こんにちは。スタッフです。
クリスマスも終わり、年末モードが高まる中、
ニューアルバム 「Design & Reason」のジャケット写真と収録曲を発表いたしました!

前作シングルに引き続き、CDジャケットは、BEAMSさんにデザインをしていただいたのですが、
絵本作家、山本忠敬さんのイラストを、引用していただきました。

DesignJK.JPG



なぜ、このイラストを引用することになったかと言いますと・・
アルバムタイトルは、(前回のツアーで槇原がお話した公演にいらっしゃった方は覚えているでしょうか)「自分がこの自分として生まれてくるには、何か理由があるんだ」ということを元に槇原が決めたものです。

そんな風に一人一人理由があって「デザイン」されている私たち人間と同じように、
車もそれぞれに理由や目的があって一つ一つデザインされている、ということから
このイラストを引用することをBEAMSさんがご提案くださいました。

アルバムタイトルの理由を聞いて、
車と繋げてくださるなんて、素晴らしい発想ですよね!
しかも、こんなにアルバムの世界観に合う素敵なイラストに出逢えて、鳥肌が立ちました。

楽曲の中には「車」にまつわるワードが出てくる曲もあり、
ブックレットも曲に合わせたデザインがされているので、ぜひ注目してみてください。

とても可愛くて、作りながらニヤニヤしてしまうんです。
あー、早く見ていただきたいっ!!!


そして、収録曲も発表いたしました。
まずはタイトルからどんな曲かを想像していただけたらうれしいです。
槇原が手塩にかけた曲を、
ミュージシャンのみなさんが丁寧にレコーディングしてくださり、
たくさんの方が整えてくださって、
とにかく愛しい愛しい曲たちが集まりました。



こうして書いていると、どんどん長くなってしまいそうです。。
このブログでは、言葉足らずで説明しきれていませんので、
槇原のレギュラーラジオ「Who cares?」やファンクラブ会報、
その他の場所でも、アルバムについてたーーーくさん詳しいお話をしていきたいと思いますので、
ぜひチェックしてくださいませ!!!






 

お久しぶりです。
スタッフです。
お久しぶりすぎて、読んでくださってる方がいないかもしれませんネ。

今日は新しくできたファンクラブ継続記念品をご紹介したいと思います。

こちらです!!どーん!!!
DSC01719.jpg

槇原の黒い服の前で光り輝く(?)真っ赤な「会報用ファイル」です。

読みやすく大きくなった近年の会報を、ファイリングしながら読めるという優れもの。
数年にわたり、あーでもない、こーでもないと改良を重ねてやっとできあがりました!!
遂に、みなさんに使っていただけるのだと思うと嬉しいかぎりです。

ただ、「継続のタイミングまだもう少し先だよ」という方や、
「1冊じゃ足りないよー!」という方のために、
継続記念品としては初の「同時通信販売」を実施いたします。

是非公式HPのSTOREページよりチェックしてみてください♪


2018年全国ツアーは60公演というロングツアーで、おかげさまで絶賛開催中です。
お越しくださったみなさん、是非会報の「コンサート感想係」までご感想をお送りください。
あなたの感想が載った会報を、このファイルにファイリングしてみませんか??(えー。無理やりファイルに繋げてますとも。)
これからお越しくださるみなさんは、どうぞ期待して待っていてくださいね!!

それでは!最後までお読みいただきありがとうございました。
次はお久しぶりにならないように・・します!!

久しぶりに槇原家の犬(BUPPU)たちの日記を書きたいと思います。

先日、珍しくジュニアがおもちゃで遊んでいました。

1_.jpg


なんだか嬉しそう。

そこへ近づいてきたのは、赤い首輪を付けたヤクルト。
ジュニアのことを全然見ていないようで、実は視界にいれて意識しているのが伝わりますか?

2_.jpg


そんなヤクルトに気づかないジュニアは、あっちこっちにおもちゃを転がして
夢中で遊んでいます。

3_.jpg


その時、ポロッと、おもちゃを少し遠くに落としたんですね。
その瞬間・・・!!
目にも止まらぬはやさでヤクルトがおもちゃに飛びつきます。

4_.jpg

一体どこからどうやって回りこんだんでしょうか。
呆然とするジュニア。
信じられない・・・と、いい表情しています。

そしてそのあと、思わずカメラに向かってこんな顔。

5_.jpg
 
これまた哀愁漂ういい表情です。

 一方ヤクルトは、してやったり!!

6_.jpg

槇原家はこんな日々を送っています。
以上、ジュニアに起きた予想外の珍事件をお届けしました。

槇原はいよいよ本日より全国ツアーがスタート!!
みなさまにお会いできるのを楽しみにしています。
 

↑このページのトップへ