カジュアルコーデにピッタリの「ナチュラル眉」の描き方をご紹介😊🙌🏻✨
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

  2020年になったので、気持ち新たに玉村式『基本の眉の描き方』をご紹介します。

今回はカジュアルコーデにピッタリな
"ナチュラル眉"の描き方をご紹介します。

_var_mobile_Media_DCIM_201APPLE_IMG_1405.JPG




■1:眉の毛並みを整える

_var_mobile_Media_DCIM_201APPLE_IMG_1337.JPG

スクリューブラシで眉をとかし、
毛並みを整えます。


■2:眉下ラインを描く

_var_mobile_Media_DCIM_201APPLE_IMG_1342.JPG

アイブロウパウダーで、眉の下ラインを描きます。

眉の下ラインがぼやけていると、「ナチュラル」ではなく「ぼさぼさ」に見えてしまうので、

ナチュラルに仕上げたいときも下ラインはある程度際立たせるのがポイント。

眉山までは目の角度(目頭と目尻を結んだライン)と平行になるように描き、眉山下からはやや斜め下に描くようなイメージで。

_var_mobile_Media_DCIM_201APPLE_IMG_1340.JPG

こんなかんじです。

_var_mobile_Media_DCIM_201APPLE_IMG_1339.JPG


■3:眉山~眉尻をつなげる

_var_mobile_Media_DCIM_201APPLE_IMG_1338.JPG

アイブロウパウダーを少しブラシにとり直し、
眉山と②で描いた眉尻をつなげます。


■4:眉全体に色をのせる

_var_mobile_Media_DCIM_201APPLE_IMG_1345.JPG

眉全体にアイブロウパウダーで色をのせていきます。(このとき眉頭はまだ描きません)

  一方向のみにブラシを動かすのではなく、毛と毛の隙間を埋めるように左右に小刻みに動かすことでムラなくキレイに色がのります。 

 最後に毛並みに沿ってブラシを動かし、毛並みを整えます。


■5:ブラシに残ったパウダーを眉頭になじませる
_var_mobile_Media_DCIM_201APPLE_IMG_1341.JPG

眉頭は描けば描くほど不自然に仕上がってしまうので、4で使用したブラシに残ったパウダーをなじませる程度でOK。

このとき眉頭の角度が斜めになるようにポンとブラシをスタンプするように置き、眉尻に向かってスライドさせるのがコツ。

仕上げにスクリューブラシで鼻側に数回ぼかすとより自然に仕上がります。

_var_mobile_Media_DCIM_201APPLE_IMG_1343.JPG


■6:極細ペンシルで色ムラを埋める

_var_mobile_Media_DCIM_201APPLE_IMG_1346.JPG

先が細いペンシルを使い、色ムラが気になる部分をチョコチョコと部分的に描き足します。


これで完成です!

_var_mobile_Media_DCIM_201APPLE_IMG_1344.JPG

眉下ラインを先に描くことで、
ナチュラルだけどボサボサに見えない
自然な仕上がりになります。

_var_mobile_Media_DCIM_201APPLE_IMG_1347.JPG

この後、眉マスカラやアイブロウジェルを使用すると、毛並みがフサっと際立つので、より立体感のある仕上がりになります^ ^


眉メイクの工程を動画でも撮ってみたので、是非こちらもご覧ください。



goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter