こんにちは
保坂学です


前回のブログ続編です!
マニアックな話ですが、お暇な時間がある方はチェックしてみてね。
マニアックなポルシェの世界 : 保坂学
こんにちは保坂学です今日は僕の愛車の空冷ポルシェについて投稿します。マニアックな話になりますが、暇つぶしにどうぞ!1964年から製造販売を行っている、ポルシェ911の進化は、革新に満ちた歴史を持ちながらも、基本的なコンセプトは創業から、ほとんど変化させていません
lineblog.me


前回の読むのは面倒な方へあらすじ

先日は、ポルシェ911の歴史やスペックなどについて、なぜ901から911になったのか?僕の1976年の911Sが日本で最初のポルシェなどの話でした。


今回のブログは愛車のポルシェ911Sのハンドルを変えたので、その意味や由来について語ります。



僕の愛車ポルシェ911Sは、MOMOが70年代から80年代に生産していた、MOMO Gilles Villeneuve Steering Wheel Limited Edition 12/80のステアリングハンドルを装備しています。




MOMOはイタリアのメーカーで、1964年にジャンピエロ モレッティが設立しました。

社名のモモは、モレッティとモンツァからきている由来になります。

当初momoはレースやサーキット向けの製品を製造していましたが、1970年辺りから、一般公道車向けのステアリングホイールの開発販売をスタートしました。

僕が選んだMOMOステアリングは、F1ドライバーのシグネチャーシリーズで、その時代の寵児がデザインします。

このハンドルは世界で限定80個製造されています。

僕はジル ヴィルヌーヴが、最後にデザインした限定ステアリングを選びました。

ヴィルヌーヴのドライビングスタイルは、普通なら考えられない、肩輪すら動かない状況でも、カウンターステアが動くならば、三輪走行をしてでも完走し、走行不能まで絶対にレースを諦めない姿勢が、人々の心に響き、愛されたドライバーでした。

ジルヴィルヌーヴのF1伝説の三輪走行

ヴィルヌーヴは、F1の歴史に名を残すバトルを、数々繰り広げましたが、32歳の若さで事故死してしまいました。

この事故の一部始終が、映像として現存していて、F1レースの中で、最も悲惨で衝撃的な事故として、1983年のウィニング ラン、1987年グッバイ ヒーローなどの映画になり公開されています。

ジルヴィルヌーヴの事故映像

ジル ヴィルヌーヴの事故を最後に、日本のF1開催は、以後10年間に渡り中止されました。

彼は、日本のメディアやマスコミによる、激しい非難と誹謗中傷の的となり晒されました。

しかし、エンツォ フェラーリは、悲惨な事故は今までにもたくさんあった、これがF1レースの世界だ。と擁護する声明を出し、日本のメディア事情を一蹴しました。

伝説のF1ドライバー、ジル ヴィルヌーヴが付けていたカーナンバー27は、名門フェラーリが、27番を付けるのは、悲運の象徴となり、当時は誰もが付けることを拒みました。

しかし、時代の流れの中で、ヴィルヌーヴの鬼神のような活躍と悲運の死の象徴である27番は、全てのドライバーから、偉大な番号として愛されるようになり、誰もが望むフェラーリのエースドライバーを象徴するナンバーとなりました。

その番号を背負った著名なドライバーは数知れず、パトリック タンベイ、ミケーレ アルボレート、ナイジェル マンセル、アイルトン セナ、アラン プロスト、ジャン アレジらは、自ら偉大な27番を受け継ぎレースを闘いぬきました。

その中でも、セナやアレジはヴィルヌーヴへのリスペクトは有名な話で、アレジが幼少の頃は、自分の部屋にヴィルヌーヴの等身大ポスターを貼っていたと言っていました。


僕の車は、変更前のハンドルもMOMOだったのですが、1976年の911Sのクラシックスタイルを崩さず、自分の呼吸に合うようなアイテムを探していたら、僕が望むバッチリのハンドルを見つけることが出来ました。

930のステアリング脱着は、特殊工具も必要なく、六角レンチがあればボルトオン、配線もクラクションの部分だけなので、自分でも簡単に出来るので気軽に出来ますから、一番楽なカスタムですね。

僕が何故このハンドルを、自分の愛車に選んだかは、僕の生き様です。

F1レースは死と隣り合わせの危険な競技という周知の事実にも関わらず、理不尽なメディアの中傷に遭いながら、闘い抜いた男達の姿に心を撃ち抜かれたからです。

現代は、誰もがモバイルから誹謗中傷を、ブログやSNSに、簡単にぶち撒きけることが出来て、世の中には、軽い言葉でたくさんの人が傷付いています。

人を貶めたり辱めることなどしてると、手負の虎は恐ろしく、逆に自分が後で喰われてしまうことがある世の中だと、学んだ方が良いですよね。

今の世の中ネットでもIP開示やディープウェブはすぐにできますから。

僕は自分の道徳があり、人に言えないような誹謗中傷などは人間のクズだと思っているので、人生における生き方に、恥じる事は無い様にしています。



I changed my porsche steering signature series designed by F1 driver Gilles Villeneuve. It's his last design. This is the Steering was selling MOMO from the 70's and 80's. Due to accident racing legends of F1 drivers, F1 race in Japan over 10 years were suspended. Villeneuve was exposed to fierce criticism from media outlets around the world, but Enzo Ferrari defend him, he say there were lot to accident. This is the world of formula 1 racing. He did the unthinkable in normal goal. He was from an accident driving on three wheels. His car runs out, never give up racing. Captures the hearts of people around the world fight for him, fought with the name battle in F1 history. He was killed in an accident at the age of 32. This story remains as a video. Most distressing and shocking accident footage in F1, in 1983 winning run, 1987 goodbye Heroes have been featured film in. Prestigious Ferrari is hated as a symbol of Villeneuve's car No.27. No.27 was loved as a great number of Villeneuve and tragic death. And became to symbolize the Ferrari ACE driver. Inherited the No. 27 by Patrick tambay, Michele alboreto, Nigel Mansell, Ayrton Senna, Alain Prost, Jean Alesi, who fought. Senna, Alesi respected Villeneuve. Said Alesi was put childhood Villeneuve poster in his room.

#保坂学 #保坂耕司 #保坂兄弟 #株式会社PLUS #ポルシェ #MOMO #F1レース #ジルヴィルヌーヴ#パトリックタンベイ #ミケーレアルボレート #ナイジェルマンセル #アイルトンセナ #アランプロスト #ジャンアレジ #ウィニングラン #グッバイヒーロー