月別アーカイブ / 2009年10月

昨日、あのブログをアップしたあと
「音の記憶」を辿ろうと思い
リビングとマムスタをつなぐ廊下に引っ越ししたCDラックの中から
「…でびぃっどしるヴぃあん…」と上段から探していく・・・
我が家のCDはアルファベット順にCDラックに収納されている。

前に書いたかも知れないが
これは何年か前にクニがアルファベット順に並べ替えた。
クィーンが「K」のあたりにあったりするのはそのためだ…
人に多くを求めすぎてはいけない…。

話がそれた。
で、無事David Sylvian『Brilliant Trees』を発見。
リビングで聴こうと思いCDケースを開ける・・・・
・・・・ん?
・・・・な・・・・ない!?

CDが入っていない!!!

聴きたいCDの中身が入っていないときほどブルーになることはない。
The end of the world
なんという…なんという喪失感。

嫌な予感はしていたのだ。
あのブログでデビィッド・シルヴィアン ネタを書いたのでついつい懐かしくなり
ブログをアップしたあとにamzonにて
JAPANの『Tin Drum』と『Gentlemen Take Polaroids』を購入しながら
「まさかCDの中身が入ってないなんてことないよな…」なんて思ったのだ。
「念のために一緒に注文しちゃう?」とかふと思ったのだが…まさかホントにないとは。

ひととおりの絶望の声…廊下で地団駄を踏む…
一緒になって「くるぅ~」といささか盛り気味のマムも鳴く。。

意を決して上段左の「A」から一枚一枚「中を開けては確認」をはじめていく。
途中から嫁も手伝ってくれて。
そんな甲斐もあり、ここ数年で見つかった「CD中身がない難民」を2枚ほど救出。
が、ついぞ「でぃびっど」は補完できなかった。




「amazonにて注文しよう!」と再び入店する…が
なんとマーケットプレイスの商品のみ…。
「ミュージシャンたるもの中古に手を出せるかい!」と
頑なに守ってきた自分のルールを侵すことも出来ずに
眠れぬ夜をすごしたのであった。



で、先ほどタワレコ→無事ゲット。

今日こそこの名作を聴き倒す。
前記のJAPAN名作2選も入荷。
ここ数日、我が家はでぃびっどの甘い声に満たされるであろう。


業務連絡:
『Uranus』sphereバージョン完成しちゃいました。
かっこいいっす。
でも早すぎ?
まだ渡さないほうがいい?
次できたら4曲なんでスタジオ入るよ。


http://www.spheresongs.com/

http://www.myspace.com/spheresongs

http://makotogomi.net/

http://www.tetrahedron-r.com/

ドラムのイメージはJAPANの
デビッド・シルヴィアン(David Sylvian)のソロアルバム『Brilliant Trees』での
スティーヴ・ジャンセン(Steve Jansen)のそれ…とか。
『Red Guitar』とか『Pulling Punches』とか。

兄弟なのになんで名字がちがうの?…なんて疑問は置いておこう。
エレドラで叩くのではなく生ドラムでタイトに…
うん、バンシーズのバッジーも近し。

ベースのアプローチをミック・カーンにしたらまんまJAPANだろ、キヨシ?
なのでベースはボトムをずっと支えるのもいいかも…試すべ、リハスタで。

で、『Uranus』のアルペジオ風なピアノを弾きながらさっちんが歌えるか…
これも試しましょ。

弾きながら歌えなかったら、俺がピアノでもいい。
この曲ギターいらないんじゃないか?

…などなど、妄想膨らみます。


David Sylvianの『Brilliant Trees』
傑作です。
聞いてみなはれ。


DSBT


http://www.spheresongs.com/

http://www.myspace.com/spheresongs

http://makotogomi.net/

http://www.tetrahedron-r.com/

業務連絡:

sphere新曲できました。
2曲目。仮題S27

前回のS26は新ボーカリストいしばしさちこをある程度意識して
取り組んだというのもあって
彼女の声質やキーの範囲なども意識しながら構築したし
方向性も俺が持つ彼女のイメージに近く
爽やかでありながらちょいと切ない指向性にした。
もちろんのこと
ハマっていたわけですが(ご期待あれ)

S27は今後のバンドの許容範囲を計るために
あえて方向性を変えて
「BPM160ぐらいのアップテンポで陰鬱な指向性」で。
しかし結果でてきたものはそこまで「陰鬱」ではないのだが。
まあいいものが出土したと思っている。
(近々にメンバーには発送しますわ)

なので既に取り組んでいる3曲目にあたる「仮題S28」は
「陰鬱」という部分を大幅にフューチャーしようと思って作りはじめていて
Googleの画像検索などで 陰鬱 と入れてイメージを膨らませたりしている。

で、気がついたのだが
『ASTRONOMIA NOVA』に収録されている『Uranus』という曲があるのだが
あれは俺の中ではかなり「陰鬱」なイメージなのだが
あれをバンドで歌アリでやってみてはどうかと思い立ち
もっかアレンジ中なのである…で、いいかも(笑)。

そんなわけで完全にスランプは脱したな…てへへ。
あとはヒロちゃんからの連絡待ちである。。。

そうそう、sphereのHPをリニューアルしたいのだ。
先日キヨシをうちに呼び打ち合わせ…のつもりであったが
キヨシが来るのが遅く、俺は既に「パジャマコト」であったので
「デザイナー氏のイメージで自由にラフを作ってもらおう」で着地した(笑)。


http://www.spheresongs.com/

http://www.myspace.com/spheresongs

http://makotogomi.net/

http://www.tetrahedron-r.com/

↑このページのトップへ