ありがとう「神州無頼街」

ありがとうカンパニーのみんな。

みんなに会いたいよう。

会いたい。

無頼街に行きたいよう。

全部の公演…無事に終えられて本当に良かった。

こんなにも、スッキリと全てを出し切れた作品は無いかもしれない。

きっと、「当て書き」だからだなぁ。

あ、未だに、身体中痛いけど。(笑)

ぜんぜん治らない。。。(歳かな)

草臥。

当て書きをしてもらえた役。

自分のための役。自分のためだけの役。

企画を聞いた時、

ワクワクした。

心躍った。

そして、

プレッシャーが半端なかった。

自分のためだけの役。

生かすも殺すも、自分次第か。。。

当て書き=本人

では無いから。

果たして、自分に「草臥」を生かす力はあるのか。

昨今の状況下でのお稽古は、過酷だった。

マスクを付けてのお稽古。

苦しい。息ができない。

でも、喋る喋る動く動く歌う歌う。

マスクを付けてのお稽古。

表情が見えない。

相手の感情をもっと受け取りたいのに。

もどかしい。

でも、本当にカンパニーに助けられた。

みんなで力を合わせて、

想いを合わせて、

進んでいった。

足りないところは、いっぱい話し合った。

過酷でも、困難でも、

決して妥協しなかった。

誰一人諦めなかった。

なぜなら、

僕らは、ここに居られる喜びを、一番大事にしていたから。

「神州無頼街」、中止。

中止を経て、延期。

そして、2年経って、

ここに「居る」

心底嬉しかった。

稽古場は、そんなみんなのエネルギーで満ちていた。

飲みにいけなくても(笑)、

絶対この公演を成功させるぞ!という想いで溢れていた。

お稽古期間から、常に全力を注いでいった。

自分でも経験した事のない激しさ。

身体は悲鳴をあげるし、

稽古場の、最終通しの時に、喉を傷めてしまったのは、

怖かったなぁ。

怖かったし、情けなかった。

なにしてんだよ、、、って。

でも、いろいろ…して、なんとかして、

公演までに治して(そこはプロ根性)、

幕が上がった時の感動は、忘れられない。

だって幕が上がったんだよ?

ついに「神州無頼街」が始まったんだよ。

念願。

想いの結実。

そして…絶対最後まで。

本当に本当にみんなで頑張って、

ずっとずっと、みんなで気をつけて、最後まで来れたんだ。

自分たちで手繰り寄せた奇跡なんだ。

草臥。

面白かった。

当て書きってすごいよ。

ほぼ初めてだもんなぁ。当て書き。(コントを除く)

もう、「演じる」とかじゃ無いところまで、いけた気がするんだ。

当て書き=本人

では無い、と言ったけど、

俺から出る全てが「草臥」だ。ってところまでいけちゃったんだよ。

もちろん、本があって、

演出があって、

なんだけど、

それを踏まえて、咀嚼して、

俺から出たものは、全部俺の「草臥」だったんだよ。

「生きた」んだよ。

草臥の人生を、全力で「生きた」んだよ。

そこまでいけたんだよ。当て書きってすごいや。

でも、それは、

「当て書き」じゃなくてもいけるんだよな。

常日頃、自分は役の人生を「演じる」のではなく「生きる」と言ってるけど、

その想いは変わらないし、今までと一緒だけど、

さらに今回、

役者だから感じる、言葉では説明できないような「何か」を、掴んだ気がするんだ。

だから、

きっと、

これからの宮野は、もっとすごいよ(言うのはタダ)

なんか、久しぶりに、

想いのまま、

ダラダラ書いたなぁ。

ダラダラ喋っても、語り尽くせないくらい、

今回、特別なものをたくさん手に入れる事ができたってこと。

まだまだ、話せる事はいっぱいあるけど、

物語の解釈とか、

勝手に考えてた草臥の過去とか。例えば「父親」の事とかね。

他にも余白をたくさん埋めながら、舞台に立ってました。

あの舞台で発せられるもの全てが「本物」であるように。

あ、でも、話し尽きないので、もうやめときます。

とにかく言いたいのは、

「神州無頼街」、ありがとう。

僕にとって、特別な作品になりました。

という事で、

これからの宮野は、もっとすごいよ(2回目)

きっとね♪