こんにちは
保坂兄弟の兄の保坂学です。


世田谷ハウスが建ち並ぶ東京を離れて、弟の保坂耕司と温泉でも行きたいねと談話になり、草津温泉を思い出したので、目的地の他に、僕が行く途中で探したマイナー観光地の情報も役立つかなと投稿しました。

今回の旅行ルートは、群馬の草津温泉を目的地に、東京から向かう途中にあるマイナー観光地を紹介します。

クルマで東京都世田谷区から草津温泉の湯畑辺りまでまゆっくり行くと、4時間半くらいの移動時間がかかります。

そのため草津温泉に向かうだけだと、勿体ないので、早朝から出発すれば、群馬の知られざる観光地に寄る事ができるのでお勧めです。

群馬に2泊3日くらいの予定で行く方は、是非群馬観光でもしてみて下さい!


群馬県六合村の赤岩地区の集落

この周辺の集落は重要文化財となっていて、東京都心部からは3時間ほどの移動時間になり、草津寄りのスポットになります。

六合村の少し南に位置している赤岩地区は、平成18年7月5日に群馬県初の重要伝統的建造物群保存地区に指定される事になりました。
群馬の赤岩集落は重要文化財 保坂兄弟(保坂学と耕司)の草津温泉旅行4
保坂兄弟(保坂学と耕司)の温泉旅行4六合村の南に位置する赤岩地区は、平成18年7月5日に群馬県初の重要伝統的建造物群保存地区に指定。通り沿いに昔ながらの家並みが続いて、高野長英が隠れ住んだ湯本家が中心にあり、赤岩は多くの養蚕農家が残っている集落です。幕末や明治の風情に浸って散策は、旅が楽しくなります。
youtube.com

集落の村道には、昔ながらの日本家屋が建ち並び、
高野長英が隠れ住んでいた湯本家が中心にあります。




高野長英は幕府の政策を批判した学者が一斉に検挙された「蛮社の獄」により終身刑を言い渡され、理不尽な罪状で収監されましたが、脱獄を果たし全土を縦断し逃亡生活をした映画の主人公の様な人です。

赤岩には多くの養蚕農家が残る集落で趣があり、幕末や明治の風情に浸って散策は、より一層旅が楽しくなりますね。


早朝からの運転でお腹もへってきたので、頭の片隅にあった草津温泉に向かう途中でないと、一生行くことは無い目的地に行きました。

食べログ百名店
「永井食堂のもつ煮」

もつ煮が有名ってあまり聞かないので、興味が湧いて食べに行きました。
なんと、時代が止まったままの価格のような、普通盛り590円と格安、そして何より驚いたのは、席に着いてから1分ほどの時間で定食がテーブルにきました。

今まで食べたもつ煮で1番美味しかったな。


永井食堂
0279-26-3988
群馬県渋川市上白井4477-1
永井食堂 (津久田/もつ料理)
★★★☆☆3.70 ■食堂がお休みでもお土産用「もつっ子」に列ができます。 ■予算(夜):~¥999
tabelog.com


お腹も一杯になって眠くならないうちに、次の目的地に向かいます!



#永井食堂 #もつ煮 #食べログ百名店 #草津温泉前に寄る #群馬の知られざる観光地 #六合村 #赤岩集落 #高野長英 #保坂兄弟 #保坂学 #保坂耕司 #株式会社PLUS #世田谷ハウス #世田谷