「パステルカラーの服が似合わない」NG眉メイクについてご紹介😭🙌🏻
・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

春といえば、パステルカラーの洋服が流行する時期。

しかし「パステルカラーが似合わない」とお悩みの人も多いようです。

実はパステルカラーが似合わないと感じている人の中には、眉メイクに原因があることも少なくありません。

_var_mobile_Media_DCIM_206APPLE_IMG_6173.JPG

そこで今回は、パステルカラーが似合わなくなるNG眉メイクについてご紹介します。



■濃くハッキリ描いた眉はNG

_var_mobile_Media_DCIM_206APPLE_IMG_6174.JPG

淡いパステルカラーの洋服を着るとき、
眉を濃く描きすぎるのはNG。

洋服は淡くやわらかな雰囲気なのに、
眉が濃いと顔だけ浮いてしまいます。

また、明るいブラウンで眉を描いても、
輪郭をハッキリ描くと濃く見えるので要注意。


特に注意したいのが眉頭。

ぼかさずクッキリ描いてしまうと
眉全体が濃く見え、あか抜けない雰囲気に。

眉頭は描いたら必ずスクリューブラシで
ぼかすことが大切です。

_var_mobile_Media_DCIM_206APPLE_IMG_6159.JPG



■明るめのやわらか眉が理想

_var_mobile_Media_DCIM_206APPLE_IMG_6172.JPG

パステルカラーのような淡い色の洋服を着るときは、メイクの色合いも淡くすることで全体的な統一感が生まれます。

髪色より1〜2トーン明るくなるように眉メイクを施し、

仕上げに眉マスカラで眉色を緩和すると眉毛の黒さが緩和され、やわらかな仕上がりに。

_var_mobile_Media_DCIM_206APPLE_IMG_6173.JPG


やわらかな眉を描きたいときは、アイブロウパウダーをメインで使用します。

オススメはジルスチュアート/ブロウ&ノーズシャドウ パウダー。

やさしいマットな色味が特徴的で、丸みのある付属のラウンドブラシを使用するとふわっとやわらかな眉を描くことができます。

_var_mobile_Media_DCIM_206APPLE_IMG_6156.JPG

プチプラであれば、

キャンメイクのミックスアイブロウも
ふんわり仕上がります^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_206APPLE_IMG_6161.JPG


また、眉マスカラのオススメは、
先日ご紹介したエテュセのアイエディション。

_var_mobile_Media_DCIM_206APPLE_IMG_6175.JPG

眉毛の黒さを確実に緩和しつつ、
眉をふわっと自然な色味に仕上げてくれます。

_var_mobile_Media_DCIM_206APPLE_IMG_6176.JPG

インテグレートのニュアンスアイブローマスカラ(BR672)も気に入っています^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_206APPLE_IMG_6155.JPG

パステルカラーのトップスを着るときは
眉メイクも意識してみてください^ ^



goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】




(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter

🍼育児4コマはじめました