こんにちは
保坂兄弟の兄の保坂学です。


前回の続き草津温泉前の観光地の記事になります!
このバス停は、男はつらいよシリーズ傑作とされる第25作「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」の数少ないハッピーエンドの舞台の場所です。




撮影後に路線バスは廃止され、待合所の小屋も台風で飛ばされた事もありましたが、旧六合村(中之条町と合併)が、平成22年にラストシーンの名所を復元しました。

最後のシーンのバス停跡は、中之条町六合地区から草津に向かう山道を少しあがると、国道292号沿いに小さな茶色い木造の小屋が現れます。


寅さんの口癖の「出会いがあるから別れがある。」という生き方と運命の再会で、本作の人気が高いのは、男はつらいよシリーズで数少ないハッピーエンドなのもあるでしょう。


真夏の暑さの中で、バスを待つ寅さん(渥美清)の前に、さっき別れたはずのリリー(浅丘ルリ子)が声をかける最後のシーン。

昔の浅岡ルリ子がめちゃくちゃ美人でネットで検索してしまいました。

現代のアプリなどの加工も無く、昔の女優さんは本当に綺麗な方が多いです。

今度、昭和美人の投稿もしていこうと思います。

春になるとこの場所はたくさんの鯉のぼりが風になびいて、そんな場面もまた風情があり良いですよ。


「男はつらいよ」は、昭和の日本人の暮らしを描いた記録で、何故か心を打たれるなと、そんな想いを胸に秘めながら次の目的地に向かうことにします。


世田谷ハウスがビッシリと並ぶ東京から、ストレス発散をする為に、弟の保坂耕司と温泉ミーティングの候補地を話しながら、また近いうちに行きたいなと思った場所です。


#男はつらいよ #ハイビスカスの花 #バス停 #男はつらいよエンディング #群馬の観光地 #保坂兄弟 #保坂学 #保坂耕司 #株式会社PLUS #世田谷ハウス