目と目が離れて見える「かもめ眉」になっていませんか🤭⁉️
・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

最近よく見かける残念眉のひとつに
「かもめ眉」があります。

先日放送された『ゼロイチ』(日本テレビ系)の「美眉アップデート」コーナーでもご紹介させていただいたのですが、

かもめ眉は顔を大きく見せたり、平たく見せたりするので本当にもったいないんです!

そこで今回は、改めて「かもめ眉」のデメリットと解消法をご紹介します。



◆顔を大きく見せる「かもめ眉」とは?


かもめ眉とは…眉頭が細く、眉尻に向かって太くなる眉のこと。

まるでかもめの形のような眉であることから、
そのように名付けました。


眉頭が細く、眉尻に向かって太くなると、眉の重心が外側になることから、

眉やその下にある目が外へ外へと引っ張られ、
顔のパーツが離れて見えてしまいます。


パーツが外側に離れて見えると、
顔が大きく、平面的に見えてしまいます。



もとの顔立ちを残念に見せてしまっている…
これは本当にもったいないと思います。

かもめ眉にならないよう、
眉の基本の形を意識することが大切です。


◆眉の基本の形をおさらい!


眉は眉頭が一番太く、
眉尻に向かってだんだん細くなるのが理想。

眉頭が一番太くなるようにすることで、目鼻立ちが際立ち、顔の形もコンパクトに見えます。

もともと眉頭が細い…という人は、眉頭の上の三角ゾーンを描き足すと自然に太さを出すことができます。



「眉は眉頭が一番太くなるように」目鼻立ちを際立たせるにはこれがとても大切なので、是非意識してみてください^ ^


goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)