SNSでも人気、フーミーの眉ブラシ🙌🏻短時間でラフなナチュラル眉が描けます😊✨
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうも美眉アドバイザーの玉村です。

今若い世代を中心に、SNSで人気を集めている眉ブラシがフーミーのアイブロウブラシ。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4689.JPG

誰でもナチュラルな眉が簡単に描くことができると言われているこのブラシ。

今回私も試してみました^ ^



■安定感のある描き心地の太ブラシ

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4688.JPG

こちらのブラシは熊野筆。
適度なコシがあり、肌あたりはとてもよいです。

ヘッドはかなり大きめ。

私が普段使用しているスックのものと比べると、ヘッドの大きさがかなり大きいことが分かります。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4687.JPG

眉頭に当ててみるとこんなかんじ。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4693.JPG

太く大きいブラシなので、一度でざっくりと一気に眉を描くことに適している反面、

小回りがきかないので繊細に描き足したり、眉を微調整するのは難しいです。

そのため、こちらのブラシは「ざっくりとしたラフな眉を描きたいとき」「時短である程度自然な眉を描きたいとき」などにおすすめになります。



■短時間でナチュ眉を描く手順

まずブラシにパウダーをとり、眉頭手前からブラシをジグザグと小刻みに動かしながら眉尻に向かって色をのせていきます。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4690.JPG

ブラシに残ったパウダーを眉頭になじませたら完成。

一度でざっくり全体に色をのせることができるので、片眉10~20秒程度で仕上がりました。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4692.JPG

ブラシがしっかりパウダーを含むため、パウダーを何度も取り直さなくても一回でキレイに色がのりました。

また、ブラシに適度なコシがあり、安定感のある描き心地のため、高いテクニックがなくてもそれらしい自然な眉に仕上がります。

ただし、やはりブラシが太い分、眉尻がボサッと太くなったり、眉頭~眉尻がすべて同じ太さになったりも…。

そこで私は描いた後に、綿棒やスクリューブラシで眉尻をはじめとした部分の形の調整を行いました。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4694.JPG

これで完成。

_var_mobile_Media_DCIM_194APPLE_IMG_4691.JPG

使用動画も撮ってみたので、
是非詳細はこちらをご覧ください。



短時間でラフな眉が描けるというのが
このブラシの魅力だと思いました。

よかった点、気になった点それぞれありましたので、感想を以下にまとめます^ ^


【よかった点】
・一度でざっくり眉全体を描ける
・短時間でナチュラルな眉が描ける
・安定感のあるブラシで、テクニックがなくても描きやすい
・自然な太眉を描きたいときには○
・ラフな眉を描きたいときには○

【気になった点】
・ブラシが太く、小回りがきかないので
眉の微調整や細かい描き足しができない
(描いた後に他のブラシやペンシルで微調整が必要になることも)
・ブラシが太く、眉尻がボサッと太くなる
・ブラシが太いため眉頭が描きづらい
左右対称に描くことが難しい
・きれいめ眉、きちんと眉を描きたいときには×

きれいめ眉やきちんと感のある眉を描きたいときはこれ一本だと厳しいかな…と思いますが、

休日や忙しい朝に、細かいことは気にせず短時間でパパッと眉をそれらしく仕上げたいときはとても活躍してくれるアイテムだと思います。

お値段も手ごろなので、気になった方は是非試してみてください^ ^


goodbye with a smile. ☺︎



【よく読まれている記事】



(法人のお客様専用になります)


◼︎著書
『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)
『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)
_var_mobile_Media_DCIM_179APPLE_IMG_9508.JPG
◼︎Instagram

◼︎Twitter