こんにちは
株式会社PLUSの保坂学です。



今年も夏がやってきて、弟の耕司と暑過ぎてポルシェ乗れないねとしんみり話ていました。

エアコントラブルは空冷ポルシェ乗りにとって、一番の悩みだと思いますが、その中でもポルシェ930のクーラーはほとんど効かなくて有名です。



現代の新型ポルシェにはない問題なんですが、新車当時1千万以上する車なのに、空冷ポルシェって90年代まで、エアコンが弱過ぎて効かないんです。

毎年エアコンガスを継ぎ足しても、全く意味なしで、夏は昼間に乗れず、現状だとエアコンっていうか、扇風機より弱い送風機が付いているような感じなんですよね。

元来、930の初期型のポルシェは、設計した時にエアコンは入ってなくて、販売時の後付けオプションでして、後方のリアエンジンから長いホースを引っ張り、前方まで持ってきて、無理やり付けている感じです。

僕の個人的な感覚ですが、昔の後付クーラーとまったく同じ仕組みなので、電装いじれる空調屋さんなら簡単に直せて、整備したクーラーは絶対に使えるはずですが、クラシックポルシェと聞いただけで、対応してくれないことが多くて、未だ直せていません。


ポルシェ930のエアコンの問題点をまとめると、皆さんこんな感じの症状ですよね?

・時折冷気が出なくなり、送風や温風になり不安定

これはエアコンコントロールユニットの問題か、冷風温風の切り替えユニットの故障が原因ですね。

・エアコンガスチャージができない。

これは、配管の詰まりか、コンプレッサー、クラッチプーリー故障で、配管の場合は、エキスパンションバルブやリキッドタンクの交換、コンプレッサーの場合はオーバーホールか交換になり、マグネットクラッチは交換が必要です。

・エアコンガスを入れてもすぐに効かなくなる。

これは、ガス漏れが原因の場合が多く、その個所を捜して修理していく面倒くさい作業で、全交換が良いのではと思っていますが、まずは目視にて点検できる個所をすべて点検し、問題がなければ、エバポレーターの交換になりますね。

・ガスが入っているのに冷えが悪い。

コンデンサーブロアの不動で、ガス圧が上がりすぎたり、温度センサーの不良によって、エバポレーターが凍結したり、配管やエキスパンションバルブ、リキッドタンクが詰まっているんだと思います。


僕のトラブルは、どこから直そうと色々考えていた時に、ブロアファンやモーターから、白い煙が室内のファンから吹き出していたので、緊急対策で新しいのに交換しました。


911 1974年〜1989年のクーラーの仕組みは、国産とほぼ同じ構造ですが、配管の長さとラバー素材が、ポルシェACの生まれつきの持病みたいな弱点になっていて、964までは同じような構造です。



まず、冷媒のフロンをコンプレッサーが圧縮します。



圧縮されて高温になった冷媒を、コンデンサーが冷やすことで、冷媒が液体になり、液体になった冷媒は、レシーバー ドライヤーで水分や不純物が取り除かれて、エキスパンション バルブから、液体の冷媒をエバポレーターに噴射し、冷媒が気化され、エバポレーターが冷たくなり、空気を冷やして室内に送風して温度が下がります。

気化した冷媒は、再びコンプレッサーで圧縮して、以下の繰り返しで、温度が冷える構造になっています。


930はこれらの部品の間の配管は、全部ホースです。

964以降ですと、基本的に金属配管ですが、930は雑な昔の後付クーラーと同じ仕組みで、ホースがゴム製品だから、劣化したり、金属のカシメの部分から漏れることもあるようです。

漏れてる場合、金属の部分だけ残して、新品のゴムホースでホースを作り直してくれる業者があるそうなので調べてみる価値ありそうです。



930エバポレーターは、銅配管にアルミのフィンという豪華な作りで、最近の車の場合はコストダウンで、アルミ配管になっていて、アルミの場合、結露でだんだん腐食して穴が開くことがありますが、銅配管は心配いりません。

これは高級で機能性は問題ないので、そのまま使うのが良いと思います。

コンプレッサーは昔の状態のままなら、オーバーホール、もしくは日本の国産車にも使われているサンデン製に交換するといいみたいです。

オーバーホールの際には、ついでにレシーバー ドライヤーも、詰まっていたり、中の除湿剤が古くなっている可能性が高いので、安いから交換した方が良いです。



930クーラー最大の弱点になるのは、コンデンサーです。

小さなコンデンサーが装備されていますが、エンジンの上に付いているので、エンジン温度により、気温が高く、処理容量も足りない上に、国産車のようなファンがついていません。

これは、エンジンを冷やすファンの吸気で、ついでに冷やす仕組みなので、気温が高すぎると、あまり冷媒が冷えません。

冷媒が冷えないことで、冷媒が液体にならないため、エキスパンションバルブが液体のフロンを噴出できないので、効かなくなります。


ネット徘徊して、良さげなエアコンキットを見つけました。



リアフェンダーに電動ファン付コンデンサーを、移設して、冷媒を冷やす仕組みで、かなり効くようなるそうです。

SingerやRUFに使用されている電動コンプレッサーのクーラーシステム

Classic Retrofit

電動なので、エンジンに負荷をかけないから、かなり欲しいけど、60万近くする高価なので悩みます。


まあ、真夏は空冷エンジンにとって、厳しい環境ですので、運転を我慢するのがいちばん良いですよね。


#保坂学 #保坂耕司 #保坂兄弟 #株式会社PLUS
#ポルシェ #911S #空冷ポルシェのエアコン #空冷ポルシェ #ポルシェ911 #絶版車 #希少車 #旧車好き #日本の最初のポルシェ #ポルシェの歴史 #オーバーホール #レストア