弟の保坂耕司の事を投稿します。

彼は株式会社PLUSの副社長です。

若い頃はお互いに海外に住んでいたので、あまり会うこともありませんでした。

彼は小さなの頃からサッカーが大好きで、成人になっても続け、海外でプロサッカー選手に成長しました。

彼はサッカー王国のブラジル・サンパウロやイタペチニンガの2部リーグで活躍して、日本に帰国しました。

彼はサッカーで培った持久力とハングリー精神をそのまま活かして仕事にも尽力して、今の地位まで辿り着きました。

彼の精励する姿勢は素晴らしく、自分の問題解決の早さが記憶に残っています。

例えば、株式会社PLUSではインターネット事業を開始したころで、キータッチの取扱いは必須でした。

彼が新入社員の頃は、パソコンの知識はゼロで文字の打ち込みも出来なかったのが、1ヶ月後にはキーボードの操作もお手の物で、ブラインドタッチまで習得していました。

彼は集中力がありラストまで確実にやりこなす完璧主義で、先が見えたら労力を厭わない努力家であり、僕には無い様々な天賦の才能を持ち合わせていると思います。

天才は99%の努力とは良く言ったもので、彼は努力を惜しまなかったので、サッカー本場のブラジルのプロサッカー選手までなり、仕事面でも僕の人生に大切な家族以外にも不可欠な人間となりました。

会社の従業員が20名を越え、そこそこな規模に成長した頃に、僕の想いを保坂耕司に話しました。

「皆んなのやりたい仕事の夢を叶えよう」

僕に着いて来てくれたスタッフの為に、福利厚生や慈善事業のような事を話しました。

彼は賛成して迷いもなく、その思想を形にする為に努力しました。

「飲食事業が夢」と僕に赤裸々に語った社員は、軌道に乗る前に辞め、他の事業でも内外部を含め色々な人から裏切られてきました。

実行して気がついたのは、スタッフ達の夢とやりたい事は、夢や信念ではなく、ただやってみたい様な軽い気持ちだった事を保坂兄弟は気付きました。

彼は率直に従業員を信じ過ぎて裏切られ、途中半ばで辞めてしまった事業の穴を埋める為に力を費やしました。

今となっては人を信頼する重さや裏切りで本当の強さを知り、信じる相手を見極めるチカラを得て、無駄な人間が徐々に居なくなって、素晴らしい人間性を持った人達と出会いビジネスに取り組める様になったと思います。

お互い支え合っている保坂兄弟は、企業がてこずる海外貿易を軸に進めていましたが、遂に大事業の成功が間近となっています。

隣で紆余曲折ありながらも、僕の事をずっと支えてくれている、彼の努力や本当の優しさを無駄にしない様に、絶対に成功させようと思っています。

逆境の谷にいる時は、次の山に備える準備をしている、彼の未来予想図が見えてくるので楽しみで仕方ないです。


株式会社PLUS
代表取締役社長 保坂学



#保坂耕司 #保坂学 #株式会社PLUS #本当の強さ #本当の優しさ