短過ぎる眉は、見た目にも人相学的にも、デメリットが多いんです…😨
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

最近の眉はやや短めがトレンド。

とはいえ、短くし過ぎるのはNG!
顔全体が残念に見えてしまうことも。

そこで今回は、短過ぎる眉がもたらすデメリットを3つご紹介します。


【目尻より短い眉はNG!】



眉を"目尻の真上"よりも短くするのはNG。

視覚的、観相学的に、
以下のようなデメリットが生じます。


◆残念① 顔がぽっちゃりみえる



眉を短く描き過ぎると眉尻〜生え際までの
顔の"余白"が目立って見えます。

その結果、顔がぽっちゃり見えやすい傾向に。


◆残念② 顔が地味に見えやすい

眉を短く描くことで、
眉というパーツが小さくなります。

その結果、顔がこじんまりと地味見えしやすくもなります。


◆残念③ 何事も長続きしなくなる?!

顔の学問である観相学では、

短過ぎる眉は「何事も長続きしない」
ということを意味するため要注意。


このように、視覚的にも観相学的にも、
短過ぎる眉はおすすめできません。

自分の顔を魅力的に見せる
眉の長さを知っておくことが大切です。



【基本の眉の長さをチェック】

基本の眉の長さの目安は以下です。



《短め眉》
口角と目尻を結んだ線の延長線上

《長め眉》
小鼻と目尻を結んだ線の延長線上

眉を描いた後にペンシル等を置いてチェックし、
短過ぎたら描き足すようにしてみてください。



眉が短くなり過ぎないように、
気をつけてくださいね^ ^


goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)