月別アーカイブ / 2011年06月

本日から
iTunesや大手配信サイトにて
sphereの1st album "Echo and Narcissus"が
2nd album "Separation and Diffusion"と同様
購入できるようになりました。

もちろん"syvyys"も7/13から配信での購入も可能です。

んなわけで


sphere "syvyys"
M-3
「Havis Amanda」



いしばしさちこのフィンランド旅行の話から
次作のテーマを決め
フィンランドに対するイメージと聞かれて
ムーミン谷の住民たちの話をするほど
ロマンチックではない俺が思い浮かべたのは
20年以上前におねえちゃんと
お洒落に渋谷の単館放映で観たタイトルも思い出せない
(ついでに言ってしまえばおねえちゃんが誰なのかもなのだが)
映画であった。
調べた結果その映画は
「Night on the planet」であり
DVD購入後の確認でフィンランドとはいえ
その街並みがチラッと出てくる程度のもので
さらにいしばしさちこの旅行も中止になったが
完成した曲は新生sphereには欠かせないものとなった。

俺のギターはひたすら歪ませ
ひたすら白たまだが
一発一発に込めるため演奏していて意外と楽しいのだ。

この曲まででこのアルバムでの俺の脳内スカンジナビア旅行は終わる。

下の地には未踏だが
先日のロンドン旅行の際上空を通過した。
搭乗座席のモニターに映るナビゲーション画像では
想像力は駆り立てられないが
窓から見下ろす風景は街などもなくただひたすら森林が続く。

あ、ノルウェーの森だね…ひとりニヤリとする。

西洋の人にとって
我々アジア人や文化そのものの見分けがつかないのと同じに
彼らがフェンニ人かノース人か
スヴェーア族かデーン人かの見分けはつけずらい。
まあ、大方先祖はヴァイキングなんだろうけど…なんて書いてしまえば
ロンドンの入国審査官がサムライ・ランゲージを披露するよと
「オハヨウゴサイマス」と叫んでいたのとそうちがいない。
それでも世界のサッカーを観れば
フィンランド人もノルウェー人もスウェーデン人もデンマーク人もそれぞれの特徴をみてとれる。
おそらく狩猟民族とひとくくりにしても狩りの仕方も様々だったのだろう。
そんな民族間の特徴を平らにしたのも宗教観…なんだろうな。

余談だがVirgin Airの機で出たバジルソースのペンネは
「2001年宇宙の旅」に出てくる宇宙食以上にショッキングな色合いの蛍光グリーンだが
味はなかなかいけていた。


syvyys


sphere 3rd album "syvyys"
2011.7.13 on sale!
1.Topography of the White Sea
2.Balaenoptera Acutorostrata
3.Havis Amanda
4.The sunshine filtering through foliage
5.Impression, soleil levant
6.The forgotten planet
7.Flame color
8.Hope

DQC-732 2,520円(税込み)




sphere official websiteリリース情報ページへ

携帯はこちら

2011年 7月22日 レコ発イベント開催予定!
■日程
2011年7月22日(金)
■場所
下北沢club251
■出演
sphere / alcana / ZeZeZaZa / 忘レ敵
■チケット
sphere お問い合わせフォームにて予約承ります。
■問い合わせ
sphere official website contactより


Lemon's Chair presents [JAPAN SHOEGAZER FESTIVAL 2011]
■日程
2011年7月9日(土)
■場所
高円寺HIGH/AMPcafe
■出演
[AMPcafe STAGE]
lily of the valley / moskitoo / swimmingpoo1 / shelling / たなかけん(百景)
[AMPcafe STAGE]
sphere / cruyff in the bedroom / Lemon's Chair / texas pandaa / Aureole / 死んだ僕の彼女 / SPEAKER GAIN TEARDROP / 少女スキップ / sugardrop
■open / start
12:00 / 12:30
■adv. / day
¥2000 / ¥2500 (+1drink500yen)
*東北地方・福島県より御来場の方は入場無料(要1DRINK ¥500)
■チケット
sphere お問い合わせフォームにて予約承ります。
■問い合わせ
sphere official website contactより
高円寺HIGH (TEL:03-5378-0382/MAIL:info@koenji-high.com)
■主宰:High Fader RECORDS
協力:Only Feedback Record/残響RECORDS/TETRAHEDRON Records/happyprince/novelsounds/kilk records/see recordings/neiro


http://www.spheresongs.com/

http://www.tetrahedron-r.com/

http://igoagainstslider.com/

http://makotogomi.net/

sphere "syvyys"
M-2
「Balaenoptera Acutorostrata」


バンドのリハ中の休憩時間に
別のバンドのアイディアが思い浮かび
それを口に出し他のメンバーから
「いいんじゃない(どーでも、関係ないし)」という
リアクションを頂きながらも妄想が膨らむのは
それぞれの活動が刺激を与えながら
相互作用し合うという理想的な状態なのである。

wipeのリハ中にsphereに想いを馳せ想像を膨らませた
「気がつけば、俺、組曲作ったことないね」というアイディアを
現実にするためこの曲を完成させた。

新生sphereの持つ透明感や
以前よりは小難しくなくなった要素を内包したまま
さらにスカンジナビア辺りというシバリを含めての取り組みは
自己の予想よりもあっけらかんと短時間で排泄された。
15分ぐらいという理想もクリアした制作時にたまに訪れる奇跡を
マムスタで独り噛みしめ「さあ、形にしよう」とメンバーに突きつけた。

sphereの制作全体ににおいて心がけているいくつかのシバリの中に
「ライブでの再現性」というものがある。
レコーディングでいくら鍵盤を使用していようが
同期という名のカラオケ再生はやはりロックバンドとして抵抗を持つ。
RUSHのGeddy LeeやAlex Lifesonよろしく
足元のペダルシンセにてのサンプル演奏にこだわる理由もそのためだ…演奏するのはキヨシだが。
もっかライブ用のリハもこの曲に取りかかっている。どう再現されるか楽しみだ。

この曲は三部で構成されているが
スカンジナビア周遊という意味では
M-1"Topography of the White Sea"とM-3"Havis Amanda"とも連なり3曲での五部構成とも言える。

いしばしさちこが描いたこの物語
は親子の話と認識している。
ミンククジラが生態系的に置かれている不幸と合わせて聴いて頂ければ切なさは増すばかりだ。


syvyys


sphere 3rd album "syvyys"
2011.7.13 on sale!
1.Topography of the White Sea
2.Balaenoptera Acutorostrata
3.Havis Amanda
4.The sunshine filtering through foliage
5.Impression, soleil levant
6.The forgotten planet
7.Flame color
8.Hope

DQC-732 2,520円(税込み)




sphere official websiteリリース情報ページへ

携帯はこちら

2011年 7月22日 レコ発イベント開催予定!
■日程
2011年7月22日(金)
■場所
下北沢club251
■出演
sphere / …etc.
■チケット
sphere お問い合わせフォームにて予約承ります。
■問い合わせ
sphere official website contactより


Lemon's Chair presents [JAPAN SHOEGAZER FESTIVAL 2011]
■日程
2011年7月9日(土)
■場所
高円寺HIGH/AMPcafe
■出演
[AMPcafe STAGE]
lily of the valley / moskitoo / swimmingpoo1 / shelling / たなかけん(百景)
[AMPcafe STAGE]
sphere / cruyff in the bedroom / Lemon's Chair / texas pandaa / Aureole / 死んだ僕の彼女 / SPEAKER GAIN TEARDROP / 少女スキップ / sugardrop
■open / start
12:00 / 12:30
■adv. / day
¥2000 / ¥2500 (+1drink500yen)
*東北地方・福島県より御来場の方は入場無料(要1DRINK ¥500)
■チケット
sphere お問い合わせフォームにて予約承ります。
■問い合わせ
sphere official website contactより
高円寺HIGH (TEL:03-5378-0382/MAIL:info@koenji-high.com)
■主宰:High Fader RECORDS
協力:Only Feedback Record/残響RECORDS/TETRAHEDRON Records/happyprince/novelsounds/kilk records/see recordings/neiro


http://www.spheresongs.com/

http://www.tetrahedron-r.com/

http://igoagainstslider.com/

http://makotogomi.net/

今回からアルバム発売前後にまたがり
不定期であるが収録された曲たちを題材に書いていく…
が、恒例のセルフライナーノーツもつまらないし
制作当初に度々書いてこのブログに掲載しているものもあるため
「まつわる」話という感覚で再考した。


sphere "syvyys"


M-1
「Topography of the White Sea」


この曲が示した世界観が
続く"Balaenoptera Acutorostrata"と
"Havis Amanda"を生みアルバム全体…
つまり新生sphereの方向性を示唆したという意味でも
アルバムのオープニングに相応しい。
ライブでもオープニングでよく演奏する曲だ。

タイトルで物語るWhite Seaは
ロシアに広がるバレンツ海にある湾である。
歌詞がいしばしさちこからあがってきたあとで
響きとして「sea」の前に「white」を聞きたくなって
リクエストしたことに端を発する。
「海」と聞けば「夏」を感じるしかない想像力の乏しさが
sphereのイメージに当てはめる作用を求めたのだ。
結果としてアルバム全体を覆う「夏に聞いて涼しいアルバム」にも繋がったし
当時彼女が予定していたフィンランド旅行に合わせて着手していた
(結局中止になったようだが)"Havis Amanda"で歌うバルト海と共に
スカンジナビアの付け根を挟み
双方を対にしスカンジナビア辺りを
サウンド的に周遊することにもなった。

TopographyはYESの「海洋地形学の物語」のオマージュでもあるが
ラテン/ギリシャ語起源のおかしな響きがタイトルにほしかった。
2曲目の""と合わせて「何語よ?」と突っ込み入れてくれれば幸いだ。

ゼペットやwipeでは箇所ヶ所では使用していたが
曲全体には及ばせなかった無調的な進行は
DROP以降はよく使うようになった。
このアルバムでも随時登場する。

7月末に配信リリースされる
NOBARAの作品のリミックス案が決まり着工するにあたり
奇跡的にもこの曲のBPMと同じということもあり
りゅうのドラムをそのままリミックスに使用してキヨシに怒られた。


syvyys


sphere 3rd album "syvyys"
2011.7.13 on sale!
1.Topography of the White Sea
2.Balaenoptera Acutorostrata
3.Havis Amanda
4.The sunshine filtering through foliage
5.Impression, soleil levant
6.The forgotten planet
7.Flame color
8.Hope

DQC-732 2,520円(税込み)




sphere official websiteリリース情報ページへ

携帯はこちら

2011年 7月22日 レコ発イベント開催予定!
■日程
2011年7月22日(金)
■場所
下北沢club251
■出演
sphere / alcana / ZeZeZaZa / 忘レ敵
■チケット
sphere お問い合わせフォームにて予約承ります。
■問い合わせ
sphere official website contactより


Lemon's Chair presents [JAPAN SHOEGAZER FESTIVAL 2011]
■日程
2011年7月9日(土)
■場所
高円寺HIGH/AMPcafe
■出演
[AMPcafe STAGE]
lily of the valley / moskitoo / swimmingpoo1 / shelling / たなかけん(百景)
[AMPcafe STAGE]
sphere / cruyff in the bedroom / Lemon's Chair / texas pandaa / Aureole / 死んだ僕の彼女 / SPEAKER GAIN TEARDROP / 少女スキップ / sugardrop
■open / start
12:00 / 12:30
■adv. / day
¥2000 / ¥2500 (+1drink500yen)
*東北地方・福島県より御来場の方は入場無料(要1DRINK ¥500)
■チケット
sphere お問い合わせフォームにて予約承ります。
■問い合わせ
sphere official website contactより
高円寺HIGH (TEL:03-5378-0382/MAIL:info@koenji-high.com)
■主宰:High Fader RECORDS
協力:Only Feedback Record/残響RECORDS/TETRAHEDRON Records/happyprince/novelsounds/kilk records/see recordings/neiro


http://www.spheresongs.com/

http://www.tetrahedron-r.com/

http://igoagainstslider.com/

http://makotogomi.net/

↑このページのトップへ