月別アーカイブ / 2012年12月

自分がサウンドプロデュースしました
2013年1月23日発売のalcanaの1stアルバム『newdays』から
リード曲『newdays』が試聴できるようになっております。

彼らとは以前から距離も近く
2nd mini album『lazli』を
自分のレーベルであるTETRAHEDRONから出したあたりからの仲。
元々メンバーそれぞれがご存知のように
キャリアを重ねている腕利きのミュージシャンなので
プロデュースさせて頂く前から傑作は確信していました。

そんなわけで俺がやったのは
alcanaとはなんぞや?…をメンバー各自に意識してもらうこと。
当然、俺よりメンバー間のほうが
自分から見た他者を理解しているわけですが
その目線のさらに先にある
「4つの個性の集合体であるalcana、そのアイデンティティ」
でありました。

偉そうな言い方しましたが何もやってません(笑)。
いや、もちろんミックスもやっているわけだけど。

alcanaサウンドの最大の魅力が透明感であることは
言うまでもありません。
俺という異分子が混ざることで
本来持つそれぞれの音の粒子が更なる反応を繰り返し
透明感が際立った…そんなアルバムに仕上がりました。

なのでメンバーからすれば
一緒に作業したはずなのに
五味誠の痕跡が見当たらず
純度の増したalcanaサウンドだけが残っている
…そんな印象かも知れません(笑)。
なんかかっこいいなー。

8g、ZEPPET STOREのセルフプロデュース、そしてalcanaと
怒涛の3アイテム連続リリースとなります。
それぞれまるで違うサウンドアプローチをご堪能ください。





http://www.youtube.com/watch?v=RYVEGgME2pM


Makoto Gomi

ZEPPET STORE

wipe

sphere

TETRAHEDRON

ゼペットブログもあるので更新頻度が怖ろしやの自分のブログ。

hideさんの誕生日パーティーの打ち上げにて
同い年、同郷であるPATAくんと意気投合。

最初は「PATAさん」と切り出したが
ぱ「さん付けはやめよーよ」
ま「でもいきなり呼び捨てもなー」
ぱ「俺も…くんは取りづらい」
ま「ではPATAくんでいくよ」
ぱ「そだね、そのうちすぐ(くん…も)取れるw」
とゼペットでは俺だけ少し年上で
みんなが「○○さん」って呼ぶので
いつもスタートがめんどくさい部分もあったりする。
世治もバネも中村くんも
そんな俺らを見ながらニヤニヤ。
ま「キミたちPATAくんに接するように俺にも接しなさい」
一同「今更無理!」だそうだ。

同じ時期に同じように音楽を聴きはじめ
同じ人と関わり
hideさんの話、沢田泰司の話はもちろん
自分たちのルーツの話や
あの頃ってあーだったねーという懐かし話をたくさんした。

楽しかった。


P2012_1209_000310.JPG


Makoto Gomi

ZEPPET STORE

wipe

sphere

TETRAHEDRON

↑このページのトップへ