こんにちは

株式会社PLUSの保坂学です。



保坂兄弟は、もう世田谷の家ってあんまり必要ないよね、と弟の耕司と次のプランについて話しています。


東京都は、隣の家とぴちっとくっつき世田谷ハウスが並んでて、圧迫感しかないです。


世界の中でも、幸せ度指数がかなり低い日本で、このまま余生を生きてくのって、未来が明るくない状況だし、さらに日本は人口が減るのが見えていて、税金が上がり、所得が低くて物価が高い世の中になり正直ここはキツいので、生きていくのが楽しい国に、出稼ぎの感覚で海外移住するプランです。


ちなみに、こんなに長時間働いて、お金ない国民って、世界中で日本だけですからね。


例えば、オーストラリアとかで週38時間働いて、年収は1000万円くらいです。


日本人って、無宗教ですが宗教に興味ないのと同じく、世界情勢にも全く興味がないから、テレビ番組のニュースもくだらない話ばかりで、必要なことを流さないから知らなくて、自分達がまだ先進国と思ってたりします。


これは知らない人が多いと思いますが、世界の基準で日本は先進国から既に落ちて、発展途上のアジア圏から日本は蚊帳の外になっています。


だから政府は、様々な国に人道支援などをしたり、外交を強め世界情勢の中で、地位を守れているつもりみたいですが、もうそろそろ潰れてきますし、その支援をもっと自国のデフレ脱却に使って欲しいです。



僕が未来展望を描く海外拠点は、ビジネスのこともありますから、日本まで直行便があり、ストレス発散できるような、海の近くや海岸がある場所にしようなどウキウキしながら、妄想しています。


アラブ首長国連邦に滞在してる時に、友達の王侯貴族の一族が持っている、マラワ島(Merawah Island)に暫く住んでたことがありました。



マラワ島はアブダビの西部沖の低地の島で、アブダビの都心部の三分の一くらいのサイズの大きな島です。


アブダビから西に向かって40分位車で走ると、Al Mirfaという、昔から変わらない港街があり、その港からクルーザーで20分ほどアラビア海を北に進んだ場所です。



マラワ島は、向かうための交通機関や宿泊施設はありませんから、一般的に普通の観光客は、行くことが不可能です。


僕が訪問する時は、マラワを管理しているファミリーが、島に連絡すると、港に船で迎えにきてくれます。


僕は、かれこれもう10年以上前から、アブダビに行く度にマラワに訪れています。


この島は友達のファミリーがすべて管理する、アラブ首長国連邦の自然保護区になっており、この島で時間を過ごしていると、ここがUAEや砂漠の国って忘れるくらい、自然に富んでいます。



透き通るエメラルドグリーンの海と、細かな白い砂浜のビーチを見ながら、清々しく歩いていると、浅瀬にはフラミンゴが水浴びし、青い空には大鷲が優雅に飛ぶ素晴らしい光景を目にする事ができます。




ここは、アラビア海域の低地島になり、周囲は数キロ先まで、腰あたりの深さまで遠浅になっていて、波も無く気兼ねなく海水浴ができ、水温は一年中暖かい25℃前後の水温で、季節を問わずに気持ち良く遊べます。


以前、背を下にして、ぷかぷかと海に浮いていたら、太陽の光を浴びながら寝してしまい、かなりの時間漂流してたこともありました。




僕はアラブの王侯貴族のビラに滞在していたのですが、その家は港に着いてから一番最初に見えるビーチハウスの様なビラで、窓から表にあるビーチを覗くと、真っ白な日除け小屋と、ヤシの木に吊るされたブランコがあり、あの光景はいつも頭の角に残っています。





マラワに滞在中の食事は、毎日シェフがローカルのアラビア料理を、同時刻に用意してくれていて、美味しく堪能させて頂きました。


砂漠のように綺麗な砂浜を暫く歩いていると、リゾート地に着いたかのような、大きな建物が点々と出てきます。


その建物は、ファミリーがビラをどんどん建築していて、かなり大きなプールが隣接する部屋数が分からないくらい広いラグジュアリーな造りで、海で泳いでから、そのまま家に戻れたり、モルディブの高級リゾート施設のようになっています。


こんなこと出来ます!



初めて訪れたのは10年ほどで、島には僕が滞在していたビラと労働者の家が数件あるだけで、豊かな自然の他には、何ひとつ無い環境でしたが、今は一軒一軒と家が建てられ、内地の方まで行けるようなアスファルトが敷かれた道が出来ていて、友達の一族は自然保護をしながらも、自分の島をずっと止める事なく開拓していました。


家が数件しかない未開拓の地から、一族の住む所や労働者が集まる村が出来る経過を、タイムラグなく目の前で知ることが出来る経験は、一生出来ないことだし、自分の価値観が変わる素敵な経験になりました。


アラブの王侯貴族と親友になったのもラッキーだしね!笑


この島にある家は、いつでも滞在していいよと、ファミリーのドンから言われているし、王侯貴族以外の人は入ることが出来ないスペシャルな場所だから、ここは僕と身内の未来予想図として、しあわせ度指数があがる候補の一つです。



#UAE #アブダビ #アブダビ観光 #マラワ島 #アラビア料理 #MerawahIsland #アラジンの世界 #保坂学 #保坂耕司 #保坂兄弟 #株式会社PLUS #世田谷 #世田谷ハウス




こんにちは
株式会社PLUSの保坂学です。


「男には自分の世界がある」という頭の言葉で分かった人は、皆さんルパン三世の世代かルパンファンの方であると思ってます。

「男には自分の世界がある 例えるなら空をかける一筋の流れ星」と言うオープニングテーマの中にある歌詞は、僕の中ではルパンではなく、次元大介に向けられたと思ってます。

次元大介の不器用な生き様やポーカーフェイスに、男性は惹かれたことがあるはず!

僕が初めてルパン三世を見たのは、小学校の中高学年くらいに放映していたアニメで、怪盗が主人公のアニメってあまり無かったから、子供の僕には刺激がありました。

次元大介はルパンが心を許す相棒で、ルパンが劣勢になると、必ず現れて場面を変え、銃の腕はマグナムで百発百中で撃ち抜き、バーカウンターでジャズを聞きながら、ウイスキーグラスを転がしています。

僕が子供の頃は、チャンバラで使う日本刀やピストルなどの武器に憧れ、エアーガンで遊んでた頃に、テレビに映る次元は、きっと戦隊モノのヒーローを見ている眼差しでしたね。

子供は単純だな、と思ったりしてましたけど、大人になって、エアーガンから手に持ち替えたのは、ウイスキーやスコッチを片手にバカラグラスを転がしてるだけで、子供の頃からやってることって今も実はそんなに変わってないのかな。

大人になりルパン三世に触れたりすると、次元とは別の銭形などのキャラクターにも心惹かれましたが、相変わらず好きなのは次元でした。

僕の素行は、大抵はふざけていて、ルパンってタイプでなんですけどね。笑

僕は飲食店を10年程前に経営していた時期があり、ルパンと次元が映画の中で奪い合う、ミートボールパスタをシェフに作ってもらったりしていました。

ルパン三世カリオストロの城
ルパンと次元のパスタ



そのパスタに使ったトマトは、クラシックのモーツァルトを聴かせながら育てた、市場には出荷していない音楽トマトなどが気になり使いました。


今の時代になり、長寿アニメ声優の交代も出始めてきましたが、ルパンシリーズは1971年に始まり、何人もの声優陣の交代があり、時代を受け継いできました。

当初はいつもと違う声だから違和感あるけど、少しずつ役柄が馴染み、知らぬ間に浸透してますよね。

僕の世代の声優は、ルパンが山田康夫さん、次元が小林清志さん、石川五ェ門は井上真樹夫さん、峰不二子は増山江威子さん、銭形警部は納谷悟朗さんっていう印象になりますが、2015年〜2016年に放送されたPART4は、次元以外の声優は全員交代しました。

そして、1971年のルパン三世 PART1の初放送から現在まで、次元大介だけは唯一代わることなく、命を注ぎ続けていましたが、先日の放送を最後に、声優の小林清志さんが、次元を引退することになりました。

2021年10月から放送されている、ルパン三世 PART6のEPISODE 0 時代、のテレビ放送が小林さんの演じる最後の次元大介になりました。

ルパン三世 最後の次元大介 声優は小林清志さん

次元大介は、小林さんの堂に入った渋い声があるから、硝煙の匂いと哀愁が漂う男のビジュアルになったんだと僕は思っています。

長い間、次元大介という幼い頃からの憧れキャラクターの生き様を、教授頂き有難うございました。

「奴はとんでもないモノを盗んでいきました。それはあなたの心です。」

その言葉は、僕や沢山の人達の心に刻み込まれた言葉でしょう。



#保坂学 #保坂耕司 #保坂兄弟 #株式会社PLUS #世田谷ハウス #ルパン三世 #カリオストロの城 #次元大介 #石川五右衛門 #峰不二子 #ルパン #音楽トマト #モーツァルト



こんにちは
株式会社PLUSの保坂学です。



今年も夏がやってきて、弟の耕司と暑過ぎてポルシェ乗れないねとしんみり話ていました。

エアコントラブルは空冷ポルシェ乗りにとって、一番の悩みだと思いますが、その中でもポルシェ930のクーラーはほとんど効かなくて有名です。



現代の新型ポルシェにはない問題なんですが、新車当時1千万以上する車なのに、空冷ポルシェって90年代まで、エアコンが弱過ぎて効かないんです。

毎年エアコンガスを継ぎ足しても、全く意味なしで、夏は昼間に乗れず、現状だとエアコンっていうか、扇風機より弱い送風機が付いているような感じなんですよね。

元来、930の初期型のポルシェは、設計した時にエアコンは入ってなくて、販売時の後付けオプションでして、後方のリアエンジンから長いホースを引っ張り、前方まで持ってきて、無理やり付けている感じです。

僕の個人的な感覚ですが、昔の後付クーラーとまったく同じ仕組みなので、電装いじれる空調屋さんなら簡単に直せて、整備したクーラーは絶対に使えるはずですが、クラシックポルシェと聞いただけで、対応してくれないことが多くて、未だ直せていません。


ポルシェ930のエアコンの問題点をまとめると、皆さんこんな感じの症状ですよね?

・時折冷気が出なくなり、送風や温風になり不安定

これはエアコンコントロールユニットの問題か、冷風温風の切り替えユニットの故障が原因ですね。

・エアコンガスチャージができない。

これは、配管の詰まりか、コンプレッサー、クラッチプーリー故障で、配管の場合は、エキスパンションバルブやリキッドタンクの交換、コンプレッサーの場合はオーバーホールか交換になり、マグネットクラッチは交換が必要です。

・エアコンガスを入れてもすぐに効かなくなる。

これは、ガス漏れが原因の場合が多く、その個所を捜して修理していく面倒くさい作業で、全交換が良いのではと思っていますが、まずは目視にて点検できる個所をすべて点検し、問題がなければ、エバポレーターの交換になりますね。

・ガスが入っているのに冷えが悪い。

コンデンサーブロアの不動で、ガス圧が上がりすぎたり、温度センサーの不良によって、エバポレーターが凍結したり、配管やエキスパンションバルブ、リキッドタンクが詰まっているんだと思います。


僕のトラブルは、どこから直そうと色々考えていた時に、ブロアファンやモーターから、白い煙が室内のファンから吹き出していたので、緊急対策で新しいのに交換しました。


911 1974年〜1989年のクーラーの仕組みは、国産とほぼ同じ構造ですが、配管の長さとラバー素材が、ポルシェACの生まれつきの持病みたいな弱点になっていて、964までは同じような構造です。



まず、冷媒のフロンをコンプレッサーが圧縮します。



圧縮されて高温になった冷媒を、コンデンサーが冷やすことで、冷媒が液体になり、液体になった冷媒は、レシーバー ドライヤーで水分や不純物が取り除かれて、エキスパンション バルブから、液体の冷媒をエバポレーターに噴射し、冷媒が気化され、エバポレーターが冷たくなり、空気を冷やして室内に送風して温度が下がります。

気化した冷媒は、再びコンプレッサーで圧縮して、以下の繰り返しで、温度が冷える構造になっています。


930はこれらの部品の間の配管は、全部ホースです。

964以降ですと、基本的に金属配管ですが、930は雑な昔の後付クーラーと同じ仕組みで、ホースがゴム製品だから、劣化したり、金属のカシメの部分から漏れることもあるようです。

漏れてる場合、金属の部分だけ残して、新品のゴムホースでホースを作り直してくれる業者があるそうなので調べてみる価値ありそうです。



930エバポレーターは、銅配管にアルミのフィンという豪華な作りで、最近の車の場合はコストダウンで、アルミ配管になっていて、アルミの場合、結露でだんだん腐食して穴が開くことがありますが、銅配管は心配いりません。

これは高級で機能性は問題ないので、そのまま使うのが良いと思います。

コンプレッサーは昔の状態のままなら、オーバーホール、もしくは日本の国産車にも使われているサンデン製に交換するといいみたいです。

オーバーホールの際には、ついでにレシーバー ドライヤーも、詰まっていたり、中の除湿剤が古くなっている可能性が高いので、安いから交換した方が良いです。



930クーラー最大の弱点になるのは、コンデンサーです。

小さなコンデンサーが装備されていますが、エンジンの上に付いているので、エンジン温度により、気温が高く、処理容量も足りない上に、国産車のようなファンがついていません。

これは、エンジンを冷やすファンの吸気で、ついでに冷やす仕組みなので、気温が高すぎると、あまり冷媒が冷えません。

冷媒が冷えないことで、冷媒が液体にならないため、エキスパンションバルブが液体のフロンを噴出できないので、効かなくなります。


ネット徘徊して、良さげなエアコンキットを見つけました。



リアフェンダーに電動ファン付コンデンサーを、移設して、冷媒を冷やす仕組みで、かなり効くようなるそうです。

SingerやRUFに使用されている電動コンプレッサーのクーラーシステム

Classic Retrofit

電動なので、エンジンに負荷をかけないから、かなり欲しいけど、60万近くする高価なので悩みます。


まあ、真夏は空冷エンジンにとって、厳しい環境ですので、運転を我慢するのがいちばん良いですよね。


#保坂学 #保坂耕司 #保坂兄弟 #株式会社PLUS
#ポルシェ #911S #空冷ポルシェのエアコン #空冷ポルシェ #ポルシェ911 #絶版車 #希少車 #旧車好き #日本の最初のポルシェ #ポルシェの歴史 #オーバーホール #レストア

↑このページのトップへ