_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1795.JPG

先行発売会が終わり
通販スタート前ですが
ヒロちゃんからOKでたので
俺的なセルフライナーノーツを記す。

専門的過ぎてわからない…という場合でもなるべくネットで用語を調べたりしてついてきてくれるとアルバムもさらに楽しめ、歌詞の世界観も増幅されることになる…と信じる。

https://suzukibedmusic.wixsite.com/yamadahirofumi

01 自分のありか
収録曲を決める際にこの曲は弾き語りをそのままにという話になった。
ヒロちゃんが言い出したのだっけ?俺からだっけ?多分ヒロちゃん。
クラクションなどの都会の喧騒が似合うなと思ったので外録も提案した。
都会のど真ん中でヒロちゃんがストリートライブをしていて、それをこっそり録音している…というシチュエーションが全体のイメージ。
当初は自宅前で収録した(自宅のマンション前には大きな環状線が走ってるので)ものだけで完結していたつもりだったのだけど(某大物政治家がご近所のため常に警護のおまわりさんがウチの周りを「守っている」のでその目も気にしながら)
締切当日になって「足りない」と感じてしまった。
感じてしまったら即行動。
ZEPPET STORE 7/17ライブの翌日の午前中、ハンドレコーダーを持ち俺は1人渋谷のど真ん中に。
炎天下の中1人…怪しまれないように1人…ひっそりと1人…街の騒めきを収録。
繁華街なのでいろんな音が録れご満悦…なのだが、繁華街の音、ご存知か?
「ズッタン、ズッタン、ズッタン、ズッタン…」と周囲のどこかにあるスピーカーから休むことなく流れるあれらの音は、すべて権利が発生する…つもり誰かしらの「曲」「著作権物」なのである。
持ち帰った俺は注意深く、それら「権利が発生する音」が入らないように編集し直し
元から録れていた「歌」「アコギ」「自宅前の車の音」と「渋谷の音」を絶妙なさじ加減でまとめあげ『山田浩文、街頭でストリートライブ』を演出した。

02 まぼろしのうた
「アコギでのヒロちゃんの弾き語り+ピアノ」
これはヒロちゃんのリクエストに対して俺もまったくの同意だったと記憶する。
鍵盤を置かれ「はい、弾いてみな」と言われたら人前で演奏するほどの腕前はもちろんないのだが
基本的にピアノを「打ち込む」際は、人が10本の指で弾けるようにという意味もあり、弾いてはいる…そのあとちゃんと流暢に「演奏している」様にエディットはしまくるのだが。
だから、この曲を「ヒロさんの弾き語り+五味さんのピアノで生で聴きたいです!」というのは無理である。
が、ピアノの旋律を考え音を積み重ねていったり、カルテット規模のストリングスアレンジを考えたりは大好きである。
そしてやはりこの鍵盤の積み重ねで和音を構成することが自分のギターのテンション感に結びついてる。

03 仄かな光
打ち込みのリズムトラックやエレピ、ピアノ、シンセ、俺のアコギのストロークなんかをベースに
何十人ものリトル山田のコーラスが全体を包み込む。
10ccという70年代中心に活躍したバンドの『I'm Not In Love』という曲の手法。
作業行程は、まず鍵盤で例えば「ド」を弾き、ヒロちゃんが「アーーーー(ド)」を歌い
「ド♯」を弾き、ヒロちゃんが「アーーーー(ド♯)」…
ということを繰り返し2オクターブ分くらい(24音)を収録。
ヒロちゃんはされるがままに素材としての「アーーーー」をひたすら歌わさせる。
それを三和音+オクターブ上、の合計六声に小節ごとに編集して
鍵盤でコードを弾いているように「アーーーー(ヒロちゃん6人でコーラス歌ってるぅーーー)」と聴こえるようにしている。
ヒロちゃんの優しさに包まれてください。
ちなみにアコギも普通にストロークしているトラックと
逆回転しているトラックとの2本が鳴っている。
逆回転しているほうは途中で編集してしまうと雰囲気がでないので
楽譜をお尻から弾きはじめ…楽譜の最初に目指す…とまったく逆にプレイし、そのあとで逆回転させている。

04 憂いの彼方
SUZUKIバンド時代のリハ音源を聴かせてもらって、それをベースに作業を進めた。
バンド感を出すために当時のドラマー(エカちゃん?)のタイム感をそのまま採用したかった。
現代の音楽では生バンドを録音する場合もドラマーがクリック(メトロノームみたいなもの)をヘッドフォンで聴きながらプレイしレコーディングするのだけど、預かったリハ音源は当然そのようなことはしていないので、一聴するとわからないがかなりテンポがバラついていて、でもそれが味になっている。
俺が最初にやったのはその箇所箇所でバラついたテンポをそのまま1小節ずつ算出し、そのバラつきをクリック(メトロノーム)に置き換え、さらにドラマーのプレイのワンショット、ワンショットを耳コピし、打ち込んだ。
ベースもベーシスト(八田くん?)のプレイを耳コピしプレイ。
バンドのリハ音源ではギター中心のアレンジだったのだが、ここはギタリストとして他人のプレイを再現したくはないので、ピアノとストリングスでリアレンジ。
で、ヒロちゃんも先行発売会で話していた問題の後半部分。
リハ音源の盛り上がりを違う解釈でできないか?ヒロちゃんらしいぶっ壊し方ができないか?
昔、よくヒロちゃんがクラブや野外パーティーで踊っていたことをリンクさせ、ゴアトランス(その名前すら俺は聞いたことなかったけど)で「踊り狂うヒロちゃん」をイメージした。
ヒロちゃんが「テクノとか普段聞かないのにできちゃうゴミマが不思議、プログレ聴いてたからだと思う」と解説してましたが、違います。シンプルに言えば、天才だからです。

05 無月
ヒロちゃんのアコギのアルペジオは上手いので(そしてフレーズも綺麗なので)そこはギタリストとして認めてもいいと思っていて、このアルペジオを活かすアレンジを考えた。
ループする打ち込みのドラムはブラシ(スティックで叩くのではなくブラシっていうのがあるのね)でちょっとジャジーに演奏するドラマーをイメージし
肝となってるベースのループフレーズを思いついた。
あとはピアノ。
ピアノのジャズトリオがジャズらしいことをするのではなくこういったミニマムなループフレーズで遊んでるイメージ。
後半を盛り上げるためのストリングスアレンジ。やはりストリングスアレンジ考えてる時が一番幸せを感じるな。
どの曲のアレンジも気に入ってるけどこれはとてもお気に入り。

06 黒い雨
候補曲を1曲没にさせてもらい「では、この曲は?」と出してくれたので、これは激しめのバンドアレンジになるな…アルバムの奥行きが出るな…と思った。
ただ、どメジャーの曲だったのでタイトルと歌詞がいう「黒い」にするために前半はマイナーな世界観にし「黒い鳥、はばたけ」が引き金となりメジャーな世界観に一転し、まさに「はばたけ」となるようにした。
バンドでイメージしたのは実は近いところだけど智子やイロンがいた時代のalcanaだったりする。
ギターはあえて俺的なアプローチにならないようにした。
理由は単純にwipeとの差別化。つまんないもんね、ベース智子をイメージしてて、ギター俺で、歌ヒロちゃんだと、ヤスヒロ不在とはいえほぼwipeじゃん。

07 今
この曲もオリジナルはどメジャーな曲調で、同じコード進行を繰り返すだけでは飽きるよな…がスタートラインでの問題点で。
マイナーな曲調からスタートしてトリガー(引き金)のワンワードで一転する…という『黒い雨』と同じような手法を選んだ。
「疑問がわく、自由になりたい」がそのトリガー。
アダルトでAOR(70年代後半から80年代に西海岸で流行った)的なアプローチのヒロちゃんて面白そうだな…と。
後半のコーラスアレンジはヒロちゃんが考えてきてくれたものを俺がさらにディレイとかを駆使して派手にしてみた。なんせ「革命を起こすのは今」でしょ。

08 奇跡の夜明け
これもヒロちゃんの見事なアルペジオをベースにした弾き語り調なんだけど
「奇跡」なのでとにかく大袈裟なストリングスアレンジにはしたかったのだけど。
ただ美しい旋律だけではなく「奇跡」がさらに「夜を明ける」二つ重なった大ごとで皆既日蝕と大地震が同時にきたくらいの、海が裂けた上に大洪水が来たけどつがいの動物たちを救った、みたいなインパクトをあの短いイントロのストリングスだけで表現できないかな…と、摩訶不思議なエフェクティブでもあり、尚且つ旋律もドラマティックにしたくて…。
で、ストリングスアレンジしてるとやはり幸せに満ちた時間でした。

09 路地裏にて
またもや見事なヒロちゃんのアルペジオから全体のアレンジをイメージしてて
路地裏の例えば、錆びついた蛇口から落ちるしずく、1ブロック先のメインストリートで誰かが歩いて石畳に響く足音、ガサガサと剥がれかけた広告ポスターが風でなびく音、あんまり想像したくない小動物がゴミ箱をあさる音…
そんな路地裏で聞ける音がリズムを奏ではじめたら…なんて想像してみたら面白いかも。
左右で鳴る細かい様々な音はすべてその1つ1つを貼り付けていて。
今これを書いてる夏の夜だってちょっと意識をそちらに持っていけば、スズムシの音だろうが、部屋の時計の音だろうが、環状線を走る車の音だろうが、何であれ音楽として捉えられる。
むしろ音楽を作っている時よりこんな時間のほうが自由にそのサウンドを楽しめて気持ちがよかったりする。

10 螺旋
これも『憂いの彼方』と基本同じで、ドラムとベースはリハ音源をテンポとノリを同じ手法で再現。
俺の中ではコード感や曲調からPink Floydを感じ取って…。
オルガンなどを入れた。
『憂いの彼方』はギターを敢えて控えめにしたが、こちらはギターを原曲より派手に。一番(というか唯一?)ギターをたくさん重ねたかな。
フェイザー(しゅわしゅわしてるエフェクターね)やディレイ、コーラス(ギターのエフェクターね)を駆使し
使ったギターも全面ストラトキャスターでPink Floydのギタリスト、デイヴ・ギルモアを意識して作った。
盛り上がり部分のスライドギターもデイヴ・ギルモア。
ヒロちゃんに聴いてもらった時にクレイジー!と評価してもらったけど
「ゆらゆらと」「大地と空」「ただ広がり、ただただそびえる」「僕らは宇宙のチリ、太陽の子、地球に抱かれ…」と
Pink Floyd以外考えられないでしょ?これ。
ヒロちゃんはプログレほとんど通ってないんだけど
ジャンルってさ、作った側が「僕らなになにです」「メタルです」「テクノです」「プログレです」って本来カテゴリーするものじゃないよね。
リスナー側が選びやすいようにジャンル分けって考え方が当たり前になって
今となっては例えばiTunesで作品をリリースする…ジャンルの登録、サウンドクラウドにアップする…ジャンルの登録…という具合にこちら側がジャンルを申請するのね。おかしいよね。
ヒロちゃんはヒロちゃんでしかないし。

ヒロちゃんの声、苦手なんで…って人たぶん世の中見ればいると思うよ。
声質の好き嫌いってはっきり白黒ついちゃうものだし、これだけ個性ある歌い方だから。
だけどこのアルバムを手にする人はヒロさんの声じゃないとダメなんです、大好きなんです、っていう人ばかりだよね?
俺もそのヒロちゃんの声に病みつきになった1人。
昔、よくね、wipeの曲のアレンジを考えながらヤスヒロと話してたんだけど
「俺らがさ、どんなにアレンジ考えてもさ、ヒロちゃんが歌っちゃうと、ぜーんぶ、一緒、ヒロちゃん色になっちゃうんだよ」ってね。
でもね、たぶん世界にそう何人もいないんだよ、そんなボーカリスト。
歌詞に寄り添ったり、あえて歌詞と相反したり…背景の彩りをあんな手、こんな手を使って、俺は執拗に、ホント執拗に「いろんな色の山田浩文」をみんなに感じてほしかったんだよね。

「もっと音楽的なことをうまく伝えられるような話術が欲しい」などと言っておきながら
全くそのようなことを喋らず…な
いつも以上にゆるい感じでのゲスト出演となりました。
ありがとうございました。

もともと洋服屋なんかをやっていたもので
行動と着衣の関連性などには興味があり
例えば軍服もスポーツをする上でのそれぞれの競技に対するそれぞれのユニフォームも
(軍服もミリタリーユニフォーム)
機能性とデザイン性という両面から考えられているわけですが

ワイキキビーチでも全身Yohji Yamamotoで黒ずくめや
銀行との取引現場にラフな格好で臨んだり
10代の頃は金髪ロン毛のくせにちゃんとしたレストランのフロアでバイトさせてもらい(これは理解あるオーナーの人柄のおかげだけど)
などと
行動とファッションのあえてのギャップを楽しむ…そんな生き方をしてきたつもりですが

浴衣とギタープレイ…
なかなか高度なギャップでした。

なんと弾きづらいことか。

このスタイルを10年間続けてきた木村世治に意味のわからんリスペクトを感じました。

五味誠参加以降セットリスト

1 CRUNKY STICK BAR
2 THE CABBAGE (TEENAGE FANCLUBカバー)
3 THE KILLING MOON (エコバニカバー)
4 MOON
5 SLAP THE SUN
6 THE BOY WITH THORN IN HIS SIDE (THE SMITHSカバー)
7 THERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUT (THE SMITHSカバー)
8 WHEN YOU SLEEP (MY BLOODY VALENTINEカバー)
9 SOME THINGS SIMPLY VANISH

En.
1 FLAKE
2 SPEAKIN' SPEAKIN'
3 ONE STAR SHINING

2月の高円寺AMP CAFEと重複してる曲は省略しますが
(その時のブログに詳しく書いてます)
各曲の想い出などを書きます。

4 MOON
ボックスセットDisc2から。
「最も好きな曲」と言いながら、それも時期ごとに変わるものだと思うけど
そういった言い方よりも「自分たちの曲なのだから優越つけちゃ可哀想なんだけど…やはり大事な曲」のひとつであることは間違いない。

MCで言ったように本人コードを覚えてませんで、俺がちゃちゃっと音を拾いLINEでタブ譜っぽくして伝えました。
うちらの間では「xx3230」とか書くと伝わるんですが
例えばこの暗号は
6弦、5弦はミュート、4弦は3フレット、3弦2フレット、2弦3フレット、1弦は解放」という意味です。

ボックスセットDisc1はまだ出会ったばかりで
俺のデモストックから曲を作るケースが多かったのですが
Disc2あたりから世治のソングライターとしての才能が爆発します。

この曲なんかは
「メロの行きたいところをギターコードが道案内する」
今の世治のスタイルの原点とも言えるかもしれません。

お互い気づかないうちにお互いのやり方に影響されながら
自分だけが持つソングライティングスタイルがそれぞれ確立していくのですが

世治はこの「メロの行きたいところをギターコードが道案内する」なのです。
そのメロが行きたがるところを道案内するためにテンションコードや分数コードや転調などで広げる…イメージです。

俺の場合は、メロの行ける範囲をある程度特定しながら和音構成自体でも表情や変化を求めながらテンションコードや分数コードや転調などで広げる…なのです。
なので、俺の場合はゼペットに限らず最後にメロを付ける場合が多いです。

5 SLAP THE SUN
ボックスセットDisc1から。
この曲も大事な曲。
コード進行やリズムアレンジなどはクリエイションというよりCherry Red Recordsやサラレーベル(Sarah Records)からの影響が強かったと思う。
この頃は実は俺と世治、お揃いのオベーションのアコギを持ってましたね…つーとこもかわいいですね…。

6 THE BOY WITH THORN IN HIS SIDE
スミスはホントに好きな曲ばかりで、ダブルデッカーバスやったら「この曲も!」となるし
この曲やったら「あ、ウィリアムもやりたい!」と今なってるし
もしどこかでウィリアムやったら「あ!次は…」と永遠ループしそうです。
ちゃんとジョニーマーのフレーズをコピーしたこととか実はないのだけど
「なんとなくのジョニーマー」という意味で
間違いなく自分のギタースタイルにも「なんとなく多大な影響」を与えているはずなのです。

8 WHEN YOU SLEEP
「マイブラやろうよ」
「雪駄ゲイザー」と
717のMCでも話しました。
マイブラは曲何やる?という概念よりも
マイブラをやる…であり
曲はなんでもいいんです。
伝わりませんよね?
でも、それがマイブラの凄いところなんですよね。
あまり多くを語れなくなるのもマイブラの凄いところだと思います。
何せ俺からすればラブレスで「音楽の進歩は終わった、最終形」だと思っているくらいなので。

En.2 SPEAKIN' SPEAKIN'
ボックスセットDisc1から。
ボックスセット編集にあたりバネにこの曲を聴かせた際に
「こんなプレイしてた時代あったんだ?」と
ギタリスト2人にしか通じないような(ここでは世治は残念ですがギタリストには含まれません)会話をしました。
ジョニーマー的でもありハウスオブラブ的でもあり
ネオアコ直轄なフレーズのオンパレードですがこれも今から振り返れば理由を探せます。
Disc1で唯一世治持ち込み曲がこの曲なんです。
他の曲は俺のストックがベースになっているので
作曲したフレーズがそのままレコーディングしたフレーズとなっており
この曲だけは俺はギタリストとしてあとからアレンジしているので
他の曲よりギタリストとしてギタリストらしいフレーズを弾いているように思います。

と、思いつくまま書いていたら
文章のまとまりもなくなってきました。

音楽的な解説はこれくらいに。

最後に
当日の浴衣を準備してくれた方
(その出来栄えと似合っちゃう俺に感動しました)
当日足を運んでくれた方
スタッフ
みんなに感謝致します。

人生楽しんだもの勝ちです。

こんなレアな機会ないよ?
なんてあおったりしましたが
ホントにそう思います。
そのレアな機会を一番楽しんだのは
間違いなく俺で
ゲストとして呼んでくれた世治にも最大の感謝を改めて伝えます。

浴衣写真を…とも思ったのですが
やはり…本人からはやめておきます、笑

引き続き、自身の作ったキャラと闘い
そのキャラに翻弄される
猫キャラ乙女キャラを
よろしくお願い致します。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1897.JPG

今年の夏は
716.717
MLJ
木村世治浴衣ナイトゲスト出演と
例年に比べれば盛り沢山で
他のP制作物や
wipeの新譜制作も重なり
ヒーヒー言いながらも
ライブはその浴衣ナイトゲスト出演を残すのみとなり
ちょっと落ち着いた。

ので、毎度振り返りたいところだけど
そうもいかなかったので
ここで一度振り返り。

2017.7.16
渋谷 CHELSEA HOTEL
ZEPPET STORE CLUB 716 Vol.3

メジャーデビューアルバム『CUE』再現ライブ。

次回のCLUB 716何やろっか?という会話の中で
世治が「CUEしばりでやるとかさ」と発言。

前年716しばりもやっていたこともあったと思うけど。

ただのしばりじゃ面白くないな…
じゃ再現ライブとして
アルバム曲順の並びでやろうよ…と。

2011年5月にロンドンで観た
RUSHのTour Time Machine
MOVING PICTURES再現ライブがヒントとなった。

RUSHは先にMP以外の曲でライブをスタートさせ
インターミッション(中休憩ね)を挟み
MPの再現ライブ…だったのだけど
うちらは逆にしてみました。

インターミッションで一度メンバーがはけたあとのSEは中村雄一が作ってくれました。
あれ?終わり?早くない?
と思われた方も多かったかも知れませんが
インターミッションを挟むという初の試みでありました。

この『CUE』は
脱退直前に完成したということもあり
様々な想いが詰まった作品。
またバネに取ってもこのCUEでのツアーが
サポートスタートの時期だったこともあり
5人での現体制であるからこそ振り返れる
とても意味あるライブとなりました。

2017.7.17
下北沢 CLUB251
ZEPPET STORE CLUB 716Vol.4
〜Acoustic〜

再結成後の曲から本編を構成するというしばりと
敢えて前日演奏しなかった
『STARE AFTER YOU』を5人で初めて演奏。

「この曲コード多いぃぃ」とリハ前の事前の個人レベルでの予習で
バネがボヤいてきたのですが…

コード進行などで曲を把握する人。
ギタースケール的な捉え方で曲を把握する人。
と、ギタリストにはふた通りいて

世治は前者
バネは後者
俺はどちらにも対応
という感じなのですが。

で、この曲は小曲ながら
半音階にルートが降りていったり
ちょっとした転調がムードを高めたり
となかなか複雑に出来ている曲なのです。

作った世治本人の脳内を勝手に分析すると
普段からゼペットの曲もアコギで弾き語りできるようにメロを組み立て
そこがまさに世治の凄いところなのだけど
この曲はコード進行を複雑にすることでアンサンブル自体も
メロディとアコギの構成音だけで成立してしまっているのです。

あ、世治の脳内を勝手に分析と言いましたが
これは彼が狙ってそうなったのではなく
無意識にそうなっただけでしょう、笑
凄いことに気づいていないのも世治の凄いところなのですね。

で、当時のレコーディング風景を思い出しました。

それまでのゼペットでは
ボックスセットに封入したdemo2『ONE STAR SHINING』の『MOON』という曲のあたりから
SSSの『ESPECIALY FOR YOU』
716の『ANGEL WILL COME』と
世治の弾き語りベースに俺がウワモノを「のせるだけ」な
シンプルな曲をアルバム後半に入れることで
アルバム全体がベターっと濃厚で大味にならないようバランスを取る…
というのがもはや定番化していたのです。
そして当初はこの『STARE AFTER YOU』もそのつもりで
俺がウワモノを入れる予定でした。

が、当日のレコーディングで
「これ、何も入れなくていいよ、このままが一番いい」と
俺が言ったのを思い出しました。
つまりその時点で「成立している」ことを感じとったのでしょう。
バネも苦労するわけです。

そんなこの曲を5人で演奏なんて
この曲だけをとってみても
それこそレアな一夜になったと思います。

トークも多めで楽しい夜でした。

2017.8.5
新木場STUDIO COAST
hide presents MIX LEMONeD JELLY 2017

いつものファミリーの面々との繋がりを感じるためにも大切な1日。
「ウィーっす」「お疲れすぅ〜」そんなやりとりだけでも幸せになります。

LM.CのAijiくんMayaくんとも久々に再会できたし
何時ぞやの打ち上げやなぜかバスの中とかで偶然会ったjealkbのメンバーとの再会、本番直前のバッチリメイクのhadelu氏との挨拶
事前に連絡くれてたexist†traceのmikoちゃんとのステージ上での再会と
どれも楽しかった。

ZEPPET STOREはメインステージのトリとして参加させてもらいました。

この日のセットリストは世治が構成を。

フェスやイベントでの短い時間の中に
『ROSE』『声』とバラードを2曲も入れるのも
ZEPPET STOREらしくていいですね。
細かいフレーズから解放される『声』の間奏部分でのディレイとリバーブの渦が
大箱だと映えたのではないかと勝手に外音を想像しました。

セッションではROCKET DIVE

Aijiくん、Mayaくんに挟まれ
俺も一瞬LM.Cになれた気分。
Mayaくんが俺の足元の要塞に反応してたのがやはり元ギタリストだなーと。
「大好きなオーマイジュリエットやってくれたね」
「あれすごい久々なんですよ」と。

ROCKET DIVEはそれこそ当日までの1週間、最低1日に1回は弾いて
身体に入れた甲斐もあり
大将のズクズク気分を満喫しましたね。
この曲も弾いて初めてわかるけど
ホントよく出来てる名曲でした。

さ、残すは木村世治、浴衣ナイトの
ゲスト出演のみ。

準備はもうすぐ万全へ。

こちらもちろん格好もレアですが
演奏曲はそうとうレア。

是非、歌とトークも
楽しんでください。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1898.JPG
Photo by AKIHIRO

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1897.JPG

↑このページのトップへ