朝メイクしたてのキレイな眉を、一日キープするポイントをご紹介😊
・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

これから暑くなる季節、気になるのが眉メイクの崩れ。

朝せっかく気合を入れて描いた眉が、気づけば汗や皮脂でヨレヨレに…なんてことも。

そこで今回は、キレイな眉メイクを一日キープするコツをご紹介します。




◆1:重要なのは朝の仕込み!



夏の眉メイクにおいて、重要なのは土台づくり。

まず朝の眉メイク前に以下をしておくのがポイントです。

①余分な油分をティッシュオフ
②フェイスパウダーでさらさらに

スキンケアアイテムやファンデーションの油分が
眉に残っていると、描いた眉メイクが落ちやすくなります。

そこで、眉メイク前にティッシュで眉の中、周辺皮膚の余分な皮脂・油分をオフすることが大切。

仕上げにフェイスパウダーをのせるのがポイント。

フェイスパウダーには皮脂を吸着する効果が期待できるものも多いので、仕込んでおくことで皮脂分泌による眉のメイク崩れ対策にもつながります。

より詳しい内容は以下からご覧ください。



◆2:消えやすい部分はペンシルorリキッドで



眉尻等が消えやすい…という人は、消えやすい部分をペンシルやリキッドで描くのがおすすめ。

眉メイクアイテムにおいて、一般的に消えにくい順は以下。

リキッド>ペンシル>パウダー

ペンシルでも十分キレイな眉メイクをキープすることができますが、特に眉メイクが消えやすいという人は、消えやすい部分をリキッドで描くとよいです。

消えやすい部分のみペンシルやりキッドで描き、眉全体に色付けするのはパウダーでOK。


◆3:テカってきたらすぐ皮脂をオフ



特に暑い日は時間の経過とともに、皮脂が分泌され、分泌された皮脂と眉メイクが混ざって崩れやすくなってしまいます。

分泌された余分な皮脂を放置するのはNG!

お手洗いのときなど、鏡を見て眉がテカってきていると感じたら、すぐにあぶらとり紙やティッシュで眉を軽く押さえ、余分な皮脂をオフすることで、きれいな眉メイクをキープすることができます。


是非これらを意識して、暑い日も眉メイクを楽しんでください^^


goodbye with a smile. ☺︎





(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter