こんにちは
保坂学です


前回のブログ続編です!
マニアックな話ですが、お暇な時間がある方はチェックしてみてね。
マニアックなポルシェの世界 : 保坂学
こんにちは保坂学です今日は僕の愛車の空冷ポルシェについて投稿します。マニアックな話になりますが、暇つぶしにどうぞ!1964年から製造販売を行っている、ポルシェ911の進化は、革新に満ちた歴史を持ちながらも、基本的なコンセプトは創業から、ほとんど変化させていません
lineblog.me


前回の読むのは面倒な方へあらすじ

先日は、ポルシェ911の歴史やスペックなどについて、なぜ901から911になったのか?僕の1976年の911Sが日本で最初のポルシェなどの話でした。


今回のブログは愛車のポルシェ911Sのハンドルを変えたので、その意味や由来について語ります。



僕の愛車ポルシェ911Sは、MOMOが70年代から80年代に生産していた、MOMO Gilles Villeneuve Steering Wheel Limited Edition 12/80のステアリングハンドルを装備しています。




MOMOはイタリアのメーカーで、1964年にジャンピエロ モレッティが設立しました。

社名のモモは、モレッティとモンツァからきている由来になります。

当初momoはレースやサーキット向けの製品を製造していましたが、1970年辺りから、一般公道車向けのステアリングホイールの開発販売をスタートしました。

僕が選んだMOMOステアリングは、F1ドライバーのシグネチャーシリーズで、その時代の寵児がデザインします。

このハンドルは世界で限定80個製造されています。

僕はジル ヴィルヌーヴが、最後にデザインした限定ステアリングを選びました。

ヴィルヌーヴのドライビングスタイルは、普通なら考えられない、肩輪すら動かない状況でも、カウンターステアが動くならば、三輪走行をしてでも完走し、走行不能まで絶対にレースを諦めない姿勢が、人々の心に響き、愛されたドライバーでした。

ジルヴィルヌーヴのF1伝説の三輪走行

ヴィルヌーヴは、F1の歴史に名を残すバトルを、数々繰り広げましたが、32歳の若さで事故死してしまいました。

この事故の一部始終が、映像として現存していて、F1レースの中で、最も悲惨で衝撃的な事故として、1983年のウィニング ラン、1987年グッバイ ヒーローなどの映画になり公開されています。

ジルヴィルヌーヴの事故映像

ジル ヴィルヌーヴの事故を最後に、日本のF1開催は、以後10年間に渡り中止されました。

彼は、日本のメディアやマスコミによる、激しい非難と誹謗中傷の的となり晒されました。

しかし、エンツォ フェラーリは、悲惨な事故は今までにもたくさんあった、これがF1レースの世界だ。と擁護する声明を出し、日本のメディア事情を一蹴しました。

伝説のF1ドライバー、ジル ヴィルヌーヴが付けていたカーナンバー27は、名門フェラーリが、27番を付けるのは、悲運の象徴となり、当時は誰もが付けることを拒みました。

しかし、時代の流れの中で、ヴィルヌーヴの鬼神のような活躍と悲運の死の象徴である27番は、全てのドライバーから、偉大な番号として愛されるようになり、誰もが望むフェラーリのエースドライバーを象徴するナンバーとなりました。

その番号を背負った著名なドライバーは数知れず、パトリック タンベイ、ミケーレ アルボレート、ナイジェル マンセル、アイルトン セナ、アラン プロスト、ジャン アレジらは、自ら偉大な27番を受け継ぎレースを闘いぬきました。

その中でも、セナやアレジはヴィルヌーヴへのリスペクトは有名な話で、アレジが幼少の頃は、自分の部屋にヴィルヌーヴの等身大ポスターを貼っていたと言っていました。


僕の車は、変更前のハンドルもMOMOだったのですが、1976年の911Sのクラシックスタイルを崩さず、自分の呼吸に合うようなアイテムを探していたら、僕が望むバッチリのハンドルを見つけることが出来ました。

930のステアリング脱着は、特殊工具も必要なく、六角レンチがあればボルトオン、配線もクラクションの部分だけなので、自分でも簡単に出来るので気軽に出来ますから、一番楽なカスタムですね。

僕が何故このハンドルを、自分の愛車に選んだかは、僕の生き様です。

F1レースは死と隣り合わせの危険な競技という周知の事実にも関わらず、理不尽なメディアの中傷に遭いながら、闘い抜いた男達の姿に心を撃ち抜かれたからです。

現代は、誰もがモバイルから誹謗中傷を、ブログやSNSに、簡単にぶち撒きけることが出来て、世の中には、軽い言葉でたくさんの人が傷付いています。

人を貶めたり辱めることなどしてると、手負の虎は恐ろしく、逆に自分が後で喰われてしまうことがある世の中だと、学んだ方が良いですよね。

今の世の中ネットでもIP開示やディープウェブはすぐにできますから。

僕は自分の道徳があり、人に言えないような誹謗中傷などは人間のクズだと思っているので、人生における生き方に、恥じる事は無い様にしています。



I changed my porsche steering signature series designed by F1 driver Gilles Villeneuve. It's his last design. This is the Steering was selling MOMO from the 70's and 80's. Due to accident racing legends of F1 drivers, F1 race in Japan over 10 years were suspended. Villeneuve was exposed to fierce criticism from media outlets around the world, but Enzo Ferrari defend him, he say there were lot to accident. This is the world of formula 1 racing. He did the unthinkable in normal goal. He was from an accident driving on three wheels. His car runs out, never give up racing. Captures the hearts of people around the world fight for him, fought with the name battle in F1 history. He was killed in an accident at the age of 32. This story remains as a video. Most distressing and shocking accident footage in F1, in 1983 winning run, 1987 goodbye Heroes have been featured film in. Prestigious Ferrari is hated as a symbol of Villeneuve's car No.27. No.27 was loved as a great number of Villeneuve and tragic death. And became to symbolize the Ferrari ACE driver. Inherited the No. 27 by Patrick tambay, Michele alboreto, Nigel Mansell, Ayrton Senna, Alain Prost, Jean Alesi, who fought. Senna, Alesi respected Villeneuve. Said Alesi was put childhood Villeneuve poster in his room.

#保坂学 #保坂耕司 #保坂兄弟 #株式会社PLUS #ポルシェ #MOMO #F1レース #ジルヴィルヌーヴ#パトリックタンベイ #ミケーレアルボレート #ナイジェルマンセル #アイルトンセナ #アランプロスト #ジャンアレジ #ウィニングラン #グッバイヒーロー


こんにちは
保坂学です


今日は僕の愛車の空冷ポルシェについて投稿します。
マニアックな話になりますが、暇つぶしにどうぞ!



1964年から製造販売を行っている、ポルシェ911の進化は、革新に満ちた歴史を持ちながらも、基本的なコンセプトは創業から、ほとんど変化させていませんが、継続的な開発をしていました。

そして、最終的に911は、20世紀最高の自動車の1つとなりました。


2代目 930型

販売期間は1974年~1989年

1974年に開催されたパリサロンに930ターボの試作車が展示されました。

その車両は、ボア×ストロークφ95mm×70.4mmで2,994cc、圧縮比6.5の930/50型エンジンを搭載され、ボッシュKEジェトロニックとブースト圧0.8気圧のKKK製ターボチャージャーで260馬力/5,500rpm、35.0kgm/4,500rpmを叩き出した。

930型は、本来ターボモデルを示すものでしたが、
1977年モデルまで、自然吸気であるNAエンジンは、901型のままで販売されていました。

1978年からはNAエンジンも930型となり、1973年フランクフルト モーターショーでは、911ターボの試作車が展示され、280馬力で最高速度280km/hとアナウンスされていました。

日本仕様は昭和50年の規制に適合するために、245馬力/5,500rpm、35.0kgm/4,000rpmとなっています。

その後、大きなパワーに対応するため、タイヤを納めるべく、フェンダーを備え全幅は1,775mmまで拡げられました。

1978年モデルからは、カタログ上の名称は1978年ターボ、1979年930ターボ、1980年911ターボと変名しているが、特別な変更はないが、豪華なインテリアをもつ高性能スポーツカーとして高価格な車両でありながら販売は好調でした。

トランスミッションφ240mmは当初4速MT930型であり、ポルシェは、ありあまるパワーには4速で充分と説明したが、ポルシェシンクロトランスミッションの許容量がターボのパワーに耐え切れず、やむなく4速にしたというのが通説です。

僕のポルシェは、1976年 911SはPorsche Japanが初めて生産した、NAエンジンを搭載のポルシェで、世界で生産台数が130台の希少車です。


#保坂学 #保坂耕司 #保坂兄弟 #株式会社PLUS
#ポルシェ #911S #930型 #ポルシェ911 #Porsche #希少車




こんにちは
保坂学です


これだけ海外に日がくるなんて、もうそろそろ、国外に行きたいですよね?

現代のパンデミックのような、ストレスになってる時は、きっと自然豊かなところに行きたいですよね。

もうヨーロッパではマスクなしになってきている国も、たくさん出てきました。

国外に行くことが出来る様になったら、軽い気持ちで、羽を伸ばしに行きましょう!

そんな時は、空港から直行便で約3時間半で、時差は僅か1時間しかないサイパンが一押しです。

フライトの疲れもなく、驚くほど綺麗な珊瑚礁の海と、豊かな大自然で、心を潤おすことができます。




有名リゾートや観光地のような喧騒はないので、人の流れなどを、何も考えなくて良いのは贅沢ですね。

簡単に言えば何もないんですが、得るものが大きいです。

目の前のエメラルドグリーンの海を得ることができます。

人混みの喧騒より、近くのビーチですよね。

サイパンの気候は、年間の平均気温が27℃前後、水温は日本の海より高い25℃前後、海水浴するのは、丁度良くとても快適です。


僕がホテルを探した時は、ほとんどのホテルが、ビーチサイドですから、海が見える部屋が良い方は簡単に見つかりますよ。




この辺りの海域は、遠浅なリーフの内側なので、とても静かでほとんど波はありません。

ホテル前のビーチでは目の前に色鮮やかな海水魚が泳いでいますよ。

なんとなく街を歩いて、その辺りの人に話しかけてたら、サイパンのローカルと友達になりました!


そして、船で遊びに連れてってもらいました!


サイパンですが、青い水中世界が楽しめるグロットという場所があります。

海をクルーズしながら向かったのは、波に侵食された洞窟のようになっていて、地形の美しさによって光が差し込む、神秘的な水中世界を見る事ができます。

グロットの色は上手に言葉で表現することの出来ない色で、言うなら、岩場は明るめのアッシュで、水中世界はエメラルドグリーンとコバルトブルーを足して割った感じかな。

透き通る海に来たらスキューバダイビングしたくなりました。

ダイバーの間でサイパンは、世界有数の透明度を誇る海で有名ですを

この日は人も全くいなかったので、シュノーケリングやダイビングには最高の環境でした。

この島はのんびりと自然を楽しみながら、何も考えることなく、だらだらとした時間の流れを感じれれるのが好きです。



サイパンは、観光地ですが、ショッピングモールがないので、弟の保坂耕司や株式会社PLUSに、お土産を買う場所を考えてしまいました。


#保坂学 #保坂耕司 #保坂兄弟 #株式会社PLUS
#サイパン #青の洞窟 #グロット #Saipan #BlueGrotto #Grotto #エメラルドグリーンの海

↑このページのトップへ