方ひとつで意味合いが変わるので
REDチームの皆さんはそこにとてもこだわりました。



REDチームはめんどくさい人が多い。
なんて面白おかしく言われていたけど
みんな作品への、そして自分が演じる役への愛が
強すぎるくらい強すぎて
私もそうあるべきだな、と思ったし
なかなか個性的で強い方が多いので
最初は圧倒されていたけど
だんだんとその中にいれることが心地よくて
皆さんの話を聞くととても勉強になりました。



悔しくて悔しくて
気持ちの行き場を失いかけそうな時もありました。
でもその時カンパニーの皆さんが
助けてくれて支えてくれて寄り添ってくれて...
その優しさに胸が苦しくなるほどでした。




こうして私が舞台に立つことができたのは
本当に皆さんのおかげです。
カンパニーの皆さん
スタッフの皆さん
オーケストラの皆さん
そして、観に来てくださった皆さん
この出会いに心から感謝です。



毎公演毎公演
本当に楽しくて幸せで
2時間ってこんなにも早くすぎていくのか
と、ちょっと寂しさも感じたり...
毎日舞台に立てることに
とても幸せを感じていました。
本当、夢を見ているかのようでした。



初日の幕が開いてからも
REDチームの皆さんは芝居について話し合って
さらに磨いて磨いて磨き上げて
大阪の千秋楽の直前までそんなことをしていました。
そんな皆さんが本当に素敵で大好きです。





そして、大阪公演では
GREENチーム公演を観ました。
とろこどころ演出が違ったり結末が違う
っていうことは知っていましたが
ちゃんと観るのは初めて。



完全に魅了されました。
演出や結末だけでなく
演じている役者が変われば役も作品の空気も変わる。
私たちのグランドホテルとは
違ったグランドホテルになっていて
感動してたくさん泣きました。
そして、自分が携わっている作品を
こうしてお客さんと一緒に観れたことが嬉しかったです。



 私はこんなに素晴らしい作品に
出演することができて
本当に本当に幸せ者だなとも実感しました。





グランドホテルが終わって
数日たちましたが
まだ余韻が抜けないし寂しいし
こうしてブログを書きながらも
グランドホテルの音楽を聴いています。



初めてのミュージカルってこともありましたが
楽しい気持ちも嬉しい気持ちも
悩んだり悔しさ感じたり不安な気持ちが消えなかったり
2ヶ月ちょっとでしたがとても濃密な日々で
終わった達成感をものすごく感じたし
もっともっと上を目指したかったとも思うし
いろいろな感情が込み上げて
カーテンコールが終わって袖に入った瞬間
声をあげて泣いてしまいました。



分からないなら分からないなりに
全身全霊で体当たりな勢いで
本当に全力で向き合ったつもりです。
こんなにもがむしゃらで夢中になれたことが
自分でもびっくりだし嬉しかった。



そして、
ミュージカルの舞台に立つことができて思ったのは
ミュージカルを観るのはもちろん
舞台に立って表現するのもすごく好きだな、と。



なので、
またミュージカルの舞台に立てるように
もっとレッスンして技術面を向上させたい。
夢が叶ったと同時にまた次の目標ができました。



観に来てくださった皆様
本当にありがとうございました。



私はグランドホテルが
そしてフレムシェンが本当に大好きです!
いつまでも私の中に生き続けると思います。
本当に、宝物です!!



{08CAF8DF-E58D-4291-9A76-2D8A50D91AB5}



カンパニーの皆さん
本当にありがとうございました。



{42B2D617-BE5D-4202-9F40-78EC09D634BF}




そして
ありがとう、フレムシェン!!



{D7BC3232-0835-4565-88ED-9029654287FB}








もっともっと書きたいこと
伝えたいことたくさんありますが
もうこれ以上文章に表せない...




とても長くなってしまいましたが
読んでくれた皆さんありがとうございました。




そんな私は今
明日からの新しい作品のため
東京を離れました。



次の作品、役との出会いを大切に
明日からまた気持ちを新たに
作品創りを楽しんできます^ ^



お知らせできるまで
しばしお待ちを...♪

↑このページのトップへ