The Pains of Being Pure at Heartの来日公演のオープニングアクトが決まり
こりゃ特訓だぁ!とリハーサルスタジオに顔を出した際に聴かされた
このミニアルバムに収録されることとなる新曲たち…
確かSherbetとDear Heartだったかな。

「もうシューゲイザーじゃねえじゃん、笑」

透明感溢れるギターポップ
パワーポップでキャッチーな
それぞれ特徴を持つ2曲。

元々のcattleの魅力はヒヌマの切なくもポップ感溢れるソングライティングと歌詞のキャッチーな言葉選び
そしてその特徴にベストマッチなサオリの甘酸っぱい声質。

前作Somehow here songsでもシューゲイザーサウンドではありながら歌が前に出るようなサウンドメイクをあえてしたわけで。

シューゲイザーとのマッチングはもちろん良いが
90年代香り漂うUKギターポップ
USオルタナ、パワーポップ
との相性も抜群。

サウンドP担当の俺からしてもどれもどストライクでリアルタイムで影響された時代のものたち。

RIDEの名曲もこんなことしちまいやがってなパンキッシュなパワーポップに。

「シューゲイザーイチ抜けた」の象徴的な出来栄え。

ペインズ、スコリバのOA、シアトルJigsow Recordsからのリリース、台湾公演と。
策士ヒヌマの野望はとどまるところを知らず、念願の1つ自らレーベルオーナーにもなった。
夢をひとつずつ、だが着実に実現化してきたね。

00、10年代の彼らの感性も相まってカラフルなおもちゃ箱のようなミニアルバムが完成した。

女子会と称してのサオリ、のめことの男子抜きな(その日俺は20代女子になる)メシ会を定例化しつつ…
その間にめぐらす策士ヒヌマの次なる野望を楽しみにしていよう。

-以下ヒヌマオーナーからのコメント-

ガールズギターポップ感はまるで、Talulah Gosh、Go Sailor…
切ないメロディーはまるで、Weezer、Teeage Fanclub…
疾走感はまるで、Superchunk…。

策士ヒヌマ…と書くと誤解されるかもだけど前記した夢の実現は策士が策をめぐらせ掴んだわけではない。

00年代ニューヨーク結成のドリームポップバンドにだって、90年代泣き虫ロックのグラミー賞受賞バンドのフロントマンにだって

ただのグッドメロディーが、ただのグッドサウンドが、ただ求めていた人々に届いた…それだけ。

至ってシンプルな理由だと思っている。


_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0647.JPG

cattle / Slow sailor
Release Data : 2017.5.24
TESTCARD RECORDS
¥1,500 + tax
1.Sherbet
2.Dear heart
3.Twisterella
4.Within your reach
5.Slow sailor




_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0598.JPG