こんにちは
株式会社PLUSの保坂学です。


保坂兄弟はアジア圏のタイの話をして、東京の喧騒と世田谷ハウスがひしめく、場所にいたら心が荒れ果てると言いながら、耕司と一緒にタイのエネルギッシュなパワーを受け取り、海外拠点でビジネスを始めるためにマーケティング施策をしています。


今回は前の続編になり、タイはエネルギッシュって話なので、暇な時に読んでみて下さい。


保坂兄弟の拠点に選ぶのは、ヨーロッパや UAEもが良いけど、タイは物価が日本の三分の一くらいで、アジアの中心地で栄えてるし、アジア拠点に考えちゃいました。

昔は、物価も十分の一くらいでしたが、ここ数年には、アジア南東部の憧れの国まで発展して、周辺諸国はタイを目指して、アジアを動く拠点にするのには良い環境だなと思いました。


今回のタイ観光は、タイのバンコクにある三大寺院として有名な、ワットポー(Wat Pho)に観光しようと思います。


僕はスクーターを借りたので、遠い場所でもなんのその、機動力も上がり、どこでも行けそうな気分だし、面白そうな場所を探索しながら、ワットポーに向かいました。


ワットポーは、バンコク市内からタクシーやスクーターで、30分くらいの近い距離ですから、ホテルから気軽に行けるので、バンコク観光ワット ポーに顔出すのをお薦めします。

ワットポーは、寝転がった巨大なお釈迦様がいる著名なお寺で、バンコクで一番の広さと、一番古い歴史があり、歴史と格式に溢れた奥の深い伝統的な寺院になります。

その巨大なお釈迦様のサイズは、全長46m、高さ15mの黄金色に輝く寝釈迦像で、このお寺は別の名をねはん寺とも呼ばれたりと、地元民にも親しまれています。



この寺院で有名なのは、タイマッサージの総本山になっている事で、ラーマ3世の医学の礎となり、敷地内ではタイ古式マッサージの学校や、本物のタイ古式マッサージの施術を受けられるので、日々の疲れた身体を癒されてはどうでしょう?




#ワットポー #涅槃寺 #タイの三大寺院 #海外旅行 #タイ #バンコク #タイマッサージの総本山 #保坂学 #保坂耕司 #保坂兄弟 #株式会社PLUS #世田谷ハウス