月別アーカイブ / 2015年12月

2015年を振り返る時に最初に触れなければならないのが年始におこったマムのことなのだけど
新年早々に一周忌を迎えるのでその時にまた詳しく書ければと思う。
マムがいない生活にもずいぶんと慣れてきたこと
不定期に思いついた時にマムに会いにいくという新しい楽しみができたこと
それも2015年であった。


50歳をむかえたこと。

父親が49歳でこの世を去ったわけだから
ついに年齢的に親父を超えた。
父親が長く生きてくれていれば子としてそれを見ることで歳を取っていくということが理解できたろうが
俺にはそれがない。
故に今後は覚悟なく年齢だけが重ねられていくのだろうか。
変に先回りしてリミッターがかからないか…と考えればそれもメリットとも思える。
そう、今年は節目の50歳だったのでキャラにも似つかず生誕祭なるものを企画してもらい多くの人に祝って頂いた。
これは本当に良い思い出になっている。



そしてマムの件、節目の50歳をむかえた件が重なったがために
念願だったローマとナポリへの旅も実現できた。
あの一週間あまりの記憶は今も鮮明に体内の細胞すべてに焼きついている。
帰って来ればやはりやり残したことが気になりだして…
今度こそは風化する前にまた訪れたい。


P業ではaprilapril、NORE、Cattleを世に送り出し、また、いしばしさちこのアルバムとイケダツカサの2ndアルバムも携われた。
アップしたがリリースが来年になるアーティストが3組
制作過程のものも3組と
こちらは順調だったが
W杯イヤーでもないのに自身の作品は出すことができなかった。

来年はZEPPET STOREのデビュー20周年ということもあり
珍しく早めにメンバーが集まり色々アイディアも蓄積されてきている。
こちらのほうも何かと忙しいことになるだろうし
どこまで具現化できるかも未知数であるが集中してこなしていきたい。
ソロ化宣言をしたsphereであったり(宣言だけで何も進められなかった)時間と気持ちが折り合えばwipeも…と、野望は抱いている。

歳の取り方を知らないうちに(体のガタは日々感じてはいるが)…進めていきたいと思う。

今年もありがとう。
来年も楽しみましょう。

ZEPPET STORE Tour Recollect 2015 ファイナル東京公演、無事終了しました。

短い東名阪の3本だけなのにその中でもバンドは成長をするっていうことを改めて感じられる…そんなツアーでした。

そして…
アンコールでのパートシャッフル。


楽しすぎました。

ドラム担当のバネとボーカル担当の俺は
実は本編始まる前の楽屋の時点でも
頭の中はそのことだらけで…

俺はSE後の「ハロー!」をずっと練習していたのに
いざSEを合図で止めて
「ハロー!」と言おうと思った瞬間に
(な!マイクの位置直してねぇ、高っ…)みたいな、笑。

俺がいた頃の木村世治は
実は今のようにステージで動き回るタイプのフロントマンではなく
再結成後のライブの直後の楽屋で
ステージから戻って来ると
「ぜ〜ぜ〜」と
常にすべてを出し切る
肉体派アスリート系パフォーマンスをするボーカリストとなっていたのだけど

昨日、あのセンターから見た風景でその謎が理解できたわけです。

俺も木村キックを連発したくなるわけさ。

そんなせいじは今日もライブ、偉いなあ。

俺の体?
はい、たった1曲だけなのに近年稀にみるバキバキです。

↑このページのトップへ