月別アーカイブ / 2008年11月

今年を振り返るのはまだ早いが
来年のことを口にするのも鬼が笑うとか言うし…
なのだが来年のことが色々と決まりだしている。

今年は充電期間のつもりは毛頭なかったのだが
数えてみたらライブは2回(笑)。
あ、世治のhurdy gurdyバースデーライブにゲスト出演したの入れればなんとか3発か。
sphereで1回、wipeの再集結で1回。
春以降はsphereの新作レコーディングとswellのプリプロ
TETRAHEDRONのNEWアイテムなどに費やした。

そんな感じで来年決まったことを列挙すると…あ、変更アリ。

2月後半 TETRAHEDRON 3rd アイテム【MARSEESIDE DERBY】発売予定
2月後半 swell 初ライブ
3月前半 TETRAHEDRON 4th アイテム【告知解禁いつにする?】発売予定
3月後半 TETRAHEDRON 5th アイテム【sphere 2nd ALBUM】発売予定
3月後半~ sphereレコ発ライブプチツアー
秋ぐらい swell CD発売

ふ~。
今年のんびり(あ、そうでもないよ)した分、来年前半は怒濤の忙しさが予想される。

俺じゃなくきよしが。


詳細は随時アップしていく


http://makotogomi.net/

http://www.tetrahedron-r.com/

http://www.spheresongs.com/

http://swell-swell.com/

また最近、オリビア・ニュートンジョンにはまっているのだが


Cliff Richard & Olivia Newton-John Suddenly




この曲は『Suddenly』という曲で
1980年公開の映画『XANADU』の挿入歌で
主人公とヒロインの出会いの場面で使用されている。
これはライブだけど実際の楽曲もクリフ・リチャードとデュエットしている。

クリフ・リチャードという人は
アメリカでエルビス・プレスリーが爆発的な人気を獲ていたあとを受け
イギリスからデビューした最初のロックンローラーだ。
この人からブリティッシュロックが始まったと言っても言いすぎではない。
バックバンドの名前はThe Drifters。改名後はThe Shadowsといえばわかるであろう。
ビートルズも当然彼の影響下にある。

で、オリビアは70年代初期、ソロデビューする前にクリフのバックコーラスをやっていた。

時代は変わり1980年頃。
当時はこういった雰囲気のものを
A.O.R(Adult-Oriented Rock)またはAdult Contemporaryなんて言い方をしていた。
まあこの曲はあえてそういった枠に入れてみたが
代表的な人たちとしてTOTOやAIRPLAYやBoz Scaggs、Christopher Crossなど。
挙げたらきりがないが。

いわゆるハードロックやパンクなどとは対極側で
歪まないクリーンな音であったり…。
というわけで子供心に刺激的じゃなかった。

今になって年のせいとかではないと思うが
やはり音楽的にもレベルの高いことをやっている場合が多いので
何かと参考になる。

話を戻して『Suddenly』だがこの映像は1988年。
オリビアは40歳…キレイだね。
この曲の好きなところはやはりオーケストラアレンジであったり
エレピの質感であったり…あ、エレピはA.O.Rの必需品かもしれない。
しかし何と言っても0:30あたりの転調の仕方…この手は俺もよく使うな(笑)
だから好きなのか(笑)
単純に1音上げてるだけなんだけど気持ちいい。
それと2:30でイントロ戻ったあと2:39あたりで大サビにもっていく過程と
2:49での大サビそのもの。
映像が二人のからみが若干クサいが気にしないでくれたまえ。

前記したアーティストの中で例えばAIRPLAYなんかもいい曲あるので
またいつか紹介する。


http://makotogomi.net/

http://www.tetrahedron-r.com/

http://www.spheresongs.com/

http://swell-swell.com/

この週末はアンフラ社長田中さんの結婚パーティーに顔を出していた。

昨年アンダーフラワーは15周年を迎え
途中ご無沙汰な時期もあったが
創設年から何かとお世話になっている。

知らない若いバンドくんたちや
懐かしい面々とも久々に再会できた。
沼倉、GUITARアカシバちゃんなど。

俺ら一行は三浦カオルと終始行動を共にし
パーティー後は腹がへったので
車でカオルちゃんを送りつつ恵比寿のラーメン屋で舌づつみ。

それにしても俺はカオルちゃんが好きだ。
Ju-kenと一緒で
年下だけど頼れる感じ。安心感。そしてカワイイ。
ストイックすぎてちょっと心配になったりもする。

そして昨日は
未だあかせないがTETRAHEDRON第4弾アーティスト…になるかも な
打ち合わせを我が家でしていた。

CDが売れない時代で
「いいのに」世間様のニーズに当てはまりづらいがために
世の中に出づらい…そんなアーティストたちを
今後もサポートしていきます。

と言っても自分の活動がもちろんメインで
ただのレーベルのおじさんではないのでね。


http://makotogomi.net/

http://www.tetrahedron-r.com/

http://www.spheresongs.com/

http://swell-swell.com/

↑このページのトップへ