懐かしい‼️『美的GRAND』付録の眉スケールで簡単眉メイク😊🙌🏻
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

発売中の『美的GRAND』の付録が
「美麗眉スケール」。

これは使ってみたい!!!と思い、
早速購入して試してみました^^




◆かんたん・時短!美麗眉スケール

「美麗眉スケール」は、
眉メイクのテンプレートのようなもの。

【Elegant】と【Casual】の、
形の違う2種類のスケールがついています。



スケールを眉に合わせ、
アイブロウパウダーでなぞるだけで
眉メイクが完成するというアイテム。

25年くらい前…私が中学生のときにアムラーの細眉ブームが到来し、このような眉テンプレートが流行った記憶があります。

そのときの眉テンプレートはやや使いにくく、実用性に乏しかった記憶があったのですが、今回は編集部の方が試行錯誤した自信作ということで、久しぶりに試してみたいと思いました^^


使い方はとても簡単。

美麗眉スケールを眉にあて、
アイブロウパウダーをのせるだけ。



Casualを試したところ、
こんなかんじに。

想像よりも眉の形がしっくりきました^^



その後、スクリューブラシでぼかすなど、
微調整した完成眉がこちら。



両眉を仕上げるとこんなかんじに。



スケールを左右同じ高さや角度に合わせることがやや難しく、左右の形が微妙にズレることはありますが、想像よりずっと自然な仕上がりに^^

スケールで眉の形をざっくり決め、その後スクリューブラシやペンシルで微調整して完成させるのがポイントです。


また、地肌部分に描き足す必要がある人は、ふんわり色づくアイブロウパウダーでは地肌部分に色がのらないため、しっとり系のアイブロウパウダーを使用したり、後から地肌部分をペンシルで描き足すのがおすすめ。

※私はヴィセのアイブロウパウダーを使用しました。


具体的な使い方は以下の動画でご覧ください。

※おすすめ使用方法では、各ストロークでパウダーをのせるのは一回ずつでしたが、色のりが薄かったため、私は二回ずつのせています。



ちなみにもう一つの【Elegant】はこんなかんじ。



【Casual】の方が直線的で、
【Elegant】はやや眉に角度とアーチがあります。




今回「美麗眉スケール」を試して感じたことをまとめてみました。

≪よかった点≫
・簡単に眉のベースの形がつくれる
・眉メイクが時短できる
・Casual、Elegantの眉の描き替えによる
  イメチェンを簡単に楽しめる

≪ちょっと微妙だった点≫
・人によってはスケールが合わないことも
・地肌部分には色がのりにくいため、
  後から描き足しが必要になることも
・左右の形が微妙にズレる
・スケールを肌にあてるため、
  ファンデーションやアイメイクがややヨレる


その他、今月の『美的GRAND』は大人女性が10歳若く見えるアイメイク方法や、目元の筋トレ方法など、"目元"へのアプローチがぎっしり詰まった一冊。

私も美的GRAND世代なので、
しっかり勉強して実践しようと思います^^



goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)