何本もリピートしている愛用のツヤ肌ファンデーションをご紹介😆✨
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

肌を若々しく見せるには、
ツヤと血色が欠かせません。

私も普段のベースメイクでは
ツヤと血色を何よりも大切にしています。

_var_mobile_Media_DCIM_200APPLE_IMG_0010.JPG

ツヤ肌を目指すときに大切なことは、
スキンケアとファンデーション選び。

特にファンデーションは「何を選んで」
「どうつけるか」がとても大切。

ここ3年私がプチプラからデパコスまで色々なファンデーションを試した結果、自然なツヤ肌に仕上がった一押しファンデーションがこちら。


◆クリニーク/イーブン ベター グロウ メークアップ

_var_mobile_Media_DCIM_200APPLE_IMG_0015.JPG

「肌にツヤをプラスし、
素肌をワンランクキレイに見せてくれる」

一言で伝えるとこれがこのファンデーションのおすすめポイント。

乳液のような軽い付け心地で、肌の上に一枚薄いヴェールをはってくれるような仕上がり。

リキッドファンデーション特有の重さやつけました感がなく、肌と一体化するような仕上がりになります。

_var_mobile_Media_DCIM_200APPLE_IMG_0016.JPG

特徴をまとめるとこんなかんじ。

・ツヤとうるおいが持続
・時間がたっても崩れにくく、くすみにくい
・薄づきで軽い使用感
・カバー力は低

「これこれ、このツヤ!」と、求めているものにやっと出会えたのがこのファンデーションで、もう何本もリピートしています。

乳液をつけているような
なめらかで軽い使用感もお気に入り。

かなり伸びるので、
一度に使う量は1円玉弱で十分。

_var_mobile_Media_DCIM_200APPLE_IMG_0017.JPG

ツヤ系のファンデーションはカバー力が低いものが多いので、シミやクマは別途コンシーラーでカバーするのがおすすめです。

逆にシミやクマまでカバーできてしまうカバー力の高いファンデーションは厚塗りに見えやすく、素肌の透明感やツヤが損なわれてしまうため、ツヤ肌を目指すときは不向き。


セミマットに仕上がるファンデーションとツヤ肌に仕上がるこのファンデーションの仕上がりを見比べると、

ツヤの度合いが異なっているのが分かるかと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_200APPLE_IMG_0013.JPG


私の使用手順を動画で撮ってみたので、
よろしければこちらもご覧ください^ ^

①下地~ファンデーション


②コンシーラー~完成


今回はツヤ肌メインでお話しましたが、

ツヤ肌とセミマットな肌、
どちらが良いというわけではありません。

お着物をはじめ、フォーマルなファッションのときはセミマットなファンデーションを使用した方が上品な雰囲気に仕上がるので、

洋服やTPOに合わせてファンデーション選びも変えています。


ツヤ肌を目指したい人は、
是非参考にしてみてください^ ^



goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter