月別アーカイブ / 2012年09月

ちょっと落ち着いてきたので、昨日の感想を、少し(^^)


みなさんから、たくさんの言葉をいただきました。本当に嬉しかった。ありがとうございました。
みんな、それぞれに胸に抱いた「想い」を伝えてくれて、ありがとうございました。



演じている僕は、
どんなことを思っていたのか。

辛かったです。
本当に幸せだった。幸せで幸せで、でも、辛かった。

ローズさんとたくさんお話しして、パパとママが居てくれて、ペギーブルーと出会うことができて、本当に幸せな人生だった。

そして、100歳になって、十二日間の人生を存分に謳歌して、死を目の前にしたとき、思ったことは、やっぱり、


「死にたくない」


でした。

苦しくて苦しくて涙が止まらなかった。

オスカーはきっと、「死にたくなかった」んだと思います。
もっともっと「生きたかった」んだと思います。



今、僕は、命あることに感謝し、自分の命を、大切に大切に生きようと、思っています。











笑顔で。みんなと一緒に……ね(^^)

2012091712450001.jpg
朗読劇
「100歳の少年と12通の手紙」

今、終わりました。

来てくださったみなさま、ほんとにほんとに、ありがとうございました。


今、まだ、胸がいっぱいで、言葉にできません。


ただひとつ言えることは、キャスト、スタッフ、お客様、
みんなと、あの時間を共有できたこと、

心から幸せに思います。

2012091621270001.jpg
明日は、朗読劇

「100歳の少年と12通の手紙」

の公演があります。


「朗読劇」という形でお芝居をするのは、初めてかもしれない…

ド、ドキドキする…。。。

この本は、
よりよく生きるにはどうしたらいいのか…、
「生きる意味」を、感じさせてくれます。

この本の主人公、オスカーから、僕も「今、生きていられることの幸せ」を、教えてもらえました。


観に来られない方も、「100歳の少年と12通の手紙」
是非、読んでみてください☆

観に来てくださる方…、

明日、是非、「命の輝き」を僕と一緒に感じてください…(^^)

↑このページのトップへ