え?!

ベーキングパウダーに  
○○○が入ってるの?! 

以前知り合いと話をしているとき
このことにびっくりされていたのですが、
 

○○○に当てはまる言葉、 
パッとでてきますか??? 
 
 
実は 
アルミなんです。 
 
ベーキングパウダーにアルミが含まれているってご存知でしたか、、、??


使う量も粉や砂糖、 
油脂に比べたらほんと微々たる量ですが

ベーキングパウダー、

様々なお菓子に含まれているので

日々知らず知らずのうちに摂取していることにもなるし、 
気になる方は気になりますよね。

 
でも安心してください♡ 

アルミフリーの 
ベーキングパウダーがちゃんと存在しているのです!! 
ちなみにままがしは 
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3949.PNG
こちらを使用しています。 
見たことありますか???   
 

これ以外でも最近は  

アルミフリー』と記載された 

ベーキングパウダーを置いている店舗がスーパーでも増えてきているように思います 

 

アルミフリーと記載しているものでも、 

ベーキングパウダーの内容成分はその商品によって様々なようです。 

 

 *************

詳しく知りたい方、気になる方は

比較  アルミフリー  ベーキングパウダー  

みたいに調べていただくと

わかりやすい説明がでてくると思います^ ^

************


じゃぁなぜ 
アルミフリーがよいと言われるのか??

これにもちゃんと理由があるんですょ😊
 

食品中のベーキングパウダー含むものはやはりお菓子たちに多いですよね? 

そんなお菓子たちをたべる機会の多い  子どもたち。 


ある調査によると、 

16歳の小児は

週間平均摂取量が他の年代に比べて 

一番多いとのこと 。 

 

ん???  どういうこと?? 

それってどれほどなの??  


となると思いますが、 


大人でいうと2mg/kg/が限度となっているところ

小児で平均0.8mg/kg/というレポートがあります。

 ちなみに、

大人と小児の、体の大きさ、 違いますよね。。。。

 

 アルミニウムによる害は実際のところ

解明されていないことがたくさん💦

 

でも、

腎臓に障害のある方、 

腎臓が未熟の乳児には 

神経障害の症状もでることがある

  

と、発表して書いているのもあります。  


「気にする、気にしない。 

摂る、摂らない。」 

 

は自由に選べます。

 

でも、ですよ。


摂らなくていいのであれば摂らないのが一番 !!

 

使わなくていいなら 

使わないにこしたことはないのですが、 

 

そんな小さな選択が 

ちょっとした身体への優しさにもつながり、 

発表されている色々な症状の 

予防にもつながっていくのです。


ただ、 

人って、病気になってからはじめて

あれを改善してみよう、 

あれが効果あるらしいから、とりいれてみよう 

という方がとても多く、 

実際、予防となると

中々実践される方は少ないと言われています。 

 

その理由は、 

 症状がわからないから 

その状態になっていないから 

危機感、必要性 を感じていないから。  


  

た、た、確かに、、、😱

身体の異変に気づいてから何か処置するってこと 

多いですもの、、、。  

 

それでは遅い!! 

ってことももしかしたら出てきてしまうかもしれないですよね、、、 😱



 予防医学という言葉があるように、  

予防って実はとても大切なことなんですよね。

 

選ぶ目をみにつけそして自身で選択する。

 

たかが材料選び、 されど材料選び


そんなことが頭の片隅にあると 

材料を選ぶ時の選び方も変わっていきますし、

身体にとっても、心にとっても、 

この先の未来にとっても 

優しい一歩となりますよね^ ^ 

 

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3622.JPG

 

=====================☆
ままのわがままを叶えるお菓子で
オヤコの笑顔と絆を深める食卓へ

ままがし
☆=====================

ままがしSNS情報が1ページにまとまりました !!

こちらから見たい情報をチェック!!

ままがしmap
ままがしが日々発信しているSNSなどのURL情報をはじめ、レッスンなどの案内告知も集結したスペシャルページ
peraichi.com

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::