そっかー

そっかそっか、まだ時代が追いついて無かったか~

スマホで簡単に始められて、デザインも弄れて、独自ドメイン使えるホームページを探してたんだけど、無料ではなかなか無いらしい。(有料ならあるのにねぇ)
せっかく新しいドメイン取ったのに~
99円だったけど。これはまた別で使います。
しばらく、Webの世界から離れてたから、その間にもっと時代は進化してると思ってたから期待し過ぎてしまってたよ。
そっかそっか。

で、スマホページとPCページのプレビューが交互に出来ちゃう『jimdo』に着地点を見つけました。独自ドメインが無料版では付けられないのが残念だけど、後は大体OK。


↓まだ途中だけど作ったページね。
で、入ったらこんな感じです。
これがPCのプレビューね。
Screenshot_20180109-003904.png
で、まぁ希望のレターポットのアイコンは付けれたわけですが、FacebookとTwitterはシェアボタンとして別項目になっちゃうので、今のところ変な配置。
シェアボタンとして付けずに、レターポットのアイコンと同じ付け方をしたら、整列は出来ると思う。
横並びに出来ないのが残念。

ページのレイアウト自身を変えたらサイドに入れ込める気もするので、もう少し弄ってみようと思う。

しかし、レイアウトに関しては自分でCSS組んだ方が手っ取り早い(笑)
それでもスマホページとPCページの調整を思えば『jimdo』は優秀だと思う。
自分では面倒くさくて絶対したくない(笑)

スマホが出た時点で、いわゆるホームページというもの自体の存在価値、存在意義が将来無くなると思ってたんだけど(実際ホームページの代わりにFacebookやブログをメインサイトとする店舗も増えた)
スマホで作成して更新できるなら、ポータルサイトとしての使い方はまだあるのかも知れないなぁ。
Screenshot_20180109-005744.jpg
配置はいまいちですが、
レターポットのアイコンがいい感じに埋まってる♡

アイコン素材はこちらからお借りしています♪
↓↓↓
【無料素材】勝手に作ったレターポットのアイコンにバリエーションを追加しました | よらノート
こんにちは。今日も妻と猫(ミーちゃん)と一緒におもしろいものを探しているデザイニストの「よら( @nikuatsuteacher )」と申します。 この2日間はレターポット三昧で、凄く色々と考えさせられました。レターポットの世界観や反響の大きさ。その先には必ず温かい血の通った人が存在することを忘れないようにしないといけませんね。 僕という36歳児が起こした蛮行に対して西野亮廣さん本人から快くOKをいただいたので、今回はその公約を果たそうと思います。どうぞ、お付き合いください! 2018.1.17追記。アイコンバリエーションに丸型を追加しました! 本当にあった昨日の出来事 昨日投稿した記事の反響が凄くて腰を抜かしています。何があったのかはこちらの記事をご覧いただけると分かると思います。 【無料素材】レターポットのアイコンを勝手に作りました 2018.01.07 自分が使いたい時に無かったので作りました。 レターポットを使い始めて楽しくなってきたところで出鼻をくじかれた感じなので勢いが違いましたね、僕の中の。 しかもちょうど今月はこんな指針を掲げているタイミングでした。 去年から始めたのですが、僕は毎月妻と左右の銘というのを掲げています。 「左右の銘」というのは、このようなものです。 自分の行動に一本筋を通しておくと選択を迫られた時の行動規範にもなるし良いよね。でも座右の銘というと大げさすぎる。フラフラとぶれても良いじゃない。お固いのは無しで、ゆる~く『左右の銘』ぐらいが丁度良いよね と、妻と話し合って決めた行動指針です。緩いので人生通しての指針ではなく毎月変わります。 つまり、36歳児なので難しいことは考えられません。 「怒られたら後で謝ろう」という気持ちだけポケットに入れてとりあえず記事を公開し、Twitterで投稿してみました。 どうせ反応ないだろう!反応無いということはバレてない!バレてないということはこのまま使えばいい!という3歳児並の思考でるんるんしていたらものの2~3分で西野亮廣さん(@nishinoakihiro)にバレました!改めて恐ろしい人だと思います。 西野さんがわざわざ時間とレターを使い、しっかりと意思を伝えてくれたのなら僕もそれに応えなければいけません。 僕は記事の中でこう発言していました。
yoranote.com