Nuitとの出会いは
太田くんから
世治と参加した高円寺AMP CAFEでのライブの打ち上げで挨拶されたのがきっかけ。
「アンダーフラワーのコンピで競演してるんです」と
25年前のネタを出されて興味を持たないわけがない。
名刺を渡され後日調べてみたところ
90年代渋谷を感じさせるメロディーにどシューゲサウンド…と。
出会いも面白いし…話そうよ!と
彼の地元まで訪ねていきました。

作業で詰めていたこともあり自分の出身地とそう離れていないその街に一旅したいなとこれもあえてこちらが動くことに(もちろんそのツアーにラーメンというオプションも添えた)。
彼がブログでも書いているように彼からすれば酔った勢いでの挨拶が急展開なわけだけど俺も人生においての出会いや流れ、勢い…そんなものを常に感じていたい。

その勢いや俺が興す渦(実は太田くんが渦のきっかけを作ってるわけだけど)に共鳴してくれた時の力…そんなものを信じてるな。

いろんなタイプの人たちと接してきたけど
一緒にやれるな…と思える人はやはり最初の一歩目でわかるというか。
求めている成果に対してどれだけ貢献できてるのかは知らないけど
何かは伝えることができ
その人たちなりの誇れる作品が作れ
次の一歩を踏み出すために…
と思ってやっている。

踏み出した一歩に耐えきれず引導を渡すという結果になることもある。
制作がきっかけで空中分解なんてことも多く見てきた。
今日雨中の西村が「五味さんは踏み絵」と比喩した…
Chartruexのneco★から解散の報告を受けた…

それでも作品は残るんだよね。