月別アーカイブ / 2010年08月

一週間ぐらい前からマムの食欲が極端に落ちて
それまでの1/4ぐらいしか食べなくなっていた。
飼い主同様に「食うこと」以外に何が目的で生きている…という感じの
飽食の時代の申し子のようなその生き様に
突然ブレーキがかかったのである。

尋常ではない不安感を覚えた俺は
猫マスターしぶじゅんにメールで相談したり…した。
他の意見も一様に「医者に連れて行け」という。
コロンに薦められるがままに駒沢のとあるどうぶつ病院を予約する。

お出かけ自体、人生に数度のみの経験のマムをハウスに押し込み
車を飛ばし説明された病院の扉を緊張しながらも開いてみた。

症状などを説明したが
「牛乳は昔から大好きでこんな状態でも相変わらずに喜んで飲むんです」
という俺のセリフで獣医は「夏バテだな…」と答えを導き出した様子であった。
「栄養剤を注射しましょう」…「それと」
「一応念のために血液を採取し検査をする?」と聞かれ
せっかくのタイミングなのでということもありマムは拘束衣を着せられることになった。

筒状の袋のような姿のそれにマムを押し込み背中部分のファスナーを閉めると
エスパー伊藤がカバンからの脱出をするかのように
その拘束衣からアタマだけが顔を出す…文章がへんだな。
いつもの愛くるしい顔はどこへやら…
「不安っす」という感じで誰とも目を合わせず「ぶすー」っと正面のみを見据えている。

4つの足の部分には小さいファスナーが付いていて
注射を打つ足だけをそのファスナーの小窓から出す。
「血管がなかなか見えにくいねー」ということでバリカンで毛を剃られ
注射針を一気に挿していく…悲鳴にもならない…普段聞いたこともないような声を出し
マムの体格からすれば、これ人間に例えればどんだけの量よ?…と思うぐらい
大量の栄養剤がか細い(であろう)マムの血管に流れていく。
同様に血液も採取して「すぐ検査結果でますから…」という。
錠剤も1粒飲まされたがその飲んだか飲んでないかもわからないような
その獣医の鮮やかな手さばきにマムが「キョトン」とした瞬間はいつものマムを感じられ
嫁と看護婦女史とで笑いを誘っていた。

検査結果は至って健康…やはり夏バテであろうという。
その錠剤は食欲を誘発するらしく「これでちょっと様子をみましょう」ということであった。

生涯最大のショッキングな出来事を乗り超え
車中、ハウスの中のマムは徐々に穏やかさを取り戻し
クスリのせいもあるのかそのままうたた寝する勢い。
帰宅後さっそくいつものサイエンスダイエント・ヘアボールコントロール・シニアを
これまたいつもの量だけ皿に用意してみる…
食べる…食べる(笑)。

まだまだ安心は出来ないがその後の二日間、食欲は元に戻った。
ところがどこかいまだに元気がなく感じる…もう13歳と年でもあるし
マムの受けた病院でのトラウマはしばらくとれないのであろう。
それにこの夏…人間でさえバテるのだ。

それにしてもこの拘束衣
「羊たちの沈黙」のハンニバル・レクターが着ていたものと同様に生成地…なのである。
おそらくなんの悪気もないのは重々承知のつもりなのだが…
もちょっとかわいくしても良いのではないか。

拘束衣といえばQuiet Riotがランディ・ローズの不幸の直後に
以前在籍していたバンドとして急にスポットライトを浴びた。
『METAL HEALTH』はバカ売れしたがあのジャケットも確か拘束衣。
『Cum On Feel The Noize』のPVはそれこそ飽きるぐらいに電波で流れたわけだが
ルディ・サーゾのベースの弾き方がかっこよく…ウチの…
ARKのベーシストもよく真似をしていた。

ふーー、音楽の話で終われたぜ。


http://www.spheresongs.com/

http://igoagainstslider.com/

http://makotogomi.net/

http://www.tetrahedron-r.com/

もう1つ

wipeのライブが9.25に控えている。

残り1ヶ月弱で新曲を3曲。
前回演奏できなかった名曲たちも…なんて考えているので
中西智子はなかなか大変であろうが…きっとやる子でしょう。
業務連絡:3曲目素材は来週あたまには送るよ…。

「新曲、データで、送るよ」
「前回のリハのテイク、データで、送ってよ」

「リミックス素材、トラック別にして、データで送りました」
「リミックス、完成したよ、データで、送るよ」

なんて便利な世の中になったのだろう。

昔はマルチトラックの素材なんか
もう怖くて持ち歩くのも忍びないどころか
空気に触れさせるのにも抵抗があったり…
そこまで神経質になる必要はないのだけど
そういう精神で臨んでしまうというか…
そうまさに聖域というのが相応しい。
聖杯を高らかに掲げる…がごとく
マルチトラックマスターテープを運搬したものである。

それが今や「送ったー」なんて感じでお手軽に扱えるご時勢。

バックアップを取るのもお手軽…
そりゃサウンドもお手軽になるわけだ。

物事にはすべて長所・短所が表裏一体なわけだが
聖域・聖杯のごとくの精神は忘れないよう心がけよう…と
自分の意識を再インストールした。


wipe

2010 9/25日(sat)
Zher the ZOO Yoyogi
『ALTER-MUSIC』  
act:WIPE/CATSUOMATICDEATH/mother fall asleep
adv:¥2,300 day:¥2,500(without1drink)
TICKET:・店頭販売・ローソン(L:77678)・e+


http://www.spheresongs.com/

http://igoagainstslider.com/

http://makotogomi.net/

http://www.tetrahedron-r.com/

緊急参戦@TOKYO BOOT UP! 2010

知人が薦めてくれての参戦。
ショーケース的なものへの出演といえば
ZEPPET STOREのUS一発目のLAのVapor Roomが…確か
ショーケースっぽいやり方だった…っけ?

そう本場では自分のことを自分で売り込むのは当たり前だった。

ライブの前後いろんな人を紹介されて…とはいえあちら英語で
こちら「I can't speak English.」なわけです。
時にプロモーター側が用意してくれた通訳譲を交えながら
時には片言すぎる英語で応対したのだが
KISSやDavid Bowieを売ったというウォーホール似のおじさんや
俺のギタープレイを熱く語るキッズや
(基本絶賛してくれているのは理解したが
そのくせいちいち「Jap!」と入れるのはムカついた)
「ふー、疲れたぁ」と一息ついているとレーベル・ボスのオリバーの奥さんが身重で
「おいおいジェントルマン。Ladyが来たら起立だろ」と席を譲ったり…あー、懐かしい。

で、今回初開催となるTOKYO BOOT UP! 2010
そんな本場のいいところを随所に取り入れて
文字通りトウキョウ、ひいては日本のシーンをBOOT UPしていこうという
(詳細はちがうかも知れないが)
試みに賛同しての参加…とはいえ落ちたら洒落にならんので
一応、チラチラ…ドキドキ…これも楽しい体験だった。

先日は説明会にも顔を出してきて
主催者側の意志であったり、また面白い話も聞けた。
キヨシのあごひげに反応されてか?…キヨシをメタリカと呼んでいたのには笑った。

そんな中でW杯の日本代表の今回の成功と音楽シーンをダブらせて
「サッカーは球ぎわ、音楽は音ぎわ。
 今回の代表は球ぎわも欧州列強に負けていなかった。
 日本のミュージシャンはまだまだ音ぎわに弱い。」
という話がでた。

偉そうに言ってしまえばその通りだと思いながらニヤけ顔で聞いていた。

まさに演奏中の渦の中、俺が感じているのはそんな音ぎわ。
これは演者側でしか感じられないものなのか?…
少なくとも俺の耳に残るものはすべてにそれがある。
では、演者として経験しているから他者の演奏でもそれが感じられるのか?
リスナー側には理解出来ない事なのか?…
今となってはそれは判らない。

バガボンドなどを読んでいると作者はその世界観をマンガとして
描こうとしているように感じる。
そして主人公が常に身を置いたのはまさにその世界だったのかも知れない。
マンガで…これはこれですごい世界だ。
昨今の龍馬ブームで俺もすっかり司馬遼太郎にハマってしまい
「燃えよ剣」とか読み始めてしまっているが…
言葉や画で「きわ」を語ろうとする行為を感じ取れるのは
その「きわ」を感じたことがあるもののみなのではないか?…
そう考えるとどこか切ない。

おお、話をどこまで逸らせばよい…お時間あればどーぞ。


sphere Live


TOKYO BOOT UP!2010
緊急参戦!

■日程
2010年9月4日(土)
■場所
新宿LOFT
■出演  
多数バンド、エントリー
■start
14:00~
(sphereの出演は18:50頃になります)
■adv./day
1日券:前売り 1,500円 / 当日 2,000円(ドリンク別1,000円※1)
2日券:前売り 2,500円 / 当日 3,000円(ドリンク別1,000円※1)
3日券:前売り 4,000円 / 当日 4,500円(ドリンク別1,000円※1)
※1 リストバンドがドリンク券&入場パスになります:1,000円
■チケット
・sphere にて予約承ります。
・チケット:e+、INDIES-CD.COM(http://bit.ly/bI7lLv)
■問い合わせ
sphere official website


http://www.spheresongs.com/

http://igoagainstslider.com/

http://makotogomi.net/

http://www.tetrahedron-r.com/

↑このページのトップへ