月別アーカイブ / 2008年04月

先週の金曜日はsphereリハ。
いつものポジパンなラーメン屋「我流」にて。
入店早々Policeの『Synchronicity II』がかかっていた。
「これは期待できるな」なんて思っていたら案の定、懐かしいストリングス・フレーズが!
「エコバニだ!」…思わず叫ぶ…も、曲名どうにも思い出せず(笑)
世治にすぐさまメール。
「エコバニのさ、代表曲。キリング・ムーンとあともう1曲!ストリングスが印象的な…」
スタジオ到着ぐらいに返信あり。
「『Seven Seas』じゃね?」
さすが世治…
すかさずもう1本 「『The Cutter』かも!」
すぐに電話、イントロのストリングスを口ずさんで伝える。
『Seven Seas』でした。
世ちゃんからのコメント…
「ECHO & THE BUNNYMENがかかるなんて素敵なラーメン屋だねぇ」
が、帰宅後再確認。
正解は『Silver』でした↓




リハスタ到着後、メンバー各位に
「この中でエヴァンゲリオン芸人はいませんか?」
ドラが「それは俺のことですね!」
なんとDVDすべて持っていた(笑)
持つべきものはバンドメンバー。

翌、土曜日。
ひろちゃんこと山田浩文、エカちゃんこと白倉功一、DROPのVoことCollonが訪れる。
翌日にライブを控えた宴であったため、早めに切り上げる。
片付けもひと通り終わりのんびりしていると携帯が鳴る。
「ジャックの携帯」の文字!
DROPベースのJACKからだった。何年ぶりだろう。
「まこまこぉ~、お元気だったのぉ?」と相変わらずなトークで安心。

日曜日、Total Feedbackライブ当日。
リハから本番まで時間があったため一度自宅に帰り昼寝。
その甲斐あって「sphere史上最高」と噂のライブを行う。
予想通りある程度の容量のハコのほうがsphereは似合うようだ。
主催者ハタユウスケ氏も終始ニコニコ。色々と気を使わせた。
打ち上げではワンナイZEPPET STOREの楽屋以来の中村くんとの密談。
来月の同イベントで彼のLUCY's DRIVEが出演する。

ライブ翌日の月曜日。
ドラから借りた『新世紀エヴァンゲリオン』DVD7枚を夫婦そろって制覇。


http://www.spheresongs.com/

http://www.myspace.com/spheresongs

http://makotogomi.net/

http://www.tetrahedron-r.com/

実は今日、はじめてBlonde Redheadを知人(フジイジュンイチだよ)から教えられ
聴いていくうちに自分のことと置き換えていて
彼らを少しうらやましく思った。

Smells Like Recordsからの1st albumの発売が1995年。
いっぽう俺っち1st albumの発売は1994年。
もうほぼ同時代にキャリアをスタートさせているんだね。

なにがうらやましくなったかというと
同じメンバーで長い間活動を共にしながら
サウンドも時代とともに変遷。
もちろん紆余曲折はあったのだろうが
双子の兄弟のおかげもあっただろうが
メンバー全員が共に同じ方向をむいていて…
当たり前のことなんだろうけど
俺にはやはり、うらやましい。

俺のサウンドの変遷は
時代の流れというより人の流れ。
飽きやすいという評判は
まあ確かにありますが
それを同じメンバーで共有しながら出来ていたら
歴史を振りかえるときも
そのメンバーの数だけ共有できたんだろうな…と。

そのかわり
再結成や再集結などの長ーいスタンスでの珠玉の楽しみもあるのだが。


http://www.spheresongs.com/

http://www.myspace.com/spheresongs

http://makotogomi.net/

http://www.tetrahedron-r.com/

Breakfast of Championsのレコーディングは佳境のミックスに突入。

某スタジオに軟禁状態。
カエサルが動くときはそれが軍事行動においても
1つの目的だけでなく同時に2つ以上の事柄をこなした…という逸話のもとに
雄太を誘い4.27に備え弦を張り替えてもらったり
永見くんを呼んでMARSEESIDE DERBYの新アイテムの件を軽く打ち合わせたり
きよしやデザイナー女史を呼んでジャケットの打ち合わせを進めてもらったり。

俺は終始眠気との闘いなのだが…ウソ!闘ってなどいない。眠いときは寝る。
最終チェック以外はほとんど自宅から持ち込んだmy座椅子でうつらうつら…。
「ローマ人の物語」を読み返したり…。
へヴぃ~げーじにかまってもらったり…。
エンジニア・ツユリ氏が操作している自分の知らないショートカットを覚えたり…。
そんな感じで順調に進んでいる。

肝心のサウンドのほうを触れると…
いや、触れるまでもなく(笑)カッコいい。

へヴぃ~げーじくん希望の7.16発売に向かってセッションは突き進んでいる。


いっぽうsphereリハでは
久々に弾いた曲たちのポジショニングがどうしても思い出せなかった(笑)

DROP以降「響き」だけでの構築はさらに悪化(閃き)の一途をたどり
もはやポジショニングは既存の概念では覚えられず
曲ごとにセッションデータにメモすることにしている。
例えば「111331」であれば
6弦1フレット/5弦=1…/4弦=1…/3弦=3…/2弦=3…/1弦=1フレット というように。
自宅に帰ってPRO TOOLSセッションを開けば正解は書いてあるから安心だ。

あとは通しリハ→ゲネプロを残すのみ。
4.27@高円寺HIGH楽しみです。


http://www.spheresongs.com/

http://www.myspace.com/spheresongs

http://makotogomi.net/

http://www.tetrahedron-r.com/

↑このページのトップへ