太眉にするときは、アイメイクで目の縦幅を意識することが大切😊🙌🏻
・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

ここ数年は「やや太めの眉」が人気。

眉は太めに描くことで若々しい印象に見せることができ、顔を華やかに見せることもできます。

ただし、太眉にするときは
アイメイクも意識したいところ。

闇雲に眉を太くするだけでは、
顔のバランスが悪く見えることも…

そこで今回は、太眉にするときに意識したいアイメイクについてご紹介します。



◆太眉は目とのバランスが重要

x8pJqVHV52.jpg

眉と目は近い位置にあるため、
互いのバランスが重要。

闇雲に眉を太くすると眉の印象が強くなり、眉だけが悪目立ちしてしまったり、眉との対比で目が小さく見えてしまったりすることも。

眉を太くする場合は、眉の印象に負けないように目の印象を強くすることが大切です。



◆「上下まつ毛カール」で目の縦幅UP!

CoT4yjpgWe.jpg

「目の印象を強める」ときくと、アイシャドウやアイラインをしっかり入れるという方法を思い浮かべる人も多いかと思います。

ただ、マスク着用時はアイシャドウやアイラインを濃くすると目元の印象がキツくなりやすいので要注意。

ナチュラルに目の印象を強めるには、「まつ毛をしっかりカールさせる」のがおすすめ。

特に黒目の上下のまつ毛を上向き/下向きにカールすることで、目の「縦幅」を大きく見せることができます。

bFceBvNsJe.jpg

マスクから漏れる息の蒸気でまつ毛のカールがとれやすいときは、ウォータープルーフタイプのマスカラがおすすめ。

私はメイベリンの『ラッシュエクステ ラスティングカール ウォータープルーフ』を愛用しています。

BHQF8KsBbn.jpg

ビューラーでまつ毛カールをしているところを動画で撮ってみたので、こちらもチラ見してみてください^ ^


「まつ毛が短め」「マスカラが苦手」という人は下まぶたメイクも目の縦幅を大きく見せることができます。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3405.JPG

この春夏は下まぶたメイクも注目されているので、
こちらも是非試してみてください^ ^



goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)