細ペンシル×チップパウダーのWエンド!一本でトレンド眉が描けるKATEの2WAYペンシル💪
・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

プチプラで使いやすいアイブロウアイテムが豊富な『KATE』。

以前から気になっていたKATEの「ラスティングデザインアイブロウW N」を試してみたところ、一本で今ドキの自然な眉が簡単に作れました^ ^

忙しい朝や時短メイクをしたいときにも便利なアイテムだったので、今回はこちらの使い方や使用感をご紹介します。

_var_mobile_Media_DCIM_210APPLE_IMG_0527.JPG



■細芯×チップパウダーの無敵の組み合わせ

今回試したのがKATEのラスティングデザインアイブロウW N(SL)。

片方がペンシル、もう片方がチップタイプのパウダーになっているダブルエンドタイプ。

_var_mobile_Media_DCIM_210APPLE_IMG_0530.JPG

ペンシルは先が細めの細芯タイプ(SL)と、先が四角く太い扁平芯タイプ(FL)があります。

今回はトレンド眉の自然でフサっとした眉に仕上げたかったので、私は細芯タイプ(SL)を選びました^^

ダブルエンドのペンシルは色々なメーカーから発売されていますが、その多くは扁平芯や楕円形。

しかし今年のトレンドでもあるフサっとした自然なやわらか眉を描くには細芯ペンシルが向いています。

そのため、珍しい細芯タイプのダブルエンドはまさに私が欲しかったアイテムなんです!



■今ドキ眉を描く2ステップ

ラスティングデザインアイブロウW N(SL)を使用した、私のおすすめの眉メイクプロセスは以下です。

①眉毛が足りない部分に
ペンシルで毛を「チョコチョコ足し」

_var_mobile_Media_DCIM_210APPLE_IMG_0528.JPG

毛が生えていない部分やまばらな部分、もう少し毛を描き足したい部分にペンシルで眉を描き足します。

このとき毛並みに沿ってチョコチョコと、毛を一本一本描き足すように意識するのがポイント。

こちらのペンシルはやや硬めなのでベタっと色がのることがなく、ソフトでやわらかな眉に仕上がります。

描き足し後はこんなかんじに。
私は眉山~眉尻、眉下、眉頭の上を描き足しました。

_var_mobile_Media_DCIM_210APPLE_IMG_0529.JPG


②パウダーを眉全体にのせる

チップパウダーで眉全体に色をのせます。

このとき、毛と毛の隙間を埋めるようにチップブラシを左右に小刻みに動かすのがポイント。

_var_mobile_Media_DCIM_210APPLE_IMG_0533.JPG

こちらのパウダーはしっかり色がのり、チップも適度なコシがあって使いやすいです。

パウダーが足りなくなったら、チップを本体に戻すことでパウダーを補充することができます。

①のペンシルで描いた眉を軽くぼかしながら色をのせると自然に仕上がります^^

眉頭を描くときはあえてパウダーを取り直さず、斜め上に向かってチップブラシを動かして軽くパウダーをなじませる程度でOK。

_var_mobile_Media_DCIM_210APPLE_IMG_0531.JPG

描いた眉頭をスクリューブラシで鼻側にぼかすと、より自然に見せることができます。

これで完成!

_var_mobile_Media_DCIM_210APPLE_IMG_0532.JPG


動画でもこの工程を簡単に撮ってみたので、よろしければこちらもご覧ください^ ^


チップタイプのパウダーは一般的なアイブロウブラシで眉を描くよりもやわらかに眉に色をのせることができるので、

ベタっとした海苔眉になるのを防ぐことができ、今ドキのふさっとした自然な眉に仕上げることができます。

そして一度に広い面積に色をのせることができるので時短メイクにもピッタリ。

価格も手ごろなので、
気になった方は是非試してみてください^ ^


goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】




(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter

🍼育児4コマはじめました