こんにちは
保坂兄弟の兄の保坂学です。

家が隙間なく世田谷ハウスが立ち並ぶような場所にいたら保坂兄弟はダメだと思い、まずは拠点探しの第2歩目のアジア圏の調査開始しながら、弟の耕司とトリップします。

連載でタイ旅行シリーズになるので、お暇であれば、読んでみてください。

1話
タイ王国の初体験はカルチャーショック 保坂兄弟(保坂学と耕司)のタイ旅行part1 : 保坂学
こんにちは株式会社PLUSの保坂学です。保坂兄弟は世田谷のギッチギチに家が立ち並んだ、世田谷ハウスにいるべきでは無いと思い、アジア圏を調査していて、弟の耕司と一緒に、今後アジアで始まる前向きなビジネストリップをしています。今回は、アラブ首長国連邦に滞在中、打
lineblog.me
2話
タイ・バンコクのワットポーに観光がオススメ 保坂兄弟(保坂学と耕司)のタイ旅行part2 : 保坂学
こんにちは株式会社PLUSの保坂学です。保坂兄弟はアジア圏のタイの話をして、東京の喧騒と世田谷ハウスがひしめく、場所にいたら心が荒れ果てると言いながら、耕司と一緒にタイのエネルギッシュなパワーを受け取り、海外拠点でビジネスを始めるためにマーケティング施策をし
lineblog.me


今回の観光スポットは、今まで色々な素敵な場所に行きましたが、記憶に深く残っているスポットの一つです。

ワット パクナム パーシーチャルーン
(Wat Paknam Bhasicharoen)

ワットパクナムの白い塔の五階に上がると、ガラスで造られた翡翠色の仏塔と、ドーム型の天井に描かれた仏伝図が宇宙を感じるくらい神秘的で、暫く動くことができませんでした。

昔の写真ですが、色彩も加工無しでこの綺麗な写真です。


ガラス製の仏舎利塔は、通称、緑ガラス仏塔と呼ばれ、その頭上に描かれている天井画は、写真では絶対に伝わらない、パワースポットである事がひしひしと伝わり感動があります。


最近だとワットパクナムへ行く観光客が急に増えたので、インスタ映えを狙った観光客が、この緑ガラス仏塔を撮影するのに訪れているのだと思います。

僕がワットパクナムに初めて訪問した頃は、まだ観光客は皆無で、どうしてここに来たの?って聞かれました。

ワットパクナムの入口は、分かり難いエントランスで、両サイドは普通の壁に囲われた建物の脇道の奥にあり、僕もやってしまいましたが、私有地かと思って、一度は通り過ぎてしまう可能性があります。

この有名な翡翠色のガラス仏塔は、白い大仏塔の中に入り、最上階で撮影することが出来るので、1階から4階までは下記の通りとなっていて、骨董品に興味があれば見学するのも良いと思います。

1階 美術館
2階 メディテーションルーム
3階 美術館
4階 金色のアンポーソッド像とマスターズ像
5階 ブッダの遺物とガラス塔

その場所はバンコク市内だと、まあまあ距離があり、この緑ガラス仏塔だけを観光して帰るだけだと、もったいないので、近くに小さな村があるので、是非探索してみて下さい。



#ワットパクナム #インスタ映え #タイ #バンコク #世田谷ハウス #保坂兄弟 #保坂学 #保坂耕司#株式会社PLUS