「眉メイクが上手く描けない」という人がやりがちな4つのNGをご紹介😱
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

「眉メイクが上手く描けない」

そんな人は眉メイクの手順やアイテムの使い方に問題がある可能性が…。

そこで今回は、眉メイクが上手く描けない人に多い4つのNGをご紹介します。



■NG1:眉頭から描きはじめる

_var_mobile_Media_DCIM_204APPLE_IMG_4899.JPG

眉頭から描き始める人も多いのですが、実はNG!

一番最初に描く部分はパウダーが濃くのりやすいため、眉頭から描くと眉頭が濃くなり過ぎて不自然に仕上がりがち。

_var_mobile_Media_DCIM_204APPLE_IMG_4900.JPG

描きたい眉イメージや、お悩みによって描き順が多少異なることもありますが、

基本的には眉山~眉尻→眉中の順に色をのせ、眉頭は最後にするのがポイント。

あえてパウダーは取り直さず、ブラシに残ったものをなじませる程度でOKです。



■NG2:小さな鏡を使って描く

_var_mobile_Media_DCIM_204APPLE_IMG_4896.JPG

ファンデーションのコンパクトや手鏡をはじめとした小さな鏡では、片眉ずつしかうつすことができないため、なかなか左右対称に眉が仕上がりません。

メイクをするときは顔全体がうつる大きめの鏡を選ぶのがポイント

左右の互いの眉の状態を確認しながら描き進めることで、左右の眉のバランスがとりやすくなります。



NG3: なんとなく眉を描いている

_var_mobile_Media_DCIM_204APPLE_IMG_4902.JPG

なんとなく眉を描くと、左右対称になりにくく、イメージした眉とは異なる仕上がりになってしまうことも。

眉は「なんとなく」描くのではなく、眉山・眉尻・眉頭の位置を左右意識しながら描きすすめることが大切。

特に眉山の位置や高さ、眉頭の位置や高さが左右同じになるように気を付けながら描くことで、左右対称になりやすくなります。

_var_mobile_Media_DCIM_204APPLE_IMG_4901.JPG



■NG4:ひとつのアイテムで仕上げようとしている

_var_mobile_Media_DCIM_204APPLE_IMG_4898.JPG

「眉メイクが苦手…」という人の中には、眉メイクアイテムをひとつしか使用していない人も少なくありません。

ペンシル、パウダーなど複数使うのは難しいように感じるかもしれませんが、実はその逆!

ひとつのアイテムで仕上げようとする方が高いスキルが必要。

眉メイクが苦手な人こそひとつのアイテムに固執せず、複数使用するのがおすすめ。


「眉尻を細く描きたい」「地肌にしっかり色をのせたい」そんなときはペンシルを、

「広い面積に色をのせたい」「やわらかく色をのせたい」そんなときはパウダーを使うなど、

目的に合わせて眉アイテム使い分けると自然でキレイに仕上がります。


眉の描き順や使用アイテムなど、ひとつひとつ見ると小さいことかもしれませんが、それらの積み重ねが"眉が上手く描ける"につながります。

是非これら4つを意識して、
眉メイクをしてみてください^ ^


goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】




(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter

🍼育児4コマはじめました