メシについての話をします。
私は栄養士の資格持ってるんですけど(よく間違えられるけど調理師じゃないです)
完全にペーパー。なにも活きてないです。
ただのちょっと料理のできる女です。
なんなら人が作った料理の方が好き。

これは死ぬほど自慢なんですけど、載せてる料理、ほぼ初めて作ったものばっかなんだよね。上手くね?
たぶんそんなに美味しくは作れてない、私なんでも美味く頂けるんで!
作るのそんなに好きじゃないけどきれいに美味しそうに作れてしまうんですね。(大マウント)

だから、完全にあれはInstagram用の料理で、今日も現実の私は袋のままちくわ食ってるんですけど。

けどまあ、こんな家に居るとみなさんお料理する機会も増えたのではないですか、私みたいに写真と気分だけでも素敵な生活感醸し出したりしちゃおっかな〜ってなるでしょ。
異国のオシャレな料理で気取るより逆に和定食で健康そうな余裕のある感じ見せたいみたいなとこありますよね。
私の記憶の彼方と本棚の奥から微かな知識に引っ張り出してきて献立の立て方を書いてみますね。
まず、主食を決めます。(米、麺、パンとか)
主菜決めます。(主に肉、魚、卵料理かな)
副菜決めます。(野菜、芋類とか)
その他一品(汁物や果物など不足しやすい食品とれる感じのやつ)
がんばると、一回の献立の中で調理法が被ったり食材が被るのは避けたりします(主菜が肉じゃがだったら、副菜は煮物や芋類を避ける、みたいな)
野菜は一日に350グラム摂ろう!と言われますけど、詳しくいうと、
淡色野菜(色が薄い野菜、キャベツ、玉ねぎ、キノコとか)230g、
緑黄色野菜(濃い野菜、トマト、ほうれん草、人参とか)120g
を三食に分けて摂ろうねって事ですね。なんか中の栄養が違うらしい。
そう考えると自ずとまあまあ野菜入れなきゃな〜ってなるでしょ、そういうざっとした感じで私はやってます。
大根とかぶって大根とかぶの部分は淡色野菜なのに葉は緑黄色野菜なんだよ、強すぎ。

魚も野菜もその旬のものが一番美味しい時だから旬もの使うと素敵に美味しいね。
あと一回の献立では料理の国を統一すると献立!って感じになる。ごちゃ混ぜの家庭感も良いよね。
けど、これ守ってたら手間暇コストかかりすぎて嫌になるので何でもいいよ!
土井先生は一汁一菜でいいって言ってるし、気分じゃなくて本当に身体に気をつけようという人は続けることが大事なんだろう。
私は0か100か人間なのでちゃんとご飯作った次の日はお菓子です。(本当に、こんなの語る資格なくない?)
あとは素敵な皿に盛れば素敵なInstagramに溶け込む事間違い無いです。

本来はなんやかんやたーーくさん計算して各々の年齢性別活動量食事療法の内容とかによって成分別に必要な%出したりカロリー数だしたりするんですね、すごいね栄養士の方。

家庭料理なんて、自分が美味しけりゃ何でもいいんだよ、きちんと食べて、寝て、動いて、健康に過ごしましょう。
JEGjivpDhc.jpg
こう見ると献立立てるのに意気込んでる日と家庭料理なんだからって美味しさ求めてる日が見え見えだ。
何の参考にもならないけどみなさんの料理への意欲がわきますように

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1328.JPG
入学早々の授業で肩ぶっ壊れるまで研がされて以来研いでない包丁。

最近なに作った〜?