こんにちは
株式会社PLUSの保坂学です。


「男には自分の世界がある」という頭の言葉で分かった人は、皆さんルパン三世の世代かルパンファンの方であると思ってます。

「男には自分の世界がある 例えるなら空をかける一筋の流れ星」と言うオープニングテーマの中にある歌詞は、僕の中ではルパンではなく、次元大介に向けられたと思ってます。

次元大介の不器用な生き様やポーカーフェイスに、男性は惹かれたことがあるはず!

僕が初めてルパン三世を見たのは、小学校の中高学年くらいに放映していたアニメで、怪盗が主人公のアニメってあまり無かったから、子供の僕には刺激がありました。

次元大介はルパンが心を許す相棒で、ルパンが劣勢になると、必ず現れて場面を変え、銃の腕はマグナムで百発百中で撃ち抜き、バーカウンターでジャズを聞きながら、ウイスキーグラスを転がしています。

僕が子供の頃は、チャンバラで使う日本刀やピストルなどの武器に憧れ、エアーガンで遊んでた頃に、テレビに映る次元は、きっと戦隊モノのヒーローを見ている眼差しでしたね。

子供は単純だな、と思ったりしてましたけど、大人になって、エアーガンから手に持ち替えたのは、ウイスキーやスコッチを片手にバカラグラスを転がしてるだけで、子供の頃からやってることって今も実はそんなに変わってないのかな。

大人になりルパン三世に触れたりすると、次元とは別の銭形などのキャラクターにも心惹かれましたが、相変わらず好きなのは次元でした。

僕の素行は、大抵はふざけていて、ルパンってタイプでなんですけどね。笑

僕は飲食店を10年程前に経営していた時期があり、ルパンと次元が映画の中で奪い合う、ミートボールパスタをシェフに作ってもらったりしていました。

ルパン三世カリオストロの城
ルパンと次元のパスタ



そのパスタに使ったトマトは、クラシックのモーツァルトを聴かせながら育てた、市場には出荷していない音楽トマトなどが気になり使いました。


今の時代になり、長寿アニメ声優の交代も出始めてきましたが、ルパンシリーズは1971年に始まり、何人もの声優陣の交代があり、時代を受け継いできました。

当初はいつもと違う声だから違和感あるけど、少しずつ役柄が馴染み、知らぬ間に浸透してますよね。

僕の世代の声優は、ルパンが山田康夫さん、次元が小林清志さん、石川五ェ門は井上真樹夫さん、峰不二子は増山江威子さん、銭形警部は納谷悟朗さんっていう印象になりますが、2015年〜2016年に放送されたPART4は、次元以外の声優は全員交代しました。

そして、1971年のルパン三世 PART1の初放送から現在まで、次元大介だけは唯一代わることなく、命を注ぎ続けていましたが、先日の放送を最後に、声優の小林清志さんが、次元を引退することになりました。

2021年10月から放送されている、ルパン三世 PART6のEPISODE 0 時代、のテレビ放送が小林さんの演じる最後の次元大介になりました。

ルパン三世 最後の次元大介 声優は小林清志さん

次元大介は、小林さんの堂に入った渋い声があるから、硝煙の匂いと哀愁が漂う男のビジュアルになったんだと僕は思っています。

長い間、次元大介という幼い頃からの憧れキャラクターの生き様を、教授頂き有難うございました。

「奴はとんでもないモノを盗んでいきました。それはあなたの心です。」

その言葉は、僕や沢山の人達の心に刻み込まれた言葉でしょう。



#保坂学 #保坂耕司 #保坂兄弟 #株式会社PLUS #世田谷ハウス #ルパン三世 #カリオストロの城 #次元大介 #石川五右衛門 #峰不二子 #ルパン #音楽トマト #モーツァルト