月別アーカイブ / 2015年11月

いつも真野恵里菜への温かい応援ありがとうございます。

2016年1月17日に東京で開催される
真野恵里菜コンサートのブログ先行受付をはじめました。
ご応募お待ちしております。


<ブログ先行受付URL

http://w.pia.jp/s/manoerina16br/

 

■受付期間:1119()18:001123(月祝)23:59

■当選数出し日:1124()

■確定日:1127()

■発券開始日:1128()


今日発表になりました。



来年4月に上演されるミュージカル
「グランドホテル」に
出演させていただくことになりました。



初めてのミュージカルです。



正直、
長い歴史があり評価され続け
ブロードウェイで1000回以上も上演されてきた
大ヒットミュージカルに
ミュージカル初挑戦の私が入っていいのか
戸惑いと不安しかないです。



でも、昔からミュージカルを観ることが好きで
その「好き」という気持ち一心で
「私もミュージカルの舞台に立ちたい」と
浅はかかもしれませんが夢を見てきていたから
ミュージカルの挑戦できることはとてもとても嬉しいです。



今まで客席で観て心を躍らせていた私が
次は舞台の上から、観に来てくれた皆さんへ
夢や笑顔や感動を届けなければならない。
そして、一緒に作品を創り上げていく
スタッフの皆さんや共演者の皆さんはかなりの実力者でプロの方々ばかり。



自分の実力を見つめ直したとたん
本当に大丈夫なのか、と思ってしまいました。



だけど、
せっかく選んでいただけたのだから
その期待に応えたいです。
超えなければいけない、
いや、超えたいと思う壁があることは
すごくわくわくするし幸せなことです。



きっと今までやってきたこととは
全く違うことが求められると思うけど
失敗することを恥じらわず恐れずにやる。
戸惑いがあるなんて言ったけど
これは武者震いだ。と思って挑みます。



夢見てきたのもが現実になる喜びと
これからに希望を持てるように。
そしてこの作品中に25才にもなるので
新たな1歩を踏み出せる作品にしたいです。



よろしくお願いします^ ^









ーーーーミュージカル『グランドホテル』ーーーー



『グランドホテル』は、才気あふれるトミー・チューンの演出・振付、
ロバート・ライト&ジョージ・フォレストの往年の作詞作曲家コンビに、
『ナイン』、『タイタニック』『ファントム』他、素晴らしい作品で知られる
モーリー・イェストンの作詞作曲が参加し、ブロードウェイで1989年に初演、
1,017回上演した大ヒットミュージカルです。
1990年度トニー賞では、助演男優賞、演出賞、振付賞、
装置デザイン賞、衣装デザイン賞、照明デザイン賞の5部門を受賞しました。


1920年代の大都市ベルリンにある華やかな「グランドホテル」に集う様々な人々。
莫大借金のためギャング窃盗を強要されるが
誰もがその生粋の気品から大金持ちだと信じて疑わない苦悩の男爵、
自らの死期を感じて全財産を投じて投宿する会計士、
盛りを過ぎ自信を失った哀れなバレリーナと彼女を支えひそかに慕うマネージャー、
会社倒産を救うために奮闘する権威主義の実業家、
自分のみじめな今の暮らしから脱出しようと懸命な若いタイピスト、
第1次世界大戦ですべてを失い隠遁生活を送りながらグランドホテルを見つめる老医師。
人間のありとあらゆる側面が浮き彫りにされるこのミュージカル『グランドホテル』は
これまでのミュージカルの常識を覆した画期的な作品として注目を浴び、
今でも再演が望まれる人気演目です。


今回、モーリー・イェストンや原作者から最も信頼が厚い、
ロンドンの気鋭演出家トム・サザーランドに演出を依頼。
トム・サザーランドは2013年ロンドンで同じくモーリー作品「タイタニック」を演出し、
その年もっともチケットの取れないミュージカルとして絶賛された演出家であり、
ロンドンでも次回作が期待されています。
日本では、同ミュージカル「タイタニック」(2015年)を日本人キャストでも上演し、
ロンドンと同じく、日本でも大絶賛を浴び、連日立見満員となりました。


物語のキーマンとなる重い病を患ったユダヤ人の本屋、
オットー・クリンゲライン役に、唯一無二の歌声と確かな演技力で
今やミュージカル界になくてはならない存在である中川晃教、 
そして、数々の演劇賞を受賞し、映像・舞台と縦横無尽の活躍を見せる成河が。
若く美しく、しかし貧しいフェリックス・ヴォン・ガイゲン男爵役には、
東京藝術大学声楽科にて研鑽を積み、ヴォーカルグループ[LEVELVETS]としても活動、
本作がミュージカル初出演となる宮原浩暢(LE VELVETS)、
また、その端正な立ち姿で数々の舞台で異彩を放ってきた伊礼彼方。
ロシア人のバレリーナ、エリザベータ・グルシンツカヤ役には、
宝塚歌劇団在団時より不世出のダンサーとして高名な安寿ミラ、
そして、言わずと知れたバレエ界の至宝・草刈民代が、それぞれWキャストで挑みます。
その他にも、日本ミュージカル界の実力派 戸井勝海/吉原光夫(W キャスト)、
春野寿美礼/土居裕子(W キャスト)、光枝明彦/佐山陽規(W キャスト)、
さらに、ミュージカル界の将来を担う昆 夏美/真野恵里菜(W キャスト)、藤岡正明、
そしてスペシャルダンサーとして湖月わたるが集結。
これ以上ないほど個性豊かなキャスト陣が、グリーンとレッドという2つのパターンに分かれて、
グランドホテルに集う人々の人間ドラマを流麗な音楽に乗せて描き出します。


ミュージカル『グランドホテル』
【脚本】ルーサー・ディヴィス
【作詞・作曲】ロバート・ライト&ジョージ・フォレスト
【追加作詞・作曲】モーリー・イェストン
【演出】トム・サザーランド


【出演】
≪GREEN≫中川晃教、宮原浩暢(LE VELVETS)、戸井勝海、昆 夏美、藤岡正明、湖月わたる、春野寿美礼、光枝明彦、安寿ミラ
≪ RED ≫ 成河、伊礼彼方、吉原光夫、真野恵里菜、藤岡正明、湖月わたる、土居裕子、佐山陽規、草刈民代


味方良介、木内健人、大山真志、金すんら、友石竜也、青山航士、杉尾 真、
新井俊一、真瀬はるか、吉田玲菜、天野朋子、岡本華奈


【東京公演:2016年4月9日(土)~24日(日)赤坂ACTシアター】


【大阪公演:2016年5月5日(木)~8日(日)梅田芸術劇場】



【一般前売日】 2016年2月6日(土)10:00~ (東阪共通)
【チケット料金】 
東京公演S 席12,000 円 A 席9,000 円 
大阪公演S 席12,000 円 A 席9,000 円 B 席5,000 円



友達が撮ってくれたこの写真。




{EC9E5BF2-3482-4E29-924C-9AAFCB172F63:01}


なんだか好き。




こちらの写真も。



{35DB33DC-CF54-41CA-A227-3385C65B90B7:01}



希望の光に走って行く雰囲気だったのに
モノクロにするとなんか違う(´Д` )




瀧川ありさちゃんとディズニー行った
翌日のモーニング。


{B10FB67A-B9A4-4A3C-A1BE-CCBD682D2404:01}


ランドに行くと
マイクのメロンパンとこのマフィン
必ず買ってしまう。




また別の日。



ありさちゃんと食べたカレー。

{FC260E4B-29E2-45C1-B730-732DBB9F581C:01}



三枚肉の煮込みカレーなんだけど
お肉がトロトロすぎて
スプーンでほぐせちゃうほどに!




いつだかに、
品川駅のTOKYO豚骨BASEで食べた
豚骨醤油ラーメン。


{F21DA699-A950-4E41-BA29-0EE367877C07:01}




ラーメンは基本1人で行動してる時に
ふと、食べたくなった味を食べに行きます。



家系ラーメン久しぶりに食べたいな...









以上。笑


↑このページのトップへ