女性らしいふんわり眉を描くのにピッタリの眉パウダーをご紹介😊✨
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも、美眉アドバイザーの玉村です。

「やわらかで女らしい雰囲気に仕上げたい」そんなときは眉の描き方を変えるのがおすすめ。

優しい雰囲気に仕上げたいときは、
眉もふわっとやわらかに描くことが大切。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4740.HEIC

今回そんな「やわらかで女らしい雰囲気」を作るのにピッタリの眉パウダーを見つけたのでご紹介させていただきます^ ^



■ほんのり血色を感じるレッドブラウン

今回ご紹介するのは、フーミー/アイブロウパウダー(+ red brown)。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4736.JPG

A.アッシュ系のブラウン、
B.深いレッドブラウン、
C.淡いピンクの3色のパレット。

ブラシは太ブラシと細ブラシの
2種類ついています。


女らしさを醸し出したいときは、ほんのり赤みが感じられるレッドブラウンがおすすめ。

顔に血色がプラスされ、
顔立ちをやわらかく見せてくれます。


以下の手順で眉メイクしました。

①太ブラシで眉全体に色をのせる

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4734.JPG

AとBを5:5の割合でブレンドし、太ブラシで眉全体にざっくり色をのせます。

このときブラシを小刻みに左右に動かしながら眉頭手前~眉尻に向かって色をのせるのがポイント。

眉頭は最後にブラシに残ったパウダーをなじませる程度でOK。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4739.JPG

こちらの太ブラシはコシとやわらかさのバランスがよく、輪郭が際立ちすぎずふんわり眉に色をのせることができます。


②細ブラシで描き足し

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4735.JPG

細ブラシにAとBを同じようにとり、色のりが甘い部分や形の微調整したい部分を描き足します。


③眉下にピンクをぼかす

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4738.JPG

太ブラシにCのピンクをとり、眉下ラインをぼかすように色をのせます。

眉下ラインがほわっと自然にぼけ、
眉にやわらかさが出ます。

また、淡ピンクのパウダーで血色が加わることでより女っぽい目元に。


これで完成。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4737.JPG

ほのかに赤みが感じられる
レッドブラウンは使いやすい色。

ブラウンやボルドーといった
秋カラーのトップスとの相性も抜群。

太・細ブラシも使い勝手がよく、
やわらかな眉が描きやすいです^ ^

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4740.HEIC

Aのアッシュブラウン系を単体で使うこともできるので、色々な眉メイクを楽しめるパレットだと思いました。


使用動画も撮ってみたので、
是非こちらもご覧ください。


goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter