こんにちは
保坂兄弟の兄の保坂学です。


世田谷ハウスが建ち並ぶ東京を離れて、弟の保坂耕司と温泉でも行きたいねと談話になり、草津温泉を思い出したので、目的地の他に、僕が行く途中で探したマイナー観光地の情報も役立つかなと投稿しました。

今回の旅行ルートは、群馬の草津温泉を目的地に、東京から向かう途中にあるマイナー観光地を紹介します。

クルマで東京都世田谷区から草津温泉の湯畑辺りまでまゆっくり行くと、4時間半くらいの移動時間がかかります。

そのため草津温泉に向かうだけだと、勿体ないので、早朝から出発すれば、群馬の知られざる観光地に寄る事ができるのでお勧めです。

群馬に2泊3日くらいの予定で行く方は、是非群馬観光でもしてみて下さい!


群馬県六合村の赤岩地区の集落

この周辺の集落は重要文化財となっていて、東京都心部からは3時間ほどの移動時間になり、草津寄りのスポットになります。

六合村の少し南に位置している赤岩地区は、平成18年7月5日に群馬県初の重要伝統的建造物群保存地区に指定される事になりました。
群馬の赤岩集落は重要文化財 保坂兄弟(保坂学と耕司)の草津温泉旅行4
保坂兄弟(保坂学と耕司)の温泉旅行4六合村の南に位置する赤岩地区は、平成18年7月5日に群馬県初の重要伝統的建造物群保存地区に指定。通り沿いに昔ながらの家並みが続いて、高野長英が隠れ住んだ湯本家が中心にあり、赤岩は多くの養蚕農家が残っている集落です。幕末や明治の風情に浸って散策は、旅が楽しくなります。
youtube.com

集落の村道には、昔ながらの日本家屋が建ち並び、
高野長英が隠れ住んでいた湯本家が中心にあります。




高野長英は幕府の政策を批判した学者が一斉に検挙された「蛮社の獄」により終身刑を言い渡され、理不尽な罪状で収監されましたが、脱獄を果たし全土を縦断し逃亡生活をした映画の主人公の様な人です。

赤岩には多くの養蚕農家が残る集落で趣があり、幕末や明治の風情に浸って散策は、より一層旅が楽しくなりますね。


早朝からの運転でお腹もへってきたので、頭の片隅にあった草津温泉に向かう途中でないと、一生行くことは無い目的地に行きました。

食べログ百名店
「永井食堂のもつ煮」

もつ煮が有名ってあまり聞かないので、興味が湧いて食べに行きました。
なんと、時代が止まったままの価格のような、普通盛り590円と格安、そして何より驚いたのは、席に着いてから1分ほどの時間で定食がテーブルにきました。

今まで食べたもつ煮で1番美味しかったな。


永井食堂
0279-26-3988
群馬県渋川市上白井4477-1
永井食堂 (津久田/もつ料理)
★★★☆☆3.70 ■食堂がお休みでもお土産用「もつっ子」に列ができます。 ■予算(夜):~¥999
tabelog.com


お腹も一杯になって眠くならないうちに、次の目的地に向かいます!



#永井食堂 #もつ煮 #食べログ百名店 #草津温泉前に寄る #群馬の知られざる観光地 #六合村 #赤岩集落 #高野長英 #保坂兄弟 #保坂学 #保坂耕司 #株式会社PLUS #世田谷ハウス #世田谷


弟の保坂耕司の事を投稿します。

彼は株式会社PLUSの副社長です。

若い頃はお互いに海外に住んでいたので、あまり会うこともありませんでした。

彼は小さなの頃からサッカーが大好きで、成人になっても続け、海外でプロサッカー選手に成長しました。

彼はサッカー王国のブラジル・サンパウロやイタペチニンガの2部リーグで活躍して、日本に帰国しました。

彼はサッカーで培った持久力とハングリー精神をそのまま活かして仕事にも尽力して、今の地位まで辿り着きました。

彼の精励する姿勢は素晴らしく、自分の問題解決の早さが記憶に残っています。

例えば、株式会社PLUSではインターネット事業を開始したころで、キータッチの取扱いは必須でした。

彼が新入社員の頃は、パソコンの知識はゼロで文字の打ち込みも出来なかったのが、1ヶ月後にはキーボードの操作もお手の物で、ブラインドタッチまで習得していました。

彼は集中力がありラストまで確実にやりこなす完璧主義で、先が見えたら労力を厭わない努力家であり、僕には無い様々な天賦の才能を持ち合わせていると思います。

天才は99%の努力とは良く言ったもので、彼は努力を惜しまなかったので、サッカー本場のブラジルのプロサッカー選手までなり、仕事面でも僕の人生に大切な家族以外にも不可欠な人間となりました。

会社の従業員が20名を越え、そこそこな規模に成長した頃に、僕の想いを保坂耕司に話しました。

「皆んなのやりたい仕事の夢を叶えよう」

僕に着いて来てくれたスタッフの為に、福利厚生や慈善事業のような事を話しました。

彼は賛成して迷いもなく、その思想を形にする為に努力しました。

「飲食事業が夢」と僕に赤裸々に語った社員は、軌道に乗る前に辞め、他の事業でも内外部を含め色々な人から裏切られてきました。

実行して気がついたのは、スタッフ達の夢とやりたい事は、夢や信念ではなく、ただやってみたい様な軽い気持ちだった事を保坂兄弟は気付きました。

彼は率直に従業員を信じ過ぎて裏切られ、途中半ばで辞めてしまった事業の穴を埋める為に力を費やしました。

今となっては人を信頼する重さや裏切りで本当の強さを知り、信じる相手を見極めるチカラを得て、無駄な人間が徐々に居なくなって、素晴らしい人間性を持った人達と出会いビジネスに取り組める様になったと思います。

お互い支え合っている保坂兄弟は、企業がてこずる海外貿易を軸に進めていましたが、遂に大事業の成功が間近となっています。

隣で紆余曲折ありながらも、僕の事をずっと支えてくれている、彼の努力や本当の優しさを無駄にしない様に、絶対に成功させようと思っています。

逆境の谷にいる時は、次の山に備える準備をしている、彼の未来予想図が見えてくるので楽しみで仕方ないです。


株式会社PLUS
代表取締役社長 保坂学



#保坂耕司 #保坂学 #株式会社PLUS #本当の強さ #本当の優しさ


こんにちは
保坂兄弟の兄の保坂学です。

隣の家が近い東京や世田谷ハウスが立ち並ぶ場所から離れて、保坂兄弟は気分も高揚して、アジア圏の拠点探しにタイ・バンコクを弟の耕司とチェックしていました。

そんな浮かれ気分のまま、引き続き連載のタイ旅行シリーズになります。
暇な時間があれば読んでみてください。

1話
タイ王国の初体験はカルチャーショック 保坂兄弟(保坂学と耕司)のタイ旅行part1 : 保坂学
こんにちは株式会社PLUSの保坂学です。保坂兄弟は世田谷のギッチギチに家が立ち並んだ、世田谷ハウスにいるべきでは無いと思い、アジア圏を調査していて、弟の耕司と一緒に、今後アジアで始まる前向きなビジネストリップをしています。今回は、アラブ首長国連邦に滞在中、打
lineblog.me
2話
タイ・バンコクのワットポーに観光がオススメ 保坂兄弟(保坂学と耕司)のタイ旅行part2 : 保坂学
こんにちは株式会社PLUSの保坂学です。保坂兄弟はアジア圏のタイの話をして、東京の喧騒と世田谷ハウスがひしめく、場所にいたら心が荒れ果てると言いながら、耕司と一緒にタイのエネルギッシュなパワーを受け取り、海外拠点でビジネスを始めるためにマーケティング施策をし
lineblog.me
3話
神秘な翡翠色のガラス塔ワットパクナム 保坂兄弟(保坂学と耕司)のタイ旅行part3 : 保坂学
こんにちは保坂兄弟の兄の保坂学です。家が隙間なく世田谷ハウスが立ち並ぶような場所にいたら保坂兄弟はダメだと思い、まずは拠点探しの第2歩目のアジア圏の調査開始しながら、弟の耕司とトリップします。連載でタイ旅行シリーズになるので、お暇であれば、読んでみてくださ
lineblog.me


タイに滞在していて、やっぱりアジア最高!!って雄叫びあげたくなった事がありました!

タイ・バンコクの旅行も終わりに近付き、いつもモノは増えてないのに、何故か行きより入らないバックパックを整理しながら、帰り支度をしていると、友人の会長が、空港まで送迎あるからゆっくりしてと言われたので、バックパックも終わり、残り時間も少なくなって、寂しいと思いながら、コーヒーを飲みタバコを一服しました。

そしていつも通り、飛行機のフライト時間の2時間30分前になり、滞在先の部屋からロビーに出ると、表には警察官とパトカーと白バイが大人数でウロウロしていました。

声をかけられ、きっと僕は何にもしてないと思いましたが、海外なので、少し戸惑っていたら、僕を空港まで送迎するために、全員待機してくれてたそうです。

会長はニヤニヤしながら笑って手を振り見送ってくれました。

逮捕される他に警察官に連れてかれる事が人生にあるんだと思い、VIP気分で帰り道をポリスに警備して頂き、パトカーや白バイは赤灯を回していて、僕は子供みたいにパトカーだ白バイだと興奮して、写真や動画を撮りながら、あっという間に空港に着きました!

白バイとパトカーの先導は、人生で初体験だったし、普通なら逮捕された時くらいしか乗らないので感度しました。笑

しかも、僕が空港で待たない様に、イミグレーションに並んでいる人の列を追い越し、警察官が付き添いをして列をスルーさせて頂き、全く並ばずに、待ち時間なく出発出来ました。



僕みたいな行き方してみると、こんな変わった人生もあって、自分の人脈や遊び方などに誇りを持ち帰宅が出来ました。

アジアの警察官は、日本とは違い味方になるとかなり手厚い扱いのVIP待遇になるので、次のタイ旅行もかなり楽しく過ごせる予感!


#警察の先導 #タイ #バンコク #白バイ先導 #パトカー先導 #これが本当のVIP待遇 #世田谷ハウス #保坂兄弟 #保坂学 #保坂耕司 #株式会社PLUS

↑このページのトップへ