秋服と合わない残念眉メイクを3つご紹介😱
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

涼しく過ごしやすい日が増え、秋服を取り入れはじめた人も多いのではないでしょうか?

服を春夏→秋冬にチェンジするときは眉メイクも変えたいところ。

春夏と同じ眉を描いていると、
顔が浮いてしまうなんてことも…。

_var_mobile_Media_DCIM_219APPLE_IMG_9528.JPG

そこで今回は、秋服と合わないNG眉メイクについてご紹介します。



■NG1:眉色が明るすぎる

_var_mobile_Media_DCIM_219APPLE_IMG_9526.JPG

春夏は明るい色の服や、軽やかな素材の服が多いため、眉色もやや明るめにすることでメイクと服のバランスがとれました。

しかし秋冬は逆!

黒、ブラウン、カーキ、グレー等の深い色味の服が多いため、眉色が明るすぎるとメイクと服がチグハグに…バランスが悪く見えてしまいます。

服のトーンが落ち着く秋冬は、
眉のトーンも落とすのがおすすめ。

髪色にもよりますが、秋冬はイエローブラウンやライトブラウンといった明るめの色を使用していた人も、秋はナチュラルブラウン以上のやや深めの色味を選とよいです^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_219APPLE_IMG_9528.JPG



■NG2:眉がやや細め

_var_mobile_Media_DCIM_219APPLE_IMG_9527.JPG

眉は細めに描くことで大人っぽく涼し気な表情に見せることができます。

しかし秋冬の細眉には注意したいところ。

涼し気を通り越して、顔が寒々しく見えてしまいます。

目の縦の幅の1/2~2/3程度を
目安に眉を描いてみてください^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_219APPLE_IMG_9524.JPG



■NG3:ナチュラルに描きすぎる

_var_mobile_Media_DCIM_219APPLE_IMG_9529.JPG

最近は自眉のような自然な眉が人気を集めていますが、ナチュラルに描きすぎるのはNG。

秋冬は厚手のニットやコート等の重厚感のある素材の服が多いため、眉がナチュラルすぎると服の重みに対し、メイクが薄く見え、"服に着られて"見えてしまいます。

普段ナチュラルに描いている人も、秋冬は少し眉をしっかり描くように意識してみてください^ ^

意識するだけでも仕上がりが変わってきます。

_var_mobile_Media_DCIM_219APPLE_IMG_9525.JPG

服とメイクのバランスはとても大切。

服を衣替えしたときは、
是非メイクも衣替えしてみてください。


goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】




(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter

🍼育児4コマはじめました