月別アーカイブ / 2010年03月

この、ライブ終了後たちまち崩れ落ちる自己管理能力すら
やっぱ、俺ってプロフェッショナル、すげー…とポジティブにとらえよ。
どこで貰ったのか…Zher the ZOOか、JCBホールか、翌日のalcana@251か…。
ようやく回復に向かっている感…あり。

もう一週間前の話になるがalcana@251のライブ終わりに楽屋に挨拶。
ライブの感想なども伝えきれぬうちに花見会の話に。
alcanaメンバーは白倉功一・徳山琢磨を中心に宴好き…と思いきや
じいじ、中西譲はそれ以上かも知れぬ。
去年の宴にて客がいようが自宅に戻るとパジャマになる俺を見て
「この人はチャップリンだったんだぁー」と
平成のテンション・コード王を人類史上最大の喜劇王に例え
最後は我が家の床と一体化しマムの通行の邪魔だけになっていた
徳山琢磨プレゼンツ。

近いとこでそれぞれの活動拠点を組む我らのことなので
結果alcana/hurdy gurdy+Pale Green/RED SUN/SUZUKI/sphere/wipe合同花見会となる。
まだ5分咲きぐらいなのでこの週末はちょうど良いか…。


誰とだか忘れたが…公大の話になって
なんの気なしに公大のブログを久しぶりに見てみたら
…な!なんと…数年ぶりに更新あり。
先月久しぶりの再会でとても元気そうだったので、良かったよかった。


http://www.spheresongs.com/

http://igoagainstslider.com/

http://makotogomi.net/

http://www.tetrahedron-r.com/

新生sphere初ライブ@Zher the ZOO YOYOGIの翌日
俺はJCBホールにいた。
鹿鳴館30th Anniversary
44MAGNUM、DEAD END、D'ERLANGERを観に。

DEAD ENDは当時よく聴いていたちょっと上の先輩バンド。
ライブは当時観た事なかったが日本人離れしたバンドだった。
ステージは新譜中心の構成で当時の曲は『DEAD LINE』から1曲のみ。
劣化度ZEROのMORRIE氏。さすがだった。

D'ERLANGERはおそらくとても近い存在で
hideさんも仲良かったらしいし…話にはよく聞いていて
kyo氏はなんと地元も一緒のようだし…
Tetsu氏の話もよく聞いていた。
なのだが音は今回のライブではじめて聴いた。

で、マグナム兄さん。
楽屋でJOEさんと吸い寄せ合うようにまた遭遇…
そりゃこっちから顔出してるのだから当たり前だが(笑)。
この人たちのライブはホントなんて言うか参加するだけで暖かい気持ちになれる。
PAULさんの人柄だねえ。
常に背中を押されてる…いや、ド突かれてる感じがする…
まさに「No Standing Still」…俺も立ち止まらないで常に歩を進めて行きたい。

sphereの次回ライブは4月24日(土)高円寺highのTotal Feedback。
「お披露目」から熟成に…そのままの勢いをもってレコーディングにむかいたい。

wipeのライブ情報が解禁されたね。


http://www.spheresongs.com/

http://igoagainstslider.com/

http://makotogomi.net/

http://www.tetrahedron-r.com/

準備終了。
昨日は最終リハ。
缶バッジもさー、めちゃかわいいんだけどさー
数に限りがあるので…。

一年ぶりぐらいに弦を張り替える。
ノックバットでブンブン振り回していたのを急にいつものバットに持ち直したような
とても軽い、弾きやすい感触に驚く。

他人様が当たり前のようにやっていたりすることを抜け落ちていたりする俺は
20近く年下の曽根田信一とか雄太にまで教わりながら
はたまたギターやベースにアクティブ/パッシブという種類があることをわりと最近知り
「ギターに電池ってなんやねん、意味わからん」とか
ヤナ曰く「最高のアーティストにして最低のミュージシャン」らしく
機材を労わったりすることにまるで無頓着で
wipe/DROP期はタツが、前期sphereは雄太がそれとなしにやっていた…
世界のイチロー氏は偉いなあ。

12弦×2本、6弦×1本、Wネック(12弦+6弦)×1本とかを
ライブのたびに張り替えていた…タツの偉大さを思い返さずにはいられないが
俺は今回のライブに結局、青ジャガーと赤ⅩⅡで臨むのだが
たったそれだけの弦交換で…凹む。
まあ気がついたのだ…12弦を所有しなければかなり楽だな。

弦を張り替えていると必ずと言っていいほど
普段明らかに運動不足なマムが
こちとらただでさえ凹みながらイライラしているのに
その光る物体(弦)に反応し、弦と戯れ…交換の邪魔をする。

あの尖った弦先が
我が家に来るすべての救いを求める人々の癒しの象徴である
あのすべてを包み込むかわいいお眼目に刺さったらどうするねん。

あっちいってろっちゅうねーん、がるる。
俺が弦の張り替えに覚醒することは今後もない…。


日本人らしからぬセルフィッシュな思考と歯に衣着せぬ言動から
誤解を招きやすい男がCLの舞台でついに覚醒しましたね。
W杯イヤーになんとも頼もしい。
まあしばらくはその言動も続くのだろうが
もちろん「若さ」がそうさせる部分も多々あるので
それをイコール彼の人格と決めつけるのも…ということは理解してあげたい。
俺の大好きなレフティーも8年ぶりに帰った日本で順調に仕上げてくれるだろうから
この二人の共存が楽しみだ。

98年W杯フランス大会での、そして02年日韓共催での
メディアに対する対応から、誤解(本人が望んだのだが)され続けた男がいた。
彼もまた若くしてチームの支柱でありながらも
アウトローに徹するしか自己表現できなかった。
その男の言動をブラウン管越しに聞くたびに
なぜか自分のバンド脱退の経緯やらと重ね合わせ
「なんか、こいつの気持ちわかるなー」って思って見ていたものでした。
06年W杯ドイツ大会、ピッチ上で大の字になり
自身の孤高の戦いを(おそらく)振り返っての敗北宣言…忘れられない。

ウチの1トップ、いしばしさちこも覚醒。
といっても未だ完成品ではなく伸び代は無限大。
そこまでの化学反応を想像して俺と彼女を紹介したのかは定かではないが
まずは策士あんざい氏の拠点Zher The Zoo YOYOGIにて。


Zher the ZOO YOYOGI 5th Anniversary?It is HERE!? 「ALTER-MUSIC」

■日程
2010年3月19日(金)
■場所
Zher the ZOO YOYOGI
■出演  
sphere/sjue/CONDOR44
■open/start
18:30/19:00
■adv./day
¥2,300/¥2,500(ドリンク別)
■チケット
sphere official websiteにて予約承ります
・ローソン→(79094)
・e+→発売中
■問い合わせ
sphere official website
Zher the ZOO (TEL:5358-4491/MAIL:zherthezoo@ukproject.com)



高円寺high [Total Feedback]

■日程
2010年4月24日(土)
■場所
高円寺high
■出演  
sphere/Lemon's Chair/John juhl's Cornfield/euphoria/Marble Headstander
■open/start
17:30/18:00
■adv./day
¥2,000/¥2,500(ドリンク別)
■チケット
sphere official websiteにて予約承ります
■問い合わせ
sphere official website高円寺high (TEL:03-5378-0382/MAIL:info@koenji-high.com)


http://www.spheresongs.com/

http://igoagainstslider.com/

http://makotogomi.net/

http://www.tetrahedron-r.com/

↑このページのトップへ