マスクの色によって眉色を変えると、顔全体のバランスがよく見えます😊✨
・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

外出時にマスクが欠かせない今。

実はマスクの色によって意識したいのが眉色!

マスクと眉色のバランスがとれていないと、残念な雰囲気に見えてしまうことも…。

そこで今回は、マスクの色によって意識したい眉色についてご紹介します。

_var_mobile_Media_DCIM_217APPLE_IMG_7358.JPG



■基本ルールは「濃×淡」のバランス

まず、一番簡単なルールは以下です。

【マスクの色が淡い場合】
→眉にややしっかり色をのせる

【マスクの色が濃い場合】
→眉メイクの色はやや軽めに

_var_mobile_Media_DCIM_217APPLE_IMG_7359.JPG

白やベージュ、淡いグレーやピンク、ブルー等を着用するときは、眉にややしっかり色をのせたいところ。

淡い色のマスクで顔の半分を覆うことで、
顔全体がぼやっと見えがち…。

眉をしっかりめに描くことで
顔にメリハリを出すことができます。

_var_mobile_Media_DCIM_217APPLE_IMG_7369.JPG

逆に、黒や濃グレー、カーキ等の濃い色マスクを着用するときは、眉にしっかり色をのせるのはNG。

マスクも眉も色が濃いと、互いに主張し過ぎてバランスが悪く見えがち。

マスクの色が濃い場合は、眉メイクをやや軽めにするとマスクとのバランスがよくなります。

_var_mobile_Media_DCIM_217APPLE_IMG_7356.JPG



■マスクと同系色は避けた方が無難

基本的に眉メイクアイテムに多いブラウン系の眉色はどんなマスクの色にも合わないことはないので、眉の色自体をそこまで気にする必要はありません。

しかしながら、"眉色をマスクと同系色にあえて寄せる"のはあまりおすすめできません。

たとえば、「マスクがピンクだから眉色もピンク系にする」「マスクがカーキだから眉色もカーキ系にする」など、

マスクの色と眉色を同系色にすると、一見マッチしそうにも思えますが、実際合わせてみるとクドく見えがち。

_var_mobile_Media_DCIM_217APPLE_IMG_7370.JPG

ただし、グレー系は合わせてもOK。

グレーのマスクと、グレー系の眉色は相性がよいので、アッシュブラウンやグレイッシュブラウンなどを取り入れるとバランスよく仕上がります。

まだまだマスク生活が続くので、
眉メイクも意識してみてください^ ^


goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】




(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter

🍼育児4コマはじめました