昨日、hgのライブから帰ると
先日アップしたブログを読んだ雄太から夜中に
「まことさん、フローティングの意味間違えてます!逆の意味です!」というメールが来た。
いやあ、人生発見の連続なんだけど…どっちでもいいやん。
と思ったが、雄太が「訂正!訂正!」とうるさい。
フローティングの意味も知らないギタリストだから『天才』と呼ばれるんじゃ、ボケ。
…というブログ・ネタができて良かったね。

昨日打ち上げの席で永見&やすひろから
「初対面(はつたいめん)」という言葉を使ったら「初対面(しょたいめん)が正しいです!」などと指摘された。
永見くん曰く「訓読み→音読みの組み合わせはおかしいです」「訓読み→訓読みが全体の90%を占めます」
どこで取った統計なんだよ。
いやあ、人生発見の連続なんだけど…どっちでもいいやん(その2)

たまに凄い発見をしたりする。
いや、認識違いを再確認するというか。

ウシの胃袋が4つあることを知ったのもつい最近だったりする。
あれだけ焼肉食いに行くのに。
「ミノもハチノスもセンマイもギアラも全部胃袋なのか!」
知ったときの驚きはハンパじゃなかった。

あとオセロ(笑)
松嶋が「シロいの」で中島が「クロいの」はもちろん認識してたんだけど
『だからオセロ!』っていう部分がぬけてて
つながったときの驚きはハンパじゃなかった(その2別口)

…と言ってもこの程度なんだけどね。

最近、毎週1本のペースで雄太の友達でギター工房で働いてるサーストンに
ギターをメンテナンスしてもらってる。
サトルなんでサーストンと勝手に命名した。
サーストンというあだ名とは裏腹にルックスはold wave(笑)
先週Fender Jaguar'67Lake Placid Blueが帰ってきたんだけど
アームがフローティングされてるみたいに硬くて
「ブラッド・ギルスでもやれっていうんか!」というぐらいにカチカチの仕様になってました。
(もちろんリメンテに出しました)

愛器を手入れしてもらうのはやはり気持ちよくて
これからは定期的に見てもらおうと思った。
俺のギターは12弦なもんで弦交換を自分でやるのもめんどい。
以前はタツがいたからなあ…。
クニじゃあなあ…。

あっ、だけどクニはギター関係以外はとても手先が器用。
我が家の壁のコーナーというコーナーすべてに
「マム除け」がしてあるんだけどそれは全部クニがやってる。
薄いベニヤ板を貼ってその上をコルクで覆ってある。
クニのおかげでマムは心置きなく
「カリカリ、カリカリ」と爪とぎができるわけさ。
コルクが日を追って削れてくると
クニちゃんが慣れた手つきでメンテナンス。


…ブログってほんとくだらねえこと書いちゃうね。

4月5日、渋谷AXにてSigur Rosのライブを見に行く…予定だった…が、行かなかった。
知人に数ヶ月前に誘われ、わざわざチケットを取ってもらっていたのに。
これまた知り合いで別公演を取っていたのに払い戻しになってしまった人がいてその人にゆずった。

彼は見たくてしょうがなかったわけで何度も礼を言われたが
俺からすると
「アルバム聞くたびに意識が遠のいて気が付くと寝てしまうようなバンド」Sigur Rosを
生で見れるわけがないと思っていたから利害関係が奇妙に一致しただけなのだ。
もちろんSigur Rosは好きなバンドなんだけど
スタンディングで2時間近くも見るバンドか?
それと、ちなみに、前作も新作もアルバム通して聞けてない(笑)

生Sigur Rosを体験したみんなが「最高だった!」と口を揃えるが俺は信じていない。
「最高」なわけがない。あれはライブバンドじゃないだろう…。
「いや、いや、君見てないんだから…」
ごもっとも!でも信じない(笑)

今週末に姫と会うからその時に姫からも感想聞いてみよっと。

↑このページのトップへ