眉メイクで知っておきたい3つのルールをご紹介😊🙌🏻
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

顔立ちをより魅了的に見せる眉メイクをするためには、知っておきたいルールが存在します。

ルールを意識して描いた眉と、ルールを無視して描いた眉とではこれくらい顔の印象が変わります。

_var_mobile_Media_DCIM_227APPLE_IMG_7208.JPG

そこで今回は、知っておきたい眉のルールを3つご紹介します。



■1:眉頭から徐々に細くなるように

_var_mobile_Media_DCIM_227APPLE_IMG_7201.JPG

基本的に眉は眉頭が一番太く、眉尻に向かって少しずつ細くなり、眉尻が一番細くなるのが理想的。

眉頭を一番太くすることで顔の重心が中央に寄り、目鼻立ちが際立ちます。

_var_mobile_Media_DCIM_227APPLE_IMG_7284.JPG

逆に眉尻の方が太くなると
顔の重心が外側になり、

顔が大きく平面的な顔立ちに見えたり、目と目が離れて見えたりしがち。

_var_mobile_Media_DCIM_227APPLE_IMG_7208.JPG

また、眉頭~眉尻まで同じ太さになっていると顔の立体感が失われたり、どこか野暮ったい印象に見えたりしがち。

眉尻に向かって細くなるように
意識してみてください。



■2:眉山を一番高くする

_var_mobile_Media_DCIM_227APPLE_IMG_7205.JPG

眉の中で一番高くしたい場所が眉山。

眉頭~眉山にかけて上昇させ、眉山~眉尻にかけて斜めに下げるのがポイント。

_var_mobile_Media_DCIM_227APPLE_IMG_7202.JPG

眉山よりも眉頭が高くなると
"困り眉"になってしまうので要注意。

_var_mobile_Media_DCIM_227APPLE_IMG_7203.JPG



■3:眉頭は斜めになるように

_var_mobile_Media_DCIM_227APPLE_IMG_7204.JPG

眉頭は、斜めになるように描くのがポイント。

斜めにすることで鼻筋のラインと自然につながり、鼻筋がスッと通って鼻が高く見えます。

直線眉を描く場合、
眉頭の角度は60〜80度程度を目安に。

_var_mobile_Media_DCIM_227APPLE_IMG_7206.JPG

アーチ眉を描く場合、
45〜60度を目安にするとよいです。

_var_mobile_Media_DCIM_227APPLE_IMG_7207.JPG


このように、3つの眉のルールを意識することで顔立ちをより美しく見せることができます。

是非これから意識してみてください^ ^



goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)