KATEから眉メイクが落ちにくくなる眉下地が発売されたので、早速お試し💪‼️
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

「眉メイクが落ちやすい」というお悩みを持つ人も少なくありません。

秋冬は夏に比べて皮脂や汗の分泌量は減りますが、ニットを着るときに服が擦れて消えてしまう…なんてことも。

そんな‟眉落ち"に悩んでいる人のために、KATEから「眉メイクが落ちにくくなる眉下地が新発売されたので、今回はそちらを試した結果をご紹介します^ ^


■描いた眉を長時間キープする「眉下地」

11月1日にKATEから発売されたのが、ブロウラスティングベース(BR-1 ナチュラルブラウン)。

_var_mobile_Media_DCIM_198APPLE_IMG_8069.JPG

ブラウンの色みがついたリキッド状の液体で
肌にのせると10~20秒ほどで乾きます。

ウォータープルーフ処方のこのベースで眉の下地をつくることで、汗や皮脂が分泌されても眉メイクが落ちにくい…という働きが期待できるアイテムです。


早速使ってみたので、私なりの使い方のポイントを交えてご紹介します。


①眉全体に下地を塗る

_var_mobile_Media_DCIM_198APPLE_IMG_8070.JPG

眉全体に下地を塗っていきます。

チップは先が斜めにカットされており、
眉尻等の細かい部分も塗りやすかったです。 

【ここで玉村ポイント】

★下地をのせた後、はみ出てしまった部分等は
乾く前に綿棒でサッととりさるのがおすすめ。

★眉頭 1センチは下地をのせない
下地が乾くとぼかすことができないので、眉頭にのせるとベタっと海苔眉になってしまいます。
眉頭1センチ程度はあえてのせないのが自然に仕上げるコツ。

_var_mobile_Media_DCIM_198APPLE_IMG_8071.JPG


②上から軽めに眉メイクする

10~20秒ほど待つと下地が乾くので、
その上から眉メイクをします。

私はKATEの眉パウダーを使用しました。

下地にある程度色がついているので、
上から重ねる眉メイクは軽めでOK。

下地の上から眉パウダーを重ねるとこんなかんじに。

_var_mobile_Media_DCIM_198APPLE_IMG_8072.JPG

メイクの上から5回程度爪でひっかいたり指でこすってみたりしたのですが、眉メイクが落ちることはありませんでした。

「落ちない眉」という目的ではかなり効果が期待できるアイテムだと思います。


ただ、気になったことが2つあります。

ひとつめは、下地を塗布するときに液のつき方に
ムラが出ることがあり、それが乾くとそのまま色ムラになってしまうこと。

その上からパウダーをのせてもやや眉尻・眉下付近に色ムラができてしまいました。

_var_mobile_Media_DCIM_198APPLE_IMG_8073.JPG

ふたつめは、下地を塗布するときに眉毛がベタっと皮膚に貼りつくこともあり、眉毛の立体感が部分的に損なわれてしまうこともありました。

貼りついた部分をスクリューブラシで丁寧に剥がして眉毛を起こしましたが、この作業は手間になるなと思いました。


この2つのの理由から、上手く取り入れるにはコツが必要かと思いました。


個人的にはウォータープルーフタイプのリキッドアイブロウで落ちやすい部分に下地を描くという方法の方が、手早く楽チンかな…と感じました。


とはいえ、眉メイクが落ちなかったことは事実!

‟眉落ち"に悩んでいる人は
チェックしてみてはいかがでしょうか^ ^



goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter