月別アーカイブ / 2013年03月

このたび、sphereの初代Vo中條有紀の作品をプロデュースさせてもらいました。
彼女との出会いは…もう8年前?彼女から渡されたデモCDがきっかけで
sphereは俺と彼女のユニットとして船出しました

3年前に彼女は地元新潟に帰ることになり
sphereは現在のラインアップでの活動となりましたが
(とはいえずいぶん止めてる…な)
彼女と作った2枚のアルバムはハード/ソフト両面において
現在の制作スタンスを培うことができた思い出深い作品でもあり
自分にとってもチャレンジした作品でした。

今回、最初のオファーはもっとライトな内容でしたが
彼女も環境が変わり出力される内容も当時とは変化はあるだろうけど
あの当時のシンクロを再び…とこちらから全体のコーディネートを提案しました。

彼女もご多分に漏れず
俺が知りうるボーカリストはみな自己を見つめ内面をさらけ出す生き物。
その本質がどこまでシンクロできるかはわからないけど
俺なりに付き合うのがパートナーとしての役目です。
まあギタリストというのはそれでも自分が主役
(あるいは次元大介のように主役を食うぐらいの脇役として)
と勝手に思っている生き物なのですが
今作ではアレンジにおいて一切ギターは弾かずに
トラックを構築しsphereとは違うアプローチをしています。
内面の希望と闇は実は誰もが持っているもので
それらを生活の中で触れるか否かをピュアであるが故に選んだ
…彼女の歌を聴いてみてください。

nakajo_sunpillar_JK.jpg

■アーティスト: 中條有紀
■タイトル: sun pillar(サン・ピラー)
■発売日:2013年5月22日(水)
■ジャンル:J-INDIES / POPS
■品番:ZCST-015
■税込価格:1,680円 / 税抜価格:1,600円
■BLOG:http://himesphere.exblog.jp/
■曲目
1. dolls / 2. full moon / 3. Interlude#1 / 4. April
5. 陽は翳ることなく / 6. Interlude#2 / 7. 虚空の海

和製シガー・ロス!!!
新潟在住のシンガーソングライター「中條有紀」。
ZEPPET STORE五味誠プロデュースによりデビュー。
まるで映画や絵本を観ているかの様な【幻想的な世界】へご招待。

■プロフィール
新潟県三条市生まれ。
大学在学中に、
突然降って湧いたかのように歌い手になることを決意。
何の気なしに録ったデモテープが、
ZEPPET STORE五味誠に渡り、
五味氏と共に、サンプラーやVJを取り入れた
シューゲーザーバンド「sphere」を結成する。
初代ヴォーカリストとして都内を中心にライブ活動をし、
2007年に1stアルバム、2009年には2ndアルバムを発表。
アルバム発表直後、体調不良により帰郷。
ソロシンガーとして地元新潟県を中心にライブ活動を続ける。

■タイトル【sun pillar(サン・ピラー)】の由来
特に寒い地域の厳冬の時期に、空から神様が降りてくるかのように、
垂直の光が指す不思議な自然現象。
冬という季節から連想する、永い眠り、悲しみ、孤独、待ちわびる思い。
でもその反対にどこまでも透明で、凛としていて、白い。
極寒の中にあって、きらきらと溶け出す雫や、
弱いけれども穏やかな光の存在を表現。


Makoto Gomi

ZEPPET STORE

東京酒吐座 Tokyo Shoegazer

wipe

sphere

TETRAHEDRON

すでに昨日発表されましたが
3.11、下北沢CLUB251にて開催予定でした
ZEPPET STORE TOUR “COME AND GO”
の追加公演を延期とさせていただくことになりました。

-----
1週間程前からVo&G木村世治が背中の激痛を訴え、
医師の処置を受けながら、公演に向けて体調の回復を待ちましたが、
LIVEを行うことができる状態には至らず、誠に残念ではございますが、
3/11に予定しておりましたZEPPET STORE TOUR "COME AND GO"
下北沢CLUB 251公演を延期とさせていただくことにいたしました。

振替公演に関しましては、木村の体調の回復を待って
追ってお知らせさせていただきます。

現在お手持ちのチケットは、そのまま振替公演に有効となります。
また、ご都合のつかないお客様には払い戻しの受付をさせていただきます。
払い戻しの際にもお手持ちのチケットが必要となりますので、
チケットは必ず保管くださいますようお願い申し上げます。

払い戻し方法など、詳細につきましては振替日程が発表になり次第
ZEPPET STOREオフィシャルサイト及びZEPPET STOREブログ、
下北沢CLUB 251web,Twitter,FACE BOOK等でお知らせ致します。

公演を楽しみにしていただいた皆様には
ご迷惑をお掛けいたします事を深くお詫び申し上げます。

2013.3.8
ZEPPET STORE メンバー&スタッフ一同
-----

この追加公演は公演日時も3.11ということで

震災とそれに対する復興支援ということがきっかけで
再結成、アルバムリリース、ツアーという流れ自体が始まりだったので
「ツアーでまずは一区切り、その後のことは以降考えていこう」
という当初の目標から逸脱してもやるべきと
メンバー全員が楽しみにしていたものでした。

もちろん一番楽しみに、大切に思っていたのは世治本人で
この決定に際しても一番粘っていたのも彼でした。

電話の向こうでは
関係各位や何よりファンのみなさんに対して申し訳ないという焦りと
それでも身体がいうことをきかないジレンマを十分に感じさせていました。

長い付き合いだけどあんな声もそうは聞けんだろう。
長い音楽人生、いろんなことがあるさ。

世治には休んでもらいながらも
止まっていませぬ宣言どおりに
ZEPPET STOREは今後も見据えております。

振替公演の詳細決定をお待ち頂きながら
ライブ音源のリリース情報も近いタイミングで出来ると思っていますので
引き続き宜しくお願いします。

昨日もバネとメールでやりとり。
新譜の相談。
最近俺がVAN HALENに当時を懐かしんではまってるので
次作ではダブルライトハンド奏法をかまそうぜ!…と。
俺が東京酒吐座への加入が決まった際に
バネとは「じゃあ二人で○ヶ○(←うちの地名)メタルやるか?」などと話してたので
バ「それは○ヶ○メタルだろ?」
ま「いいんです!」
みたいな冗談いいながら進めてます。


Makoto Gomi

ZEPPET STORE

東京酒吐座 Tokyo Shoegazer

wipe

sphere

TETRAHEDRON

↑このページのトップへ