昨日から始まったままがしSTORY  
ままがしLINEブログのフォロワーさんが2000人を超え、 
 
ままがしとしては勿論、 
あまりお伝えしていなかった
私、戸田星紗のことも知っていただこう。 
 
そんなことを思い、 
おもしろ可笑しく
ままがしの1/3世紀(?!)をSTORY調にしてお伝えしていく今夜は第2話め!! 
  
はじまりはじまり^ ^
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆ 
  
元ヤンでしょ??
 
20代の前半に出会った人には
なぜだかほとんどの人に言われていた言葉。  
 
まぁ、そう見えてもおかしくないよな 
とも思う心当たりも多々ありますが、
 
周りの大学進学した友達はとっくに
新生活スタートしている中、 
 
高校卒業してから約一ヶ月後、
めでたく専門学校に入学した春 。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3980.JPG
実は戸田家二女が
原宿の某有名美容院のスタイリスト
(この当時はまだアシスタントかな?)  
だったこともあり、  

色々髪をいじってもらうことがしょっちゅう。 

就活で一旦黒くしたものの、 
ほぼほぼ金のような色ですごした専門学校時代。  
  
お菓子の学校なのに、ありなの?!!!  
そんなゆるい学校なの??!!!

なぁんて思った方、手、挙げて♡ 
 
 
 

私の通っていた専門学校。 
 
その当時は
ほんとに個性豊かなメンバー揃い。

生徒一人一人の感覚を大切にしてくれている学校でもあり、
かなり自由と言えば自由だったのかもしれない。 
 
でも、  
みんなお菓子やパンが好きな子の集団。 

先生達も、 
プロフェッショナルな先生方が集まっていて 
実習は真剣。 
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3992.JPG
女子が圧倒的に多かったけど、  
男子ももちろんいました。
 
学ぶ時は学ぶ、遊ぶときは遊ぶ、のメリハリがすごくて、  

バス旅行も、運動会も、秋展も、卒展も 
 
みんなみんなほんとに真剣に取り組み、楽しかった。 
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3996.JPG
   
そんな中、
二日酔い の辛さを知り、 
酒は呑んでも呑まれるな  
 いう言葉を知ったのも専門学生時代。
 

そして、 
相変わらずバイト漬けの日々は変わらずでした ^ ^
 
24時すぎまで
六本木のカフェでバイトして、  

朝7時から弁当屋でバイトしてから学校。 
なんていう日々も。   
 
 何かしていないと気がすまない、、、 。  

この時すでに、 立ち止まることがイヤでもあり、 
 
思ったこと、気になったことは即行動に移す。
  
そんなことから、 
 
自由が丘駅前にいた甘栗屋のお兄さんがあまりにもツボにはいり、 
逆ナンしたこともありました。   
 
真夏のある日には、  
水平線を見に、、と 日比谷公園に集合し、
そのまま原付またがり 
千葉県の犬吠埼まで朝日を見に行ったのともありました。 

気づけばピアスの穴が両耳あわせて10個超えていたこともありました。
 

いっこ下の子たちと仲良くなり、   

ピアスの穴がどこまで拡張できるか?!  

 という無茶苦茶なことをしあい、
結果00Gの穴を手にいれたこともありました。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3998.JPG
(耳についている白いのが00Gのボディピアス。 
こんなぶっといピアスを耳つけてる時期が2、3年しばらく続いておりました、、) 
 
おかげで今も、『向こう側』が見える私の左耳。
 
そんなやりたい放題だった私ですが、

実は学校では  
成績優秀、 
先生からもとても可愛がってもらえる 
花丸印の優等生だったようです 笑。
  

向こうが丸見えのでっかい穴を耳にあけ、
ぶっとくてでっかいピアスをつけていた自分がいうのもなんだけど、 
 
根は真面目だった。 
 
 
、、、だからかな。 
 
今だったらなんてことないことも 
専門学校時代はひどく悩んでいた。
  
きっとその悩みと苦しさの反動が 
見た目、表面に現れていたんだと思う。  
 
あまり知ってる人いないけど、 
タバコも吸ってた。 

1mgのセイラム。
 ↑ここにも現れる、真面目さ 笑 
 
でも 
悩んでいる中でも笑うことは忘れなかった。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3943.JPG
止まることもしなかった。 
 
日本以外のお菓子や生活、人々、街、 
日本ではみれないものをみたくて、 

フランス、イタリア、アメリカにも飛び出した  
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3941.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3945.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3939.JPG
 
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3989.JPG
就職を考えたとき、 
 
東京を離れよう、と
神戸のお菓子屋さんにも行った 
 
バイトで貯めたお金で  
突然、神戸のお店みてくる!!と、
バスに乗って行く前日の夜。

父がお金の入った手紙をくれたのも 
今でも覚えているし、  
その手紙、今もまだ持っている。 
  

帰りの夜行バスの時間まで 
神戸港のイルミネーションを 
じっと座ってみていたのも覚えてる。 
 
でも結局、神戸にはいかなかった。  

自分の弱さと甘えが勝ってしまったから。
 
神戸という新しい地で、 
新しい道を歩み始めるのが急に怖くなってしまったから。。。
   

専門学校ですごく仲良くなった友達もいた。 
20歳の誕生日に色々なことがおこり、 
一緒に泣きながら 
わたしの高校の友達と一緒に 
夜な夜なお祝いもしてくれた。
 
たわいもない話をたくさんしたり、 
なんだかんだで一緒にいる時間も長かった。 
 
でも後期から徐々に彼女は学校に来なくなり
結果、 連絡もとれなくなってしまったのだけど
 
つい数年前、 
思い立って彼女の実家に年賀状を書いたことから
またほんのりとつながることができた。 
 
大切な人とのつながりは一度とざえたとしても必ず戻るんですね。。。 
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3981.JPG
はしゃぎまわっていた専門学校時代。  

もともと 
口は悪かったということにプラスして 
自分の中の、 
人にはみせることができない心の弱さが反動として現れ、 
強がってみせていた外見。
  

元ヤン(元ヤンキー)でしょ?   
 
って言われることが多くて
 
まさか、違うよーーーって 
笑って答えていたけれど、
 
今ならはっきり答えられる。 
 
元やんだょ。  

昔、やんちゃしまくっていたから
元やんだったんだょ
 
ってね^ ^
 
 
《ままがしSTORY ③へ続く、、、 》
 
☆========================= 
ままがしSTORY ①はこちらから 
======================☆ 
ままのわがままを叶えるお菓子で
オヤコの笑顔と絆を深める食卓へ

ままがし
☆=====================

ままがしSNS情報が1ページにまとまりました !!

こちらから見たい情報をチェック!!
ままがしmap
ままがしが日々発信しているSNSなどのURL情報をはじめ、レッスンなどの案内告知も集結したスペシャルページ
peraichi.com

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 
ままがしSTORYの感想など、  
LINE@でもおまちしてます♡    
 
ままがしLINE@ は、
LINEアプリを開いて、
@mamagashi (@を忘れずに!!)

または、 au以外はこちらから^ ^