ドラマーYA\NAがZEPPET STOREにもたらしたもの…
ライブ活動もままならない結成期の活動を活性化してくれた、営業マンとしてバンドの存在を広めるのに貢献してくれた、hideさんとの出会いもヤナの動きがなければ実現していなかった、文学的な歌詞であるとか、SSSのジャケットデザインであるとか…
ドラマー以外でのバンドへの貢献も多大だが、あくまでもドラマーとして。

歌に寄り添うドラミングとか、メロを大切にとか、よくいうドラマーがいる。
それはそれで悪くないけど、そんなの当たり前でつまらないし、「好き」とは思わない。

ヤナにはいわゆる「まともな」プレイなんて1曲としてないんじゃないかな。
元来俺はドラマーに求めるものが多い。
ジョンボーナムにしろニールパートにしろバッジーにしろ、聴いてきたもの、好きなドラマーのタイプも一筋縄ではいかない。
世治の曲も彼が元々ドラマーであるが故かある程度ベースとなるリズムが出来上がってる曲も多い。
つまり2人とも「うるさい」わけだ。

SSS以前のものでレコーディングされていないものがSSS Special Editionに収録されているが、それらを聴くと黎明期の時点からヤナのアプローチに対する考え方、ポテンシャルの高さがうかがえ、これまでの全活動においてヤナでしか叩けない…曲ばかり。

例えば『FLAKE』、1発目のシンバル。普通ならクラッシュいくよね?なんでライド?
例えば『声』、サビ。バラードなのになんでタム多用したキメフレーズ盛り込むの?

シンバル1発、フレーズ1発…それらすべてに意味を持て、と昔ヤスヒロに言ったことがあった。
ヤナはそれを体現している。
好みにわかれるのが音楽、好きになってもらえないなら嫌いになってもらえるくらいの個性を持て、と昔ローディーたちに伝えていた。
ヤナはそれを体現している。

ZEPPET STOREの曲を普通に叩くドラマーが、歌に寄り添うドラマーが、叩いたとする…まったくつまらないものになるだろうと安易に想像できる。
今後もしサポートドラマーでライブを挑むのであれば彼はヤナのフレーズを完コピしないわけにはいかないだろう。

作曲/アレンジという領域にリズム楽器であるドラムが関与しているというバンド結成前に俺が思っていた理想をヤナのドラムは体現している。

ゴッド・ファーザー PART ll のエンディングは
PART l 本編よりちょっと前のあまり本筋とは関係ないエピソードに戻って終わる。

これから書く文章は
そんな感じで読んでくれれば。

「ドラマーヤナをおくる」にあたって
こんなことを思い出した。

一度、時間を1996年に。


俺の中での記憶の会話なので
hideさんと実際に話した言葉自体は違うかもしれない
詳細も違うかもしれない
だけどちょっと映画仕立てで
フィクションとして読んでね。
ドラマーヤナにまつわるエピソードを。

ロサンゼルスでのライブのあと
hideさんが用意してくれた打ち上げの席。
英国BBCの取材なんかもあってようやくhideさんと合流。

他のメンバー3人とはちょっと離れた席で俺はhideさんと。

それまでも俺や世治とばかり話していたhideさん。
しかし、初めて生でZEPPET STOREのライブを観た直後から明らかにヤナへの見る目が変わる。

「ヤナ!ドラム!すごくいいよね?」
「えへ(でしょ?)」
「いやー、びっくりした、マジ、いい!」
(マジなんてワード、当時使ってたかもしらん)

「ねえねえ、ヤナを俺のレコーディングに参加させてもいいかな?」
「もちろん!ヤナを鍛えてほしい」

実はこんな会話の直後、俺は…この席は修羅場と化す。
これまで公表を控えていたかもね、な
言ったっけね?な
「ロス事件」勃発。

俺とhideさんは取っ組み合いになりーの
ぶん殴られーの、ぶん殴りかえしーの
その店の駐車場で大の字になってロスの星空を2人笑いながら見上げて…
ちょっと青春チックな
バイオレンス・ロマンチック・コミュニケーション・ショックの洗礼。

翌日ホテルにhideさんから電話
「昨日、ごめん、笑」
「顔腫れてる…ごっつい指輪…ズルい」
「五味くんのパンチ、効かなかったよ、笑」
「(そこ、強がる?)指輪…ズルい」
「ごめん、笑」
「… … …」
「ねえ、昨日の話、進めていいかな?」
「もちろん!よろしくおねがいしゃす!」

電話切ったあと、ヤナに伝える。

「ってことになったから」
「ねえねえ、なんでまこっちゃんがさあ、俺のマネージャーじゃないんだからさあ」

ヤナは帰国後すぐに再びロサンゼルスに飛び立ちました。



さあ、ヤナ
ミュージックライフ PART II だぜ。

hideさん、応援してあげて。

xNG120THPU.heic

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0608.JPG
メリークリスマス。
あさって26日は1日遅れのヤナサンタ。

ヤナと2人で久しぶりにメシいって楽しかった。
俺はこう思うよ、みんなで集まろう、と。
もちろんみんな同じ気持ちだった。

発表された日のリハ
コロナ禍でのリハスタは初。

久しぶりの足元セッティング…
マーシャル、音デカっ!
ヤナがセッティング…
スネア、音デカっ!

当たり前に思えていたことが
当たり前ではないことを知った2020年。
少年/青年時代のヒーローたちが
次々と旅立った2020年。
ファンにとっては最後にもうひとつ大きいのきた!…だとは思いますが

TO OUR FUTURE

誰かのために
俺らのために
俺のために

みんな含めた2021年、未来のために
一度、ヤナをおくろう。

okRlLHJWaU.jpg

ZEPPET STORE無観客配信LIVE
「TO OUR FUTURE」
12/26(土) 配信20:00スタート

配信視聴チケット 3500円(システム手数料350円別途)

チケット購入URL
https://skzreg.zaiko.io/_item/333808

チケット購入の流れ(説明)
https://zaiko.io/support/?cid=23#faq-17

ライブ配信について(説明)
https://zaiko.io/support/?cid=40#faq-372

・チケット購入時に応援投げ銭ができます。
アーティストの支援をして頂ける方は同時購入お願いします!
・ライブ配信中にStickits(デジタルスタンプ)で投げ銭が出来ます。同じく支援して
頂ける方は是非お願いします。
・ツイッターでハッシュタグ#ZEPPETSTOREで呟いて頂くとメンバーもコメントを観る
ことが出来ます。(リアルタイムでコメントを観るとは限りません)

注意事項など
・配信チケットの購入はZAIKOアカウントの登録が必要です。
(GoogleまたはFACEBOOKログインも可能)
・チケット販売期間は2021年1月11日23:59までとなります。
・チケット購入者は2021年1月18日23:59までアーカイブでも観覧が可能です。
・生配信終了後、アーカイブ視聴が可能になるまでにお時間がかかる場合もございま
す。
・配信のURLは購入したZAIKOアカウントのみで閲覧可能です。
・URLの共有、SNSへ投稿をしてもご本人のZAIKOアカウント以外では閲覧いただけま
せん。
・途中から視聴した場合はその時点からのライブ配信となり、生配信中は巻き戻して
の再生はできません。
・インターネットの接続が不安定な場合、配信クオリティが低下する可能性がありま
す。

※イベント内容にご不明点がございましたら info@reg-r2.com までご連絡くださ
い。
折り返しご返信させて頂きます。(年末年始は特に返信までにお時間がかかることも
ございます。)

↑このページのトップへ